通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
おやすみなさいおつきさま (評論社の児童図書館・絵... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■帯、付いていません。 ■カバー、スレあり、使用感はあります。 ■本体、概ね良好な状態です。 ■ゆうパケット等(郵便受け投函)での発送。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おやすみなさいおつきさま (評論社の児童図書館・絵本の部屋) 単行本 – 1979/9

5つ星のうち 4.5 30件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 145

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • おやすみなさいおつきさま (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
  • +
  • ぼくにげちゃうよ (海外秀作絵本)
総額: ¥2,376
ポイントの合計: 72pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

まだまだ眠りたくない子うさぎは、部屋の中のものすべてに「おやすみなさい」と言い、そして、おしまいにはあちこちで聞こえる音たいにまで「おやすみなさい」を言っていきます。きっと、子うさぎは、心穏やかに眠りに付くことができるのでは……。


登録情報

  • 単行本: 36ページ
  • 出版社: 評論社 (1979/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4566002330
  • ISBN-13: 978-4566002333
  • 発売日: 1979/09
  • 商品パッケージの寸法: 20.2 x 17.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 19,425位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ふわふわ 投稿日 2017/5/25
形式: 単行本 Amazonで購入
三人の子どもの寝る前に読み聞かせてきました。ついに三人目でやぶれてしまい、買い直しました。ねずみが隠れていたり、絵本の中にあら?という気づきがあって、そして、ゆったり過ぎていく時間が、夜の読み聞かせにぴったりです。3才くらいから6才くらいまでかな。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
子うさぎが、部屋の中のものひとつひとつに『おやすみなさい』と言って、寝るための儀式をします。
ページが進むと絵がだんだんトーンを下げて暗くなっていきます。
最後のページでは、部屋の中は真っ暗になり、窓の外ではおつきさまがくっきりと輝き、
部屋の中では暖炉の火がちろちろ燃えています。
そうして、うさぎの子も眠りについています!
2歳の孫も3回くらい読むと眠りにつきます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 サンタ VINE メンバー 投稿日 2005/7/27
形式: 単行本 Amazonで購入
 2歳の男の子の現在1番のお気に入りです。原本のGOODNIGHT MOONも合わせて購入しました。例えばkittens&mittensがこねこ&てぶくろになり、英語版の韻を踏む楽しさはなくなりますが、それを差し引いても、なお魅力多き絵本です。風船ひとつ、3匹の熊と1~3の数字のお勉強にも自然になります。時間が経つにつれてのお部屋の変化に気付いて喜ぶ子供を見るのも、私の楽しみです。なんとも落ち着いた、おしゃれなお部屋に好感を感じます。英語の本の読み聞かせなんてしてやる余裕もない私ですが、この本ならしてやれるかな、無理なく子供も受け入れるかな、そんな気持ちにもなり、時々英単語を交えて読み聞かせしています。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
原文は詩のように韻を踏んでいるのでしょうか。意味のなさそうな物の組み合わせに、隠された意味があるのかと考えてしまいます。静かでちょっと不思議な世界に引き込まれます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
おやすみ○○さん、の○○がどこにあるか指で押さえて喜んでいます。
ねずみさんがあちこちに移動していて、「どこにいったかな?」と探すのも嬉しいみたいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
二歳になった娘のために、なにか新しい絵本をあげたいな、と本屋さんに選びに行き、出会った絵本です。

私はすっかり大人ですが、この絵本がすごく好きになりました。小さい頃、自分もすべてのものにおやすみなさい、をしていたことを思い出しました。同時に、日々を、自分の身の回りのものや人を、丁寧に、大切に扱いたいと思っていた気持ちを思い出しました。

なぜか、“おやすみなさい、だれかさん‘’
のぶぶんがなんだかとても染みます。

日々を愛おしく思う感覚を大切にしてくれそうな誰かにそっと伝えたいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
テレビで、雅子様が幼少期の頃に読まれていたというのを聞いて、興味本位というか、子供にも読み聞かせしてあげたいと思い購入したのですが、大人の私がはまってしまいました。(子供はまだ乳児なので、絵の方に興味があるようです。)主人公のうさぎが部屋にあるいろいろな物に対して、その日一日の感謝をこめておやすみなさいをして眠りにつくのですが、読んでいて気持ちがほんわかあたたかくなり、嫌なことがあった一日でも、それらを感謝の方向に変えて行く事の出来る絵本だと思います。これの英語版の方も読んでみたくなりました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「雅子さまが大好きだった本」としてすっかりおなじみですが、話題性に反してシンプルで古典的な
「絵本らしい絵本」。子ウサギがまわりのものに「おやすみ」を繰り返し眠りにつく・・・
読んでいる子どもも一緒に眠くなってしまう・・・不思議な愛に満ちたストーリーは大人にも魅力的です。
あわせて同作者、同さし絵の『ぼくにげちゃうよ』(ほるぷ出版)も買われることをおすすめします。
ふたつの本に共通の「しかけ」を楽しめます。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 pommier_pomme トップ1000レビュアー 投稿日 2016/11/18
形式: 単行本
よい絵本というのはこういうものを言うのだろうな。
とある図書館の読み聞かせ会で紹介されており、とても地味な、不思議な絵本だという印象が残ったが、それ以上の感想はなかった。でも、この本のことは忘れられなかった。
再度この本に偶然再会する機会があり、いま、2歳の子どもの一日の終わりに読んでやっているが、とても、いい。内容は不思議で、家の中のありとあらゆるものにおやすみを言っていくだけなのだけど、子どもというのは、きっとこんな風に、家の中のちっぽけなものにもすべて尊重の心や興味をもって接していて、一日、一日がかけがえないものとして名残惜しく過ごしていくものなんだと思う。
そんな子どもうさぎの視点から、自分の大切なおもちゃ、くつした、手袋、周りの人などが静かに書かれて、「あれ?終わったのかな…」と思わせるような、いつまでも続くような、余韻のある終わりかたで夜のとばりが下りる。
昔から読み継がれた安定の絵本特有の、深さがあって、何度も読んでも飽きるということがない。よい絵本でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す