¥ 864
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
おもいでエマノン (リュウコミックススペシャル) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おもいでエマノン (リュウコミックススペシャル) コミック – 2008/5/20

5つ星のうち 4.4 36件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • おもいでエマノン (リュウコミックススペシャル)
  • +
  • さすらいエマノン(リュウコミックス)
  • +
  • 續 さすらいエマノン (リュウコミックス)
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

異国風の彫りの深い顔立ち。すんなりと伸びきった肢体。ジーンズにナップ・サック。ながい髪、おおきな瞳、そしてわずかなそばかす―。彼女はエマノン、ぼくが出会った不思議な少女。彼女は言った、「私は地球に生命が発生してから現在までのことを総て記憶しているのよ」と。彼女の口から紡ぎだされる、母から娘へと伝えられたさまざまな『地球』のおもいでたち。表題作から、初収録の最新作までをおさめたピュアSF連作。「この作品の絵は、他の人に渡したくなかった」という鶴田謙二がイラストを担当。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者について

梶尾親治(かじお・しんじ)原作:『黄泉がえり』や『この胸いっぱいの愛を』といった映画化作品も増えている人気のSF作家。SFファンの信望が厚いのみならず、最近では一般読者も多い。
鶴田謙二(つるた・けんじ)作画:多くのファンを持つが、寡作で知られる。近年ではイラストレーターとして人気。デビュー後20年経つが、個人著作はコミックス4冊・画集4冊。


登録情報

  • コミック: 160ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2008/5/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4199500774
  • ISBN-13: 978-4199500770
  • 発売日: 2008/5/20
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
「黄泉がえり」のハリウッドリメイクも決定して
怒濤の勢いの梶尾真治先生。その代表作の一つ
それがエマノンシリーズ。カジシン作品随一の
スーパーヒロイン、エマノンを
文庫版の挿し絵も勤める鶴田謙二氏の手によって
漫画化するという、まさに奇跡のコラボレーション。
どこが奇跡かというと、この鶴田先生、もの凄く手が遅いのです。
その画力は原作者、梶尾真治先生をして
「無理とは思うけど一度でいいから漫画版エマノンが読みたい」
と言わしめるほどなのですが。

新創刊の雑誌の目玉として連載された本作、
時には数ページのみ、話は中々進まないなど
色々言われつつ、それでも毎月掲載されたということ自体が
奇跡に近い(笑)のですが、それが1冊に纏まるというのは
将に奇跡としか呼びようがないです。
担当した編集者さんのご苦労やいかばかりか。
かなりの書き下ろしイラストや書き足し修正を加えて
完全版として見事コミック化されました!!
コミックスの帯の「鶴田謙二5年ぶりのコミックス」
という煽り文句が全てを語ってますね(泣)

内容の方はと言うと、これはもう
カジシンファンなら文句な
...続きを読む ›
コメント 64人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
梶尾作品、鶴田作品双方の魅力に同時に取り憑かれたのが、本書の原作の文庫版だった。
それ以来「エマノン」といえば鶴田氏の絵でイメージが固定(最近ではスカイ・クロラシリーズで同じような現象が…)されてしまった。そんな自分にとっては、まさかまさかの夢のような一冊である。鶴田氏が連載を完結させた、という事も、「まさか」と思うには充分な事実だが。

ストーリーはほぼ原作に忠実。しかし忠実な漫画化とはいえ、個性に乏しいという事は無く、独特の画風は原作を見事に昇華させ、文章では伝えきれない部分を補い、更に魅力を高めていると感じる。原作ファンが感じる事がある「独自解釈の余計な要素追加で雰囲気ぶち壊し」という事は全くなく、原作に強い思い入れのある読者でも、違和感無く読むことが出来ると思う。

今更本作を鶴田作品のファンに勧めるのは野暮というもの。
梶尾作品が好きだけど鶴田作品を見たことが無いという読者には強くお勧めしたい。

掲載誌で次のシリーズの予告がなされていたが、これも完結してもらえますように…
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
漫画版しか読んでいません。

一回目読んでみると、序盤はエマノンの言動や情景描写に不可解さを感じるものの、全体を読み終わればしんみりとした読後感に浸れます。

しかし二回目を読んでみると、一回目に感じた不可解さが次々とほぐれされていきます。

泡の中で胎児のような格好をしているのに目を見開いているエマノン。
エマノンがタバコ好きなこと。
女性のタバコを咎める最初の理由として記憶力の減退があげられていること
主人公の夢の中で、今まで失恋した女性が出てくる中で最後にエマノンが登場すること。
「名前なんてどうでもいいわ ただの記号よ」というエマノンの台詞。
エマノンのビールの泡への眼差し。
主人公による「ハウザーの記憶」の解説。
などなど
最初読んだ時に不可解だった点も二周目では理解でき、それと同時にエマノンの負う重荷へのいたわりが今まで以上にこみ上げてきます。

わかりやすさを是とする少年漫画が隆盛ですが、読む度に少しずつ心に染み入るこんな漫画も良いものだと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
時代背景に特徴があり、感情移入しづらい風物がみられ、そういうレトロな趣を抱えた作品として没入できるかが重要と思います。お話は短編原作にありがちな一発発想勝負のもので、こう一冊に引き伸ばされると「なーんだ、これだけ?」という印象しか持たれないかもしれない。でも、やっぱり絵の魅力がすごいんですよね。エマノンの姿形、立ち振る舞いにただ魅力を感じるかどうか、そこに尽きる。話はあって無いようなもの・・・雰囲気漫画、です。おおいに魅力を感じた私は鶴田作品(漫画の)で一番印象に残りました。表紙の下まで凝っている装丁もいい。裸がちゃんと出てきます。ちゃんと、っていうのもどうかという表現ですが。近々続刊があるみたいなので期待します。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック