通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
お母さんのための「男の子」の育て方 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なしです。カバーにスレキズあり。本文ページ良好。迅速丁寧に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

お母さんのための「男の子」の育て方 単行本 – 2012/5/29

5つ星のうち 4.3 19件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 239

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • お母さんのための「男の子」の育て方
  • +
  • 伸び続ける子が育つ お母さんの習慣
  • +
  • 働くお母さんの子どもを伸ばす育て方
総額: ¥4,104
ポイントの合計: 125pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

テレビ(「情熱大陸」「カンブリア宮殿」「ソロモン流」)、ラジオ(「垣花正 あなたとハッピー」)、朝日新聞土曜版「be」、雑誌(「週刊女性」「AERA with Kids」)などで評判の高濱正伸先生、待望の最新刊!

3歳から10歳までの大事な時期の男の子の育て方

勉強だけでなく、「生き抜く力」を身につけるために、しつけから外遊びまで面倒をみるユニークな学習塾として評判の「花まる学習会」。
そこでの20年間の経験からわかった、男の子を育てるうえでとても大切なことをタカハマ先生がすべてお話しします。
女であるお母さんが意外と知らない男の子の特徴について、
将来メシが食えて頼りになる男になるための「自立」について、
まわりからも好かれてお母さんも大事にする人間的な「魅力」について、
そしてお母さんだからできる「学習」面での導きについて……。
具体的なエピソードを交えながら、熱く語ります。

子育てに日々戸惑い悩んでいるお母さんを救う一冊です。

◆本書の内容より◆
(※皆さんは、下の○○の中に入る語句がわかりますか?答えは本書で)

□勉強のなかで、○○だけは強い態度でやらせてもいい。
□整理整頓・片づけは、「○○○○」にしてしまう。
□自分のものを○○できない男の子は伸び悩む。
□優秀な男の子に不足しがちな「○○○○○○○○」
□“みんな持っている"ゲームで困っているママへ。
□小学校での目標は、○○○を持って卒業すること。
□「じゃあ、今日だけよ」と根負けするのは罪が重い。
□ママが叱るときに注意したい7つのポイント。
□何かと言い訳する男の子は伸びない。○○な子は伸びる。
□字を書くときは○○○○を重視する。

内容(「BOOK」データベースより)

勉強だけでなくしつけや外遊び、思いやりの気持ちなどについて高濱先生が語る3歳から10歳までの大事な時期の男の子の育て方。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 232ページ
  • 出版社: 実務教育出版 (2012/5/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4788910543
  • ISBN-13: 978-4788910546
  • 発売日: 2012/5/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,836位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
高濱さんの本が絶賛されていたので、これまで8冊ほど読みました。いいものもあるのですが、結構「独りよがりだなぁ」とか「根拠が微妙だな」なんて思うことが多々ありました。全体に流れる 「俺は昔わんぱくだった」と語る姿が、ちょっと 「俺は昔ワル・・」系の何かを感じちゃっていたのかもしれません。

だけどこの本はいいです。すごく愛がある。男の子にも、お母さんにも暖かい目を向けています。
有名になると本の内容がおざなりになる著者が多い中、2012年発行(すでに高濱氏は超有名)でこれだけ原点に立ち戻った本を書けるのはすごい。それよりまえの高濱本出版ラッシュの時期の本は質が悪かったと思うのですが、これをみて、今までちょっとうがった見方で高濱氏を見ていた自分に反省しました。

メインは幼児から小学生の親向けです。でももっと大きいお子さんだったとしてもいいかもしれません。巻末にはこれから子供たちが入っていく思春期についてのガイドもあります。

