通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: JP冊子メール便、又はクロネコDM便で送らせて頂きます。 ご注文確定日+2~26日でポスト投函になります。 地域によりましては、お時間の掛かる場合もございます。 ◆本の状態の判断はあくまでも中古レベルでの判断になります。 ※本は店頭での販売も致しております。 在庫を確認してからの最終的な受注となります。 ご了承の上 ご注文をよろしくお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! (富士見ファンタジア文庫) 文庫 – 2011/7/20

5つ星のうち 4.0 43件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 4

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! (富士見ファンタジア文庫)
  • +
  • おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!2 (富士見ファンタジア文庫)
  • +
  • おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!3 (富士見ファンタジア文庫)
総額: ¥1,878
ポイントの合計: 43pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

高校からは隠れオタクになることを決めた俺だが、入学早々、学校一の美少女でギャルの恋ヶ崎桃にオタクだということがバレる! 戸惑う俺に彼女は驚愕の相談をしてきた。「あたしをオタクにしなさいよ! 」と。

内容(「BOOK」データベースより)

高校入学をきっかけに、俺は「隠れオタク」になって、平和な学園生活を謳歌すること、そしてあわよくば、清楚で可愛らしい彼女を作ってリア充になると決めていた―はずなのに。全てはあいつ、恋ヶ崎桃のせいだ。ギャルで、横暴で、スイーツ(笑)、確かに可愛いけど、オタクになんか興味なさそうなあいつを、なんで俺がオタクになるための協力をすることになってんだよ!萌えアニメを見せれば、「ねえ、これいつ面白くなんの?」秋葉原に行けば、「うわっ何なの、このエロい絵とか…」最終的には「マジキモいありえないんだけど!」なおまえがオタクになれるわけねえだろ!あと俺とのあの約束はどうなったんだよ!第2回ネクストファンタジア大賞金賞受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 268ページ
  • 出版社: KADOKAWA/富士見書房 (2011/7/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4040710312
  • ISBN-13: 978-4040710310
  • 発売日: 2011/7/20
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 135,237位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
ラノベの主人公には珍しく、「どこにでもいるようなフツメン」でも「何でもできるようなイケメン」でもない
ただの「モテないオタク」が主人公となっています。
リアルというかなんというか主人公である柏田君はなかなかに痛々しい存在です(笑)
そんなダメな彼でもラノベ主人公なので1巻に限らずこれからもっと女の子達がよってくるわけですが正直説得力がありません。
よくある「イケメン主人公に優しくされてヒロインが惚れる」でも「命を救われて好きになる」でもないわけです。
美少女設定であるヒロイン達が柏田君に集まる理由がなまじリアルなオタクである分理解できませんでした。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
タイトルが一時期どこぞの掲示板で話題になっていたため購入。

何はともあれ、ギャルってこんなに可愛い生き物なの? と幻想を抱いてしまいそうな感じでした。ビッチ系処女というよく分からないジャンルな気がします。そして、意外と好みでした。

好きになった男の為にオタクになろうとするギャルって……。
タイトルの割に、主人公がリア充になった気配がしないのが少し残念。女の子とカラオケとか、女の子とデートとか、女の子と放課後の教室で会話とか。あ、これリア充だ。

主人公がよかれと思ってする努力が、全部裏目に出るのが辛い。確かにそんな時期があったなあ、と。
そういう意味ではピンポイントに共感できるところがあって、なぜだか主人公を応援したくなってしまう。
あーいいなあ。僕もこんな高校生活を送りたかった。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ストーリーはだいたいタイトルが言ってます。
読み終えた感想としては、別につまらなくはないが特別面白いほどでもないという感じです。
この作品に対して、何かしら印象が残ったと言われれば特にないですと答えてしまうでしょう。

特に面白かったところ、見どころは主人公でしょうか。
どう見ても作者の体験談が入り混じってて面白かったです。なかなかに痛々しい。
それと主人公のいいところ、悪いところがちゃんと行動に現れていてよかったと思います。

きちんとライトノベルをしているので、頭をカラッポにしても読めます。
良くも悪くもライト向けです。
ぼけ〜と主人公の痛々しいラブコメが見たい方におすすめです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
中学時代、オタク全開であった柏田直輝は、好きだった女子にオタクを理由に拒否されてしまう。
そして、柏田は、心機一転、高校入学を機に
オタク趣味を隠し、普通の高校生デビューを果たそうとする。

一目ぼれした清楚な同級生の美少女長谷川翠と仲良くなりたいと思っていた矢先、
柏田は、いかにもビッチな恋ヶ崎桃にオタク趣味を知られ、
その秘密を守ることを条件にオタクのことを教えてほしいと言われる…。

AURAから始まった
「中学時代オタクだったけど、高校から普通の高校生デヴューしようと思った、けどそれがばれそうになっちゃった~」
というライトノヴェルの一つのテンプレとなった感があるストーリー展開で本作は始まる。

ストーリー展開はテンプレ中のテンプレ。
目新しいことは、実に一つも本作には存在しない。

しかし、
しかし、本作は以外と面白いのである。

一つは主人公の「駄目さ(ダサさ)」の描写がなんとも言えないくらい秀逸に描かれている点だ。
主人公柏田のダサさをこれでもかと描く様が、実に面白い。

ヒロイン桃と翠との関係も今後どうなっていくのかも、興味をそそり、
次巻以降の展開が非常に楽しみである。

以外と本作は面白いのであった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
タイトルがとても物語を端的に表している作品。リア充でないという自覚のあるオタクっぽい男の子が、ひょんな事をきっかけに嫌々ながらもオタク文化を理解せざるを得なくなったリア充な女の子と知り合い交流していくラブストーリー。

他のレビュアーの方の感想にありますが、冷静に考えなくともその出会いやきっかけはいわゆるライトノベルらしい要素を感じる部分があるかもしれませんが、この作品の良さは"オタク"という最近では珍しくもない要素を交えつつも、真っ直ぐな恋愛、成長、優しさ、とテンプレとも言われる王道的な要素が散りばめられ、温かいピュアな感動がある所だと私は思います。愛すべき大好きな作品です。

ですのでラノベっぽいタイトルが"いかにも"で鼻についてしまう印象を持つ方もいるかもしれませんが、その実かなり純で王道的で秀逸なラブストーリーですので、そういうものにピンとくる方におすすめの作品です。結末まで読んだ私としては、良い物語に出会ったという感動からこの作品のタイトルにとても感慨深いものを感じます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック