通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
おべんとうと日本人 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [簡易クリーニング済] 状態は概ね良好で目に付くキズ、ヨゴレはございませんが、中古品のため若干の書き込み、傷み(擦れ傷、縁の傷み等)がある場合がございます。値札剥がし済み。帯をお付けできる保証はございません。☆BOOKOFFの店舗に並んでいる商品と同程度のコンディションとお考え下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おべんとうと日本人 単行本 – 2015/10/20

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 316

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • おべんとうと日本人
  • +
  • つながるカレー コミュニケーションを「味わう」場所をつくる
  • +
  • キャンプ論―あたらしいフィールドワーク
総額: ¥5,508
ポイントの合計: 124pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「おべんとう」は、私たち日本人にとって切っても切れない食文化だが、近年、そのあり方は、多様性を増している。BENTOという言葉は海外にも広がり、欧米でも日本式おべんとうやキャラ弁がにわかブーム!

携帯が前提のおべんとうは、モバイルツールでもあり、行楽べんとうは、誰かとシェアするソーシャルなものであり、おべんとう箱はエコの象徴であったりする。加えて、おべんとうづくりでは、段取りや臨機応変の対応力が身につく!

おべんとうという小さな包み(パケット)は、不思議なほど現代を生きる私たちのコミュニケーションをつなぐ存在だった……。そんな「おべんとう」と日本人の関係を、コミュニケーション論、メディア論の観点から読み解く、ありそうでなかったユニークな食文化論の登場!!

ちいさな箱から見えてくる、ニッポンのいま。

私たちは、その箱でだれかとつながっている――。

内容(「BOOK」データベースより)

私たちは、そのちいさな箱で誰かとつながっている。読むと作りたくなる、ユニークな食文化論!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 200ページ
  • 出版社: 草思社 (2015/10/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4794221630
  • ISBN-13: 978-4794221636
  • 発売日: 2015/10/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 12.8 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 242,624位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2016/1/17
形式: 単行本
「細部にこだわり、凝縮して『詰める』ことに執拗に取り組むのは、日本人らしさの表れだと言える。それは、私たちの強みでもあり、弱みでもある」。

米国のAmazonで「BENTO」と検索すると、日本からアメリカに輸出されたお弁当関連のグッズや本がたくさん出てくる。Launch boxはアメリカやイギリスにもあるが、一般的に日本のように手の込んだものではない。本書にはインドのダッパーワーラーの話も出てくるが、日本のお弁当とはまた違う趣きのカルチャーに支えられたものである。

おべんとうについての文化を、エッセイ風にまとめた本。硬い内容ではなく、軽く読める。日本における携帯食の歴史、旅とお弁当、ちいさいものに精巧にこだわる文化、小分けの技術、個食との関係、温かさへのこだわり、冷たいお弁当のよさ、時短と電子レンジと冷凍食品、「おにぎらず」や「キャラ弁」、ふりかけプロッタ、中食やデパ地下との関係、要求される編集能力、賞味期限が切れたコンビニ弁当の行方、作り手と食べる人のコミュニケーション手段としてのお弁当、毎日のお弁当作りの負担と女性の立場、みんなで一緒にたべるお弁当。このようなことが書かれてある。

読みながら、お弁当にも、日本人の価値観や、時代や、技術の進歩が反映しているのだな、と思った。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告