男の子の育て方 と言うよりも「男の子を育てるお母さんのつくりかた」という感じ。
子供がすっかり一人立ちしてからこの本を読んだら、忙しい毎日を思い出してちょっと涙がでるかもしれないです。
きっと20年後にこれをみたら泣くんだろうなと想像して泣けました。そこまで母親に思わせる本でした。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 男の子を育てているお母さんに、是非、読んでほしいと思います。気が楽になりますよ。
 小5と小3の二人の息子と日々格闘中!!男の子二人の母となると「細かいことは気にしない」と日々心がけていますが、「これで良いのか???」と将来が不安になることも多々あります。この本で語られる男の子たちの話は「え、高濱先生うちの子のこと知ってるの?」という思うものでした。特に、やんちゃで先が思いやられる次男坊は「そうそう、そうなのよ」ということだらけ。「男の子の特徴」が1〜10まで述べられていますが、どれもドンピシャ!!「品のないことが好き」「飽きっぽく、動くものが好き」「オタク傾向、収集癖がある」などなど・・・。特に、各章の最後に書かれた川柳のようなものは、大爆笑でした。正直なところ「ああ、うちのこだけじゃないんだぁ」とすごく気が楽になりました。小学校低学年のやんちゃ坊主を持っているお母さんには、お勧めです。「うちの子だけじゃない」「普通なんだ」と思えることが、どれほど心の救いになるか・・・。
 後半は、いままでの自分の子育てについて、多少、耳の痛い部分もありました。特に、うちの小5の長男は、次男に比べておとなしく、目立ったトラブルを起こさない一方で、運動が苦手だったり・・・。小学5年ともなると「そろそろ放っておいても良いかな」と気を抜いていたところでしたが、この本の中には、親と
...続きを読む ›
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
当方、男性で「子供を育てる」という事に興味があるので色々な本やムックを読んでいて、その中の一冊でした。

その中で引っかかる項目があり、「まてよ、このレベルの内容だったら他にも・・・」と読み進めてみると案の定。

まず、引っかかった項目は「男の子の特徴・理屈で説明する」の項目です。

男の子は理屈っぽい・理屈で説明しなければならないとの説明の後、著者の体験談である例題的なものがくっついているのですが、これが「理屈」の項目なのに体験談の理屈が通ってないのです。

内容は、サマースクールではみんなでご飯を食べる決まりなのにそれを拒否する男の子がいると。

その理由を聞いてみると、「同じ班で横にいる子が叩くから一緒に食べたくない、廊下で食べる!!」というのです。

その通りだと思います。

同じ班に自分の事を叩いて不快な思いをさせてくる子がいるから一緒に食べたくない、なんならもう帰りたい。そう思うと思います。

これが、元々知っている友達が同じ班にいるとかなら心細くもないでしょうが、もしもその子が自分で臨んで参加したサマースクールでなければ尚更嫌なのではないかと思いました。

しかし。

...続きを読む ›
1 コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
よくテレビでも紹介される高濱さんの本。

タイトル通り、「男の子の子育て」に絞ってかいてあります。

さすがに、面白いですね。笑っちゃいました。

男の子の特徴をがっつりつかんでいて
どうすれば、お母さんがもっと男の子の子育てが楽になるか、いろいろとアドバイスされています。

男の子は勝負事、ゲーム、競争が好きだから、
なかなか言っても聞かない、片付けや食事は競争、ゲームにしてやらせてみる!!っていうアドバイスは、
かなり参考になりました。

高濱さんも書かれていますが
今の子育ては過度に、「個性を重視」していて
なんでもかんでも「個性」ととらえて、ゆるしてしまいがち。
わがままでも、言うことを聞かなくても、行動が遅くても。。。。

でも、そのままだと社会では生きていけない。
特に男の子は社会の荒波にもまわれるのでなおさらです。

だからこそ、個性を尊重しつつ、甘えさせてあげつつ、言い切るところは「びしっ!」と言い、ある程度の威圧感を持って
家庭の秩序なりを教えていく必要がるのだなと
本書を読みながら、あらためて思った次第です。

私は、子どもにとても甘いので、
参考になりました。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック