通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
おやすみプンプン 1 (ヤングサンデーコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 新明商店
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おやすみプンプン 1 (ヤングサンデーコミックス) コミックス – 2007/8/3

5つ星のうち 3.7 58件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 545
¥ 545 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • おやすみプンプン 1 (ヤングサンデーコミックス)
  • +
  • おやすみプンプン 2 (ヤングサンデーコミックス)
  • +
  • おやすみプンプン 3 (ヤングサンデーコミックス)
総額: ¥1,655
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

どこにでもあるような街のどこにでもいそうな少年、「プンプン」の人生の波乱を描いた作品。 この作品の大きな特徴に、主人公である「プンプン」やその家族、親戚のみ“落書きのようなヒヨコ”で描かれており、その名前に加え、周りの人物や情景などの高い描写力からは浮いた存在となっている。加えて、作品内でコラージュ的な表現を用いたり、一部の人物に話の進行とは無関係な奇行を描いたりと、実験的なシュルレアリスム表現がみられる。 作家、伊坂幸太郎が単行本の帯に「前衛でありつつ王道を走り抜ける」と語っている。


登録情報

  • コミック: 224ページ
  • 出版社: 小学館 (2007/8/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091512186
  • ISBN-13: 978-4091512185
  • 発売日: 2007/8/3
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 58件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
この作品の主人公は何故か落書きした鳥みたいなビジュアルをしている。

漫画を読み始める前、タイトルと主人公のビジュアルしか知らなくて、てっきりゆるキャラが登場するファンタジックなストーリーだと勝手に思い込んでいた。

しかし全くそうでなく、あらゆる意味で予想を裏切られた。

主人公の血縁者だけ、落書きみたいなスタイルで描かれているけど、他のキャラクターたちは普通の人間で、もっと言えば主人公達だって別に特別な存在という訳ではなく、ごくごく普通の人間として生活を送っている。

主人公は小学生の少年のプン山プンプン。

名前もツッコミどころ満載だけれど、彼はまだ幼いにも関わらず中々高難易度な人生を送っている。

作者の人の意図は分からないけれど、手の込んだイラストが描けるのに主人公をこんな風なデザインにしたのは、そのあまりにも痛々しい様を少しでも和らげるためなのかも知れないなと思ったりもした。

しかしそれ以外のキャラもかなり破壊力があるので、正直に言うと読んでいてとても疲れる作品だ。

話も決して明るいと言えないし、漫画内で使われてる効果で目がチカチカして読み辛いとも思った。

でも、それでもページをめくって
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
やや家庭環境に難のある小学生の男の子と
その周囲とのやり取りについて描いた話。

主人公の少年やその家族がヒヨコのようなキャラクターで描かれているが
周囲からの接され方を見る限り、この見た目はあくまで抽象的な表現であり、
作中では普通の少年や家族として設定されている。
主人公と叔父さんとか見分けにくいのが難だが、
自分とごく身近な人間を周囲と切り離してとらえてしまう
子供の感覚が表されているように思えて面白い。

小学生独特の感覚がうまく描かれていて
「20世紀少年」の少年時代の雰囲気に近いものを感じるが、
精神的に不安定な部分を感じさせる怖さがあるのは好き嫌いが分かれるところ。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
最初は「奇をてらっているだけの俺スゲー作品」かと思って読むのをやめそうになったんですが、精神描写や人生の背景がとてもリアルでどんどん引き込まれました。

決して明るい内容ではないけど、当事者達は一生懸命です。読む人を選ぶ漫画ですが、退廃的メンヘラ思考が許せて、一生懸命悩んで足掻いて這い上がろうと必死になったことのある人、もしくはなんて自分はダメなんだと思い悩んでる人なら、きっと良くも悪くも感情移入してしまうはず。

心臓を心地悪く撫で回してくる漫画で、読むと苦しいのに、会いたくなって読んでしまう。辛くて、または彼らが愛おしくて、何度泣いただろう。読み続けていると、主人公がデフォルメされているのは感情表現の新しい手段だなと気付かされます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
主人公や家族が雑だったり先生が狂ったり、神様が実写だったり神様がどうとかめっちゃ語ったり、俺ってセンスあるだろ?お前らにはできないだろ?感満載です。それだけなら評価★★★☆☆にしたんですが、途中から死体を探しに行く話になります。その辺りからは結構まともな漫画になっていて、死体探しというスタンドバイミー的要素もあり先が気になるわ面白いわって感じです(正確には死体を探すのが目的ではない)。なのでとりあえず★★★★☆
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
作品的には絵もストーリーも素晴らしい作品だと思いますが、私的には非常に重かった。
私は、希望の持てる作品が好きなので。
この評価は、単に好みの問題で、辛口になってしましました。すみません。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 佐藤 投稿日 2011/6/18
形式: コミック
スピリッツで連載を見て、主人公がどうして謎のせいぶつなのか気になって単行本を読んだ。
特に意味は無かった(これからあるようになるのかどうかは知らないけど)
別に主人公が謎のせいぶつな件はどうでもいい。表現としてはどうでもよくないのかもしれないけど。
主人公が謎のせいぶつで、あまり表情も無く、言葉を発しない分、
自分に投影しやすいということはよくわかる。
誰かと接していても、ペラペラお喋りに喋っていても、心の中の自分は無表情か笑ってるか泣いてるかぐらいだから
プンプンの表情や表現、それと大事な時にだけ喋る言葉だけは、自分が抱く記憶と相似していると思う
記憶の中での過去の出来事って、覚えているのはそのときの感情と、雰囲気と、大事な言葉だけだもんね。

なんていうわけのわからないレビューを書きたくなるような、作品
メンヘラ作品の一言で終わらすのは簡単だが。それだけでも無いような
1巻まるまる絶望を表現されると、本当にこっちまで欝になりそうになって読むのを辞めようかと思ったが
現実と同じで、時々見える光に、安堵感と、希望のようなものを感じられる
こちらの気持ちまで浮き沈みしてしまった。これをリアリティがある、というのだろうか。
節々のプンプンが抱く感情や、周囲の雰囲気にも、リアリティがある。
願わくば、プンプンが1日でも多く幸せな日々を過ごせますよう。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー