通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
おもちゃ絵芳藤 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付き 本に目立ったキズ汚れ無く、状態は概ね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おもちゃ絵芳藤 単行本 – 2017/4/24

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,782
¥ 1,782 ¥ 1,185

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

江戸っ子に人気を博した浮世絵。絵が好きで、絵を描くこと以外なにもできない絵師たちが、幕末から明治へと大きく時代が変わる中、西欧化の波に流され苦闘しながらも絵を描き続ける姿を描く長編書き下ろし小説。

文久元年(1861)春。大絵師・歌川国芳が死んだ。国芳の弟子である芳藤は、国芳の娘たちに代わって葬儀を取り仕切ることになり、弟弟子の月岡芳年、落合芳幾、かつては一門だった河鍋狂斎(暁斎)に手伝わせ無事に葬儀を済ませた。そこへ馴染みの版元・樋口屋がやってきて、国芳の追善絵を企画するから、絵師を誰にするかは一門で決めてくれ、と言われる。若頭のような立場の芳藤が引き受けるべきだと樋口屋は口を添えたが、暁斎に「あんたの絵には華がない」と言われ、愕然とする――。

国芳が亡くなるまで傍で画塾を補佐し、人徳もあったが、才能のなさを誰よりも痛感していた芳藤。才能に恵まれながら神経症気味の自分をもてあましていた芳年。画才だけでなく、時代を敏感に察知し新しいものを取り入れるセンスもありながら、結局は己の才に溺れた芳幾。そして〝画工〟ではなく〝アーティスト〟たらんとした暁斎。4人の個性的な絵師たちを通して、死ぬまで絵筆をとろうとする絵師の執念と矜持に迫る力作。

内容(「BOOK」データベースより)

あたしは絵師だ。死ぬまで絵師だ。死んでも絵師だ。―歌川国芳の弟子の姿を通し、絵師の矜持と執念に迫る傑作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 314ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2017/4/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163906428
  • ISBN-13: 978-4163906423
  • 発売日: 2017/4/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 109,629位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 トップ500レビュアー 投稿日 2017/5/3
形式: 単行本 Amazonで購入
 浮世絵師・歌川国芳とその一門を描いた、岡田屋鉄蔵さんのマンガ「ひらひら」で、歌川芳藤の存在は知っていました。しかし、専門家、研究者でなければ、ほとんど知られていない絵師ではないでしょうか。
 物語は、1861年、師匠・国芳の葬儀の場面から始まります。親分肌で面倒見のよい国芳の門下からは、多くの絵師が育ち、巣立っていきました。弟子のひとりである芳藤は、人柄もよく、描く絵も丁寧でありながら、人より抜きん出る才能に欠けていました。率直過ぎる弟弟子に「あんたの絵には華がないよ」と言われる始末です。
 それでも実直な人柄をかわれて、国芳の残した画塾の運営を任されることになるのですが‥‥。本書では、国芳の死から20数年に渡る、激変する世の中と門下生達のその後の人生が語られます。

 時代は幕末から明治に。御一新により西洋化が進み、江戸の匂いを残すものは古臭いと言われ、人々の生活や嗜好も一変します。一門の絵師達も、画風を変えたり、実業家に転身したりしますが、芳藤はあくまで昔ながらの浮世絵に拘ります。画塾も廃れ、絵師としての仕事も減る一方。それでも愚直なまでに自分の生きる道を変えようとはしません(結構迷いはあるのですが)。
 しかし、変化を選んだ仲間達も、その後の人生がバラ色というわけでもなく、それぞれの苦悩が描かれています。
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告