Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 300
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[加藤 和幸]のお手軽!Wordで作ろうKindle本 2015年秋号
Kindle App Ad

お手軽!Wordで作ろうKindle本 2015年秋号 Kindle版

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 300

商品の説明

内容紹介

2012年秋にAmazonのKindleとKindle対応の日本語の電子書籍が日本で発売されて、電子書籍の普及が本格化しました。
Kindleは電子書籍を購入して読むだけのサービスではありません。
Kindleダイレクト・パブリッシング (KDP)という仕組みが用意されています。
KDPを使えば誰でもKindle対応の電子書籍を出版して、Amazonで販売することができます。

「いつかは本を出してみたい」「自分の書いたものを人に読んでもらいたい」と考えている人は多いと思います。
しかし現実に紙に印刷された書籍を出版社から出そうとすると、それなりの販売部数が見込めることが前提となります。
これまでは数が売れない本を出版しようとすると、自費出版しか方法がありませんでした。
KDPは自分の思いどおりの本を出版したいという夢をかなえてくれるサービスです。
Kindle本なら自分が好きな内容の本を自由に出版して、全世界で売ることができます。

2015年のKDPの新常識
AmazonはKDPプログラムを常に改善・改訂しています。
このため以前の情報やノウハウは今となっては古くなっています。2015年秋現在の最新情報は以下の通りです。

1.
KDPで出版する際の最も確実なガイドは、KDPのヘルプです。日本でKDPが始まった当時は、
ヘルプの内容が米国内向けを翻訳しただけであったり、米国のヘルプと比べて内容が古かっ
たりすることがありました。現在のKDPヘルプは内容が充実しています。
古いKDPヘルプをベースにしたWebサイトや書籍を読むと、かえって混乱する可能性があります。
常に最新のKDPヘルプを参照することをおすすめします。
2.
日本でKDPが始まった当時は、日本語のWordファイルを変換してKindle本を作る方法は
「試験的に受け付け」の扱いとなっていました。このため電子書籍の業界標準フォーマットである
EPUB形式で原稿ファイルを用意する必要がありました。
現在は日本語Wordファイルが正式にサポートされています。WordでKindle本を作って大丈夫です。
新たにEPUBについて学習する必要はなくなりました。
ただし、Wordの機能で一部使えない機能があります。詳細は本文で説明します。
3.
EPUB形式でKindle本を作ろうとすると、以前は使いやすいEPUBエディタがありませんでした。
3年ほど前に多く使われていたのが、無料で公開されていたSigilです。
諸般の事情によりSigilは開発が一時期停滞していました。2014年に開発が再開されたようですが、
現時点でEPUBの最新バージョンであるEPUB 3に未対応です。
縦書きのKindle本を作るときは、EPUB 3対応が必須になります。
あえてSigilを使う理由はまったくありません。
4.
ジャストシステムの「一太郎」シリーズはバージョンアップを重ねてEPUB対応を強化してきました。
最新版の一太郎2015は特別なスキルがなくてもEPUB 3形式のファイルを作ることができます。
現時点でEPUB形式のKindle本を作るのであれば、一太郎を使うことをおすすめします。
5.
KDPの契約は米国Amazon本社との契約になります。このため米国で30%の源泉徴収が行われます。
以前は日本のAmazon.co.jpの売上も米国で源泉徴収されていました。
米国での源泉徴収を免除してもらう手続きの中で、英語の書類を米国に提出する必要がありました。
これが2014年末に大きく変わりました。
現時点で米国の源泉徴収されるのは、米国のAmazon.comでの売上に対するロイヤリティのみです。
日本の著者のほとんどは日本語のKindle本を日本のAmazon.co.jpで販売するだけですから、
面倒な免税手続きをしなくて済むようになりました。
6.
2014年末から2015年始めにかけて、KindleアプリがWindowsとMacに対応しました。
専用のKindle端末やiPadを持っていなくてもKindle本を読めるようになって、読者層が大きく広がりました。

今やKindle本を自分で作って出版することは、特別な難しいことではありません。
本書に書かれている約束ごとを守れば、誰でも確実にKindle本を作ることができます。

※本書は2013年6月にKDPで出版した『Wordだけでキンドルでエラーにならない本を作る』を最新の情報にもとづいて全面的に書き直したものです。
※本書は2015年9月時点の情報に基づいています。
※本書はA4換算で約70ページです。

想定する読者
本書は以下の方にお薦めします。
1.マイクロソフトWordに慣れている。
2.Wordを持っているが一太郎は持っていない。
3.エラーがないKindle本を作りたい。
4.EPUBの勉強はしたくない。
5.HTMLを多少知っている。または勉強する意欲がある。

目次
はじめに
2015年のKDPの新常識
紙の本を構成するパーツ
Kindle本作成の流れ
Kindle本の特徴
サポートされているファイル形式
必要な機器とソフトウェア
KDPアカウントを作成する
KDPにサインインする
書名を決める
表紙を作る
Wordを設定する
Wordで編集する
縦書きの本を作る
mobiファイルに変換する
Kindle本を完成させる
最終稿を完成させる
本を出版する
出版済みの本を更新する
売上を確認する
HTMLファイルを修正する
付録:米国の源泉徴収とTIN
あとがき

著者について
加藤 和幸(かとう かずゆき)
株式会社テクネコ 代表取締役。
1962年東京都生まれ。武蔵工業大学(現 東京都市大学)工学部経営工学科卒業。
複数の外資系ソフトウェア会社でコンサルタントとして勤務した後、女性向け海外アクセサリーブランド企業の
情報システム部長を経て、2006年にCRMとITのコンサルティング会社である株式会社テクネコを設立。
法人向け業務システムの設計、マニュアル制作、トレーニングコース開発について、豊富な経験を有する。
KDPに早くから取り組んでおり、2013年2月に出版された『NetCommons:失敗しないサーバー選びとインストール』他、
全15冊のKindle本を出版している。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 6454 KB
  • 同時に利用できる端末数: 無制限
  • 出版社: テクネコ出版局; 第1版 (2015/8/27)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B014LB654S
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 130,981位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
電子出版用の言語EPUBを使わずに、Wordで書いた文章をそのまま電子書籍にしたいと思い、本書を購入しました。他にも古い良書の改訂版を何冊か買ったのですが、改訂されただけでは、どうしても木に竹を接いだ感は否めません。その点、本書は、2015年秋号として、旧著を全面的に書き直したため、Wordでキンドル本を作ろうという目的に対して、必要にして十分な内容になっています。

内容については、まず、冒頭の「2015年のKDPの新常識」として、2015年秋時点での最新情報がまとめられており、これが大変役に立ちます(この部分はAmazonの内容紹介欄でも読むことができます)。次に、「米国の源泉徴収とTIN」について、最新の情報が書かれていることも重要です。これまで、これがKindke出版のハードルになっていたのですが、この情報により、それが取り除かれました。

Wordの設定については、「ページサイズと余白」について、余白は0にしろと書いてある本もありますが、本書では、その必要がないことを指摘しています。また、文章中に入れ込む「画像の大きさ」に関しても、明快な指示がなされています。このように、現段階の最新情報が書かれているので、安心して本書に頼ることができます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
今本を作っているため、参考に読んでみました。読みやすくよかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover