この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

お坊さんがイチから教える! 葬儀・法要のマナーと心がまえ―宗派ごとの違いも大胆に説明 単行本(ソフトカバー) – 2014/3/12

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2014/3/12
¥ 3,851 ¥ 900
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

僧侶が葬儀のあり方について説き、焼香や数珠のかけ方などの宗派による違いを解説。エンディングノートの書き方もアドバイス。

新たに葬儀の意味を考え、見直そうというのが本書の企画意図です。とはいえ、むずかしいことが書いてあるわけではなく、見開きで読めてしまう「日本の仏教の流れ」や「日本仏教の宗派の違い」をはじめ、実際に葬儀や法要を行わなければならなくなった場合に何をすればよいかについて、わかりやすく解説しています。また、葬儀や法要の際に、必ずとまどう人がいる焼香の行い方や数珠の選び方などについても、具体的に宗派による違いをイラスト入りで説明します。内容は、パート1が心がまえ編。パート2は臨終から葬儀までの流れ、遺族の準備、通夜・葬儀の実際の進行、葬儀後になすべきことについて、ていねいに解説します。パート3は葬儀・法要に参列しなければならなくなったときのマナーについて。パート4はもしものときのために、どんなことを書きのこしておくべきなのか。実際に記入しながら考えるエンディングノート形式の展開となっています。

内容(「BOOK」データベースより)

葬儀・法要をどう考え、どう行うか、について僧侶がその意義、考え方、宗派による違いをていねいに説明。仏教の歴史、宗派のいろいろについて、わかりやすい解説つき。数珠の選び方と扱い方、焼香の作法などについて、宗派別にイラストつきで説明。葬儀・法要に関する自分の考え方、あとに残す人々に伝えたいことなどを、実際に書き込みながら考えることができるオリジナルのエンディングノートを展開。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 192ページ
  • 出版社: 主婦の友社 (2014/3/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4072933384
  • ISBN-13: 978-4072933381
  • 発売日: 2014/3/12
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 218,964位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2014年4月24日
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告