¥ 972
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典 単行本(ソフトカバー) – 2016/5/21

5つ星のうち 4.6 56件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/5/21
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 890
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典
  • +
  • おもしろい! 進化のふしぎ 続ざんねんないきもの事典
  • +
  • しくじり動物大集合
総額: ¥3,002
ポイントの合計: 62pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

思わずだれかに言いたくなる! 生き物のオモシロ情報が満載

---生き物の「ざんねん」な一面に光をあてた、はじめての本---

「紫外線をあびると光る」サソリや、「敵におそわれると死んだふりをする」オポッサムなど、
ふしぎな生き物を122種紹介。

【「ざんねんないきもの」 って、なに?】
ざんねんないきものとは
一生けんめいなのに、
どこかざんねんな
いきものたちのことである。

地球には、すごい能力をもつ生き物がたくさんいます。
でも一方で、思わず 「どうしてそうなった! ?」 とつっこみたくなる
「ざんねん」 な生き物も存在するのです。
この本では、進化の結果、なぜかちょっとざんねんな感じになってしまった
122種の生き物たちをご紹介します。

【どのページを読んでも、おもしろい! 】
くすっと笑えるものから、「へぇ~」 とためになるものまで。
どうぞ、お好みのページから読んでみてください。
子どもはもちろん、大人が読んでも楽しめます。

【情報たっぷりで、生き物にくわしくなれる! 】
すべてのページに入っている 「プロフィール」 欄を見れば
生息地、大きさ、とくちょうが、ひと目でわかります。

【進化のことが、楽しくわかる! 】
なぜ地球にはざんねんないきものが存在するのか……。
じつは、その理由は 「進化」 にあります。

内容(「BOOK」データベースより)

笑えて、ちょっとためになる!生き物たちのおどろきの真実。思わずつっこみたくなるいきもの122種。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 176ページ
  • 出版社: 高橋書店 (2016/5/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4471103644
  • ISBN-13: 978-4471103644
  • 発売日: 2016/5/21
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 56件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 62位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
良く知っている動物なのにそんななの?と思わず笑ってしまうような内容。興味を持たせるような文章でとても面白く読んでいます。
孫にも教えてあげたい♪
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
お誕生日プレゼントとして購入したので、
子供が喜んでくれたので、良かったです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
小学校3年生のの長男が大笑いして読んでいるので、買って良かったです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
子供たちに購入しました。すぐに読み終わってしまい少し勿体無いような気もしますが面白いようです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
帯に書かれた「サイの角はただのいぼ」だけで,手に取ってしまいました。
書店で読んでみると,小学校低学年の子供が夢中になって立ち読みをはじめましたので購入を決めました。
実際,すべてのページにイラストが入っていて,多くの話が1ページずつ(長くて2ページ),小学校1年生の漢字にも振り仮名がふっていて分も読みやすく書かれているなど,子供の学習教材として素晴らしくよくできています(もちろん,高学年以上の子供や大人が読んでも十分面白いです)

タイトルが「おもしろい!進化のふしぎ ざんねんな いきもの事典」となっていますが,
進化の話というよりも生物多様性の話かなと思います。

様々な生き物がいて,それぞれにざんねん度というものを付けていますが,生物をこけ落とすような記述はなく
かえって愛情にあふれていると感じました。

「クラゲは口と肛門がいっしょ」
「オオアタマガメは頭が大きすぎてこうらに入らない」
「ニホンザルはおしりが赤ければ赤いほどモテる」
「牛は1日に180リットルのよだれを出す」
・・・・

これらの表題を読んで,少しでも面白いと思ったら,また小学校の子供に生物に興味を持ってほしいと思ったらとても素晴らしいの本だと思いま
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ペンギン好きなので、真っ先にペンギンのページを見たところ、『コウテイペンギン』の生き様を紹介しているのに、イラストが『キングペンギン』だった。しかも、抱卵している図が不自然。
書かれている内容は面白いのかも知れないが、最初に見た項目がこんな状態なので、他のイラストも全部信用できなくなってしまった。
こういう書籍は、イラストも重要だと思うのだけれど。
コメント 171人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
宣伝用に紹介されている例を含む数例はおもしろいけど、他の大多数は残念さとして大しておもしろくなかった。生物系研究者として期待が大き過ぎたせいかも知れません。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
題名の通りおもしろい!本です。
ざんねんな生きものや、常識として考えていた動物の知識が実は違ったり、ビックリ、感動、納得させられました。
小学生の子供も喜んで真剣に読んで、発見があると教えてくれてコミュニケーションを取れる本です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
今泉さんの著書との出会いは、尾崎豊展で、彼の勉強机が再現されており、そこに広げて置かれた本が地球絶滅動物記という大型図鑑で、図書館で借りたが、その本から今泉ワールドにはまった。

野生猫の百科も、おもしろい。

この、おもしろさ、何がおもしろいかって、普通、他人は、けなしてはいけない。だけど愛情を持った家族を知り尽くした人が話すと嫌味じゃなくおもしろい。

動物を一生涯研究している著者たがら、こんなに動物の悪口を書いても許される。

昔は、タイトルが平凡だから売れなかったと思うが、編集者が今泉さんの、文章のかきっぷりのおもしろさにも気づいて、このような炊いとるにしたのでしょう。

虫が出てくるのが嫌でマイナス1にしました。

子供にはもちろん、大人の雑学にもなります。信憑性は動物研究者の権威ですから折り紙つき。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
書店で偶然この本を発見し、すぐに購入しました。
あまりにも面白くて、一気に最後のページまで読んでしまいました。

各項目の必要最小限の要約と、その後に続く簡潔でしかも味のある文章によって、動物が大好きな人はもちろん、それほど好きではない人でも十分に楽しむことが出来ると思います(漢字にルビが振ってあるので、小学生でも読めるでしょう)。

この本は、楽しみながら知識を増やすことが出来る「科学への入門書」だと思います。
親しみのあるイラストによって、文章の内容がさらに理解しやすくなっています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー