通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり)
Kindle版は今すぐお読みいただけます。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
おクジラさま ふたつの正義の物語 がカートに入りました
+ ¥350 配送料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 boubou商店
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 【帯付き】【良品】中身/表紙概ね良好★フィルム包装にて丁寧に梱包、発送いたします!★中古品の為、表紙、本体に多少の使用感、イタミ、汚れ、ヤブレ、経年劣化(折れ、シミ、古書特有のにおい等)書込み、記名、切り取り跡などがある場合もございます。カバーが商品詳細ページの画像と異なる場合ございます。また中古品の特性上、ギフトには適しておりません。※付属品(CD、DVD、付録、別冊等)や帯などは記載が無い限りついておりません。詳細はAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご覧ください★弊社から注文確認、発送完了メールはお送りいたしません。発送完了後、Amazonからお知らせするメールが届きます★基本は、配送は[ゆうメール]となりますが、商品代金が5000円以上の高額商品に関しましては、お問い合わせ番号がある配送方法を利用いたします★返品/交換の際は弊社指定の方法でのご返送が必要になる場合がございます。★ゆうメールのご使用の場合、最大で数週間ほどの遅配が発生する場合がございます
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

おクジラさま ふたつの正義の物語 (日本語) 単行本 – 2017/8/25

5つ星のうち4.4 23個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,870
¥1,870 ¥224
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • おクジラさま ふたつの正義の物語
  • +
  • ビハインド・ザ・コーヴ ~捕鯨問題の謎に迫る~ [DVD]
  • +
  • おクジラさま ふたつの正義の物語 [DVD]
総額: ¥10,670
ポイントの合計: 133pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

クジラの追い込み漁は“悪"なのか NY在住の映画監督が問いかける

2009年、和歌山県太地(たいじ)町のクジラの追い込み漁を、まるで悪事のように糾弾した映画が公開された。大反響とともに翌年アカデミー賞を受賞したその映画『ザ・コーヴ』を当時、居住するニューヨークで見た映画監督の佐々木芽生さんは、言いようのない衝撃を受けたという。

「あの映画を見て、なんとなく変だと思った人はアメリカにも多かったんです。ただ、どこがおかしいのか分からない。一方で、日本からは何もメッセージが発信されてこない。映画への批判がドメスティックに盛り上がっていたのは知っていましたが、多くは『あれはドキュメンタリーではない』というズレた議論に終始していました。映画は作家の言いたいことを映像表現で伝えるものですから、メッセージ性が強くあるのは当然です。だから、太地町の捕鯨で生きる人々と、反捕鯨の人々、両者にバランスのとれた映画を自分がとろうと思いました」

それが、いま全国で順次公開されている『おクジラさま ふたつの正義の物語』だ。途中中断を挟みながら、あしかけ7年にわたる制作期間中には、反捕鯨派による攻撃を受けたり、内に閉じるようになった太地町の漁師たちに撮影を認めてもらうため、漁協の組合長と前後不覚になるまで酒を酌み交わしたりもした。

「その場その場で最善をつくしてきただけです(笑)。とはいえ対象に寄り添いすぎないよう適度な距離を意識しました。シーシェパードや漁師に話を聞くときも、どちらかに加担していると思われないよう、あえてお互いの目の前で取材するようにしました。この問題で私が学んだのは、正義の反対は、悪ではなくて別の正義だということ。映画を観た後で、できるだけみんなに考えてもらえればと思っています」

このたび映画と同タイトルの書籍も刊行した。同書に取材の様子や苦労を詳しく綴っている。

「映画は現場の撮影のほか、編集や宣伝配給など各フェーズ(局面)で色々な人とのチームワークによって作り上げていきますが、本の執筆はずっとひとりの作業。集中力のかけ方が違いますね。また、映画には余白の部分が必要ですので、すべてを語って説明するのではなく、100あるうちの70ぐらいまでに抑えて、あとは観る人に委ねています。その分、本では、自分が撮影中や取材中に何を思っていたかを書き込みました。映画の行間を埋めたような内容になったと思います」

評者:「週刊文春」編集部

(週刊文春 2017.10.19号掲載)

おクジラさま―ふたつの正義の物語

表紙は軽妙、中身は骨太な同名映画の舞台裏ノンフィクション。

紀伊半島南端近くの小さな漁師町が世界に知られるようになったのは、映画「ザ・コーヴ」から。イルカの追い込み漁を行う和歌山県太地町に、野蛮だ、やめろ、と押し寄せた反捕鯨団体。苦慮する漁民や町長。カタコト英語で仲裁に入る政治活動家。取材で訪れて町に定住した元AP通信記者。一人ひとりにマイクを向ける。

牛や豚の食用を認めながらクジラは「可哀想」と感情を露にする反捕鯨派と、「伝統」を主張する捕鯨派。ぶつかり合う根底にあるものは何かを考えてゆく。著者は米国在住の映画監督。独立した立ち位置が、単純な「正義」に偏らない思考を支えている。「戦争とはこうして始まるのだ」という最後の一文が衝撃的だ。

評者:朝山実

(週刊朝日 掲載)

内容(「BOOK」データベースより)

大ヒット映画『ハーブ&ドロシー』監督の著者が、最新作と同時に書き下ろした初のノンフィクション。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
評価の数 23
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

2018年9月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年7月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年8月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年11月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年8月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2019年5月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2017年11月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年6月7日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告