おと・な・り [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 注)レンタル専用商品でディスクは1枚です。メーカーの承諾を得て販売している正規品です。★ケース交換、クリーニング済み。ジャケット、ディスクに若干のスレがありますが全体的に良好な状態です★レンタル用ラベルなど商品を傷つける恐れがある場合には剥がさずにそのままの形での郵送となります。(ディスクとケースのみの出品です)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おと・な・り [DVD]

5つ星のうち 4.3 63件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,926 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,150 (23%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 3,926より 中古品の出品:14¥ 2,700より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • おと・な・り [DVD]
  • +
  • 東京タワー プレミアム・エディション [DVD]
  • +
  • フライ,ダディ,フライ [DVD]
総額: ¥11,857
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 岡田准一, 麻生久美子, 谷村美月, 岡田義徳, 池内博之
  • 監督: 熊澤尚人
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日 2009/11/04
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 63件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002M0FOD4
  • JAN: 4988102742836
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 48,602位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

初めて好きになったのは、あなたが生きている音でした。

岡田准一&麻生久美子初共演で贈る、“等身大のラブストーリー”
初回生産分には特製ポストカードを封入!

【初回限定特典】
●岡田准一ポストカード封入

【本編ディスク特典】
●イベントメモリアル秘蔵映像集(10分)
・完成披露試写会@丸ビルホール~
・初日舞台挨拶@恵比寿ガーデンシネマ~
・大ヒットトークークイベント@シネマメディアージュ
●劇場公開時予告篇集(4分)
(特報/ティーザー予告/本予告/TVスポット)
●オーディオ・コメンタリー収録
岡田×麻生×熊澤監督が作品の裏側を語りつくす!
※初回限定版ビジュアルコメンタリーの音声のみ収録

【スタッフ】
監督:熊澤尚人(『ダイブ!! 』) 脚本:まなべゆきこ

【キャスト】
岡田准一(『木更津キャッツアイ』シリーズ) /麻生久美子(『ウルトラミラクルストーリー』『インスタント沼』)
谷村美月(『海の上の彼女は、いつも笑顔。』)/岡田義徳(『重力ピエロ』)/池内博之/市川実日子/とよた真帆/平田満/森本レオ

【ストーリー】
風景写真を撮りたいという夢を抱きながらも、友人で人気モデルのシンゴの撮影に忙しいカメラマンの聡。一方、フラワーデザイナーを目指して花屋のバイトをしながら、フランス留学を控えた七緒。同じアパートの隣同士ながら、一度も顔を合わせたことがないふたりは、ともに30歳で恋人なし。いつしかお互いに隣から聞こえる生活音に安らぎを感じるようになる。音によって心を通わせる、ふたりの恋の行方は…。

【劇場情報】
2009年5月より恵比寿ガーデンシネマほか全国公開

【備考】
ファン垂涎!2枚組初回限定豪華版も同時発売!

おと・な・り【初回限定版】
GNBD-7594/POS:4988102742935/3枚組/税込¥8,190(税抜¥7,800)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『虹の女神 Rainbow Song』の熊澤尚人監督が、V6の岡田准一と『時効警察』の麻生久美子主演で描いたラブストーリー。古いアパートで暮らす聡と七緒は、互いの部屋から聞こえる生活音に安らぎを感じ…。通常版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
ラブストーリーという側面もありますが、仕事もプライベートも
転機を迎える30前後の男女が抱える現実を描いた