通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
おぱらばん がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 99年2刷。帯なし。カバー背に僅かな退色ありますが他傷み、ヨゴレ少なく状態良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おぱらばん 単行本 – 1998/7

5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 298
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 529 ¥ 168

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • おぱらばん
  • +
  • 雪沼とその周辺 (新潮文庫)
総額: ¥2,516
ポイントの合計: 34pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第12回(1999年) 三島由紀夫賞受賞

内容紹介

とりすました石畳の都会から隔たった郊外の街に暮らす私。自らもマイノリティとして日を過ごす傍らで、想いは、時代に忘れられた文学への愛惜の情とゆるやかにむすびつきながら、自由にめぐる。ネイティブのフランス人が冷笑する中国移民の紋切型の言い回しを通じ、愛すべき卓球名人の肖像を描いた表題作をはじめ、15篇を収録した新しいエッセイ/純文学のかたち。三島賞受賞作。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 214ページ
  • 出版社: 青土社 (1998/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4791756517
  • ISBN-13: 978-4791756513
  • 発売日: 1998/07
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 452,839位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
一節を読むごとに風景や空気感まで立ち上っていく随筆集です。いつものことながら文章の旨さが際立っています。行った事がないフランスに堀江さんの文章と一緒に旅しているような錯覚にとらわれます。すごいことだと思います。
幻想的な『貯水池のステンドグラス』に興味をそそられました。『のぼりとのスナフキン』も登戸をちょっと知っているわたしにとって、興味深いものがありました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cobo 投稿日 2007/3/16
形式: 単行本
短編集というか、エッセィというか、散文というかは、作者本人にも特にジャンル分けを意識して書いていないと思われす。読まれた方それぞれが判断すれば良いかと。

しかし短編一つ一つが素晴らしい出来です、きっといつかまた読み返したくなるそんな作品ばかりです。

表題作の「おぱらばん」も一体どんな意味の何の言葉なのかはあっと言う間に分かる、そこまで読めば何と言う事も無い不思議な響きの言葉が、短編を読み終わると、その言葉がひどく愛らしくまるで手の中に納まった子猫の様に感じられます。

その他にも単館上映されている映画のタイトルの様な作品名の「留守番電話の詩人」(この話しはかなり好きです!いくつもの全く関係の無い小さな流れが絶妙の関係で合流してこのタイトルの元へと流れ込んできます!最高です)、視覚的広がりと美しさを連想させるタイトルの「貯水池のステンドグラス」(私にとってのベスト1です!ゲラシム・リュカ、いつか読んでみたいです)、タイトルから想像していたカラミになっていったにも係わらずさらに深い仕掛けと繋がりを与えられた「黄色い部屋の謎」、等どの作品も素晴らしいです!
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「おぱらばん」は,パリにいる中国人が発する「Auparavant」である。パリ市内で暮らし,様々な人々との接触をきっかけに,市民生活から社会問題までをとりあげ,小説,絵画,音楽を語るというエッセイ集である。ともかく文章がうまい。パリの風景の描写が素晴らしいだけでなく,重層的な内容を極めて明晰に語ることのできる文体である。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本作品は堀江氏が仏に留学中、見聞された事柄に基づいて著された15編のエッセイ集。全体的に氏の何事にもこだわる性格と探究心が好い方向に働き名文を残したと思う。後に、その性格が禍して「もののはずみ」という本に結実する。個人的には「熊の敷石」や「めぐらし屋」「スタンス・ドット」よりもこちらの方が文体、内容共に好みである。「おぱらばん」中国人が仏に留学するのは''ケ小平や周恩来の流れかと考えてみたりした。「以前」という単語を中国人が発音すると外国人には「おぱらばん」と聴こえるという。また、それが中国人を揶揄するときにも使われるらしいのだが、気の毒に思った当の相手に卓球でコテンパンに負かされる。それにしても中国の「中仏簡易単語対照辞典」の古めかしさよ。今は新しい辞書で奮闘されているのだろうか。「BUEU,BLUES,BLEUET」仏の氏の友人がルーマニア人女性のために、下心を持ちながらも一肌脱いで活躍したところ、何も報われなかった切ない話。「ドクトゥール・ウルサン」人と人との出会いに私は改めて心動かされたという一文を書けることが羨ましい。「留守番電話の詩人」氏が河馬に魅せられ、ここでも拘りを大いに発揮して、名のある河馬の使用済み切手を収集していく。「洋梨を盗んだ少女」氏はスーパーで洋梨を盗んだ少女を目撃。後に少女の祖母に当たるらしい女性が近所に住む高名な画家でありオブジェ作家だったとわかる。...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告