通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
おれたちの青空 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに傷みがあります。カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

おれたちの青空 単行本 – 2011/11/4

5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 540 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • おれたちの青空
  • +
  • おれのおばさん
総額: ¥2,592
ポイントの合計: 63pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

『おれのおばさん』続編、少年たちの旅立ち篇!
第26回坪田譲治文学賞受賞作『おれのおばさん』続編! 札幌の児童養護施設に暮す中学生たちも受験の時期。悩み迷い、新たな人生に踏み出してゆく。爽やかな感動が胸を打つ青春小説3篇収録。

内容(「BOOK」データベースより)

父親が服役中の陽介、虐待の記憶に苦しむスポーツ万能の卓也。札幌の児童養護施設「魴〓舎(ほうぼうしゃ)」に暮らす仲間も高校受験を控え、悩める時期を迎えている。ある大雪の朝、卓也は「家出」を敢行するが…(「小石のように」)他全3篇。高校進学への迷いと未来への希望―陽介と卓也に旅立ちの時が来た。第26回坪田譲治文学賞受賞作『おれのおばさん』に続く感動の青春小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 232ページ
  • 出版社: 集英社 (2011/11/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087714276
  • ISBN-13: 978-4087714272
  • 発売日: 2011/11/4
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 474,880位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「おれのおばさん」の続編。前作の主要登場人物の3人が語り手となり、それぞれの視点による3つの中短編から構成されています。前作の書評でも指摘されていましたが、本作品では語り手の内面描写にさらに重きがおかれ、そのために物語としては物足りなく感じました。けれども作者のメッセージには全面的に共感できます。本文から引用します。「ここではないどこかに理想的な世界があるわけではなく、人生にはこれを達成したらOKという基準もない。そうではなくて、今ここで一緒に暮らしている仲間たちのなかでどうふるまうかがすべてなのだ。」

本作品は主人公たちのさらなる成長への前奏という感じもして、どうしても続編が読みたくなりますが、この作家にはすでに「ぼくたちは大人になる」という、(境遇は異なりますが)別の高校生を主人公とした作品があり、これは物語性もすばらしく、私の一押しです。私事になりますが、私はこの作家とほぼ同年代なのですが、今後もこの作家の新作を読みながら、自分の子供と共に成長していければと思いました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
札幌にある小さな児童養護施設「魴'舎(ほうぼうしゃ)」を運営する恵子おばさんと、そこに世話になる中学生他十数人、それぞれの物語。
個々別々の過去、生い立ちを持ち、この施設に辿り着き、そして、高校入学と伴にここを出、あちこちへ巣立っていく。
養護施設に入る訳だから、親にトラブルを抱えた子達ばかり。来たくてここに来ている訳ではない。
しかし、恵子おばさんの実直でエネルギーに満ちた人柄や、関係者達の助けによって、ひねくれた衣を脱ぎ捨て、明るい光を真っ直ぐに目指し、出ていく。
そして、その恵子おばさんも、逆境を生きてきた。
そんな、それぞれの物語が、特殊な構造で描き出される。

第1章「小石のように』は、児童虐待を受けてここにやってきた卓也が、ある事をきっかけにして魴'舎を脱け出す。
雪が次第にひどくなる北海道のあちらこちらをふらつきながら、自分の幼少時代や、実の両親だと思っていたのが養父母だった事等を想い出し、物語る。
人称は「おれ」である。

第2章は「あたしのいい人」で、恵子おばさんの語りになる。人称は、タイトル通り「あたし」。
どうしてこの養護施設を開く事になったのか、その訳は、彼女の子供時代から語り起こされる。そして、北大の医学部を中退して迄深入りした演劇。
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hiraku 投稿日 2012/11/17
形式: 単行本
佐川光晴「おれたちの青空」を読了。青春小説の傑作といって間違いない作品です。中学生の児童養護施設には様々な境遇の子供達がいる。その施設の「おばさん」と子供達の交流の物語。全てが子供達の純粋な心持とまっすぐな心を感じることができ、そのまっすぐさが読み手の心に「まっすぐ」に届く。そして読み手は心がやさしくなっていくのである。そんな力をもった物語3篇が収められている。

作者の「家族芝居」という作品と繋がっていたりする。北海道を中心とした広大な物語を感じることが出来る。

そして本作は「おれのおばさん」という作品の続編である。現在未読。でも続編の本作から読んでもまったく不都合はない。今は前作を早く読みたくて仕方のない気分になっている。

本当によい作家である。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この作品は、北大医学部を中退して演劇の道に入るも、後に児童養護施設(以下「養護施設」)を経営することになる女性とその周辺の大人たち、そして、その養護施設に入所してくる中学生たちを描いている。
子供の視点に並行して、運営者の女性の半生記を絡めた語りもあり、子供だけでなく、大人の視点からも描かれている。

昭和末期に12年間にわたり養護施設で暮らした私から見ると、いくら時代が変わっていて、地域も違うとはいえ、本書の設定や施設の光景というのに、違和感がずいぶんある。
この養護施設は、中学生を中心に住まわせている少人数制で運営されているが、登場する子供たちはおおむね学力レベルが高く、それなりの高校、そして大学へと進学していくような状況である。以前の養護施設の実情を知っている私にしてみれば、さらなる違和感を持たずにいられなかった。
とはいえ、「施設の子供」ということでのいじめや、それに対応できない教師や施設職員という「大人」もでてくる。もっとも、児童相談所の職員や、施設の幹部職員といった人たちは、それほど出てこない。

本作での子供たちは、そんな状況にもうまく対応して、道を切り開いていく。
だが、そこまでの対応ができる子供などは、養護施設に限らず、そうそういないだろう。
何より、私の知っている頃の養護施
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック