通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
おはん (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古書として特に大きなイタミなし。帯なし。アマゾン専用在庫につき品切れはありません。丁寧に美化加工の上、迅速な発送を心掛けます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おはん (新潮文庫) 文庫 – 1975/2/2

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,644 ¥ 3,510
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 367
¥ 367 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • おはん (新潮文庫)
  • +
  • 生きて行く私 (角川文庫)
  • +
  • 宇野千代 女の一生 (とんぼの本)
総額: ¥2,516
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第10回(1957年) 野間文芸賞受賞


登録情報

  • 文庫: 127ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1975/2/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101027021
  • ISBN-13: 978-4101027029
  • 発売日: 1975/2/2
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 178,676位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
「これは朗読CDのレビューです」
藤岡琢也の語り口がとにかく素晴らしい。
やわらかい関西なまりで主人公の情けない男の心情をありありと浮かびあがらせる。
「おはん」は吉永小百合と石坂浩二で映画にもなったが、どうも原作のイメージに合っていないように思える。
藤岡琢也の朗読は原作を超えているとさえ思える。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
昭和の古典的名作と称される作品です。

情けなく、移ろい易く、浅ましく、甲斐性がなく、自己弁護に長けた男をここまで書き上げた作品を、他に読んだことがありません。あくまで私の読書人生の中でのことですが。

何度読み返しても、男の情けなさが哀しくなります。私自身の胸に手を当ててみると、かつて自己弁護して何の解決ももたらさなかった事例が次々に思い浮かんできます。身に覚えのあることなので、男の弱さを糾弾する資格は私にはありません。ただただ、自分可愛さに問題を先送りすることの深刻さが身につまされます。

おはんの手紙は感動的です。こんな手紙を受け取ったら、心機一転改心したいと思うだろうなあ。作品では、男が改心できないであろうことを示唆します。おはんが強い人間へ変貌する一方、容易には変われない人間もあるということを知らしめる作品ではないでしょうか。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 別れた女房おはんと、芸妓のおかよとの間で揺れる男の懺悔。関西方面の言葉で語られる優柔不断男の語りが、呆れるがほほえましい。おはんとおかよが互いを憎み合わないところが潔く、じめじめとしていない。おかよの息子の存在が涙を誘う。
 吟味された言葉の数々。そのまま朗読すれば、見事な朗読劇になる。
 出版から50年以上の時を経て、朗読に耐えられる作品。古典としての地位を確立した作品である。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
おはんのおかよとの掛け持ち夫の地方弁の語りによるユニークな構成。息子の事故死に伏線を張り、その死がきっかけとなり、物語のラストへ展開。おはんの置き手紙の内容に、当時の日本の女の価値観や心情を巧みに表わされ、感激・感涙に浸ります。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
音楽でいうとブルース。情けなくて弱い登場人物たちに自分を重ねた。
弱くて、情けなくて、自分でもわかっているけど、どうしても改められない。
独特のなまりで語られる調子が独特の世界を作っていて、ついつい引き込まれる。

最近は自己啓発本などをよく見かけるが、
本来日本人の価値観は、演歌の歌詞に見られるように、ネガティブな部分から発する部分が大きいのではないのかと思う。
マゾキスティックな美に触れたいかたにおすすめ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
良品でありがたかったです。老後に備えて購入しました。読むのを楽しみにしています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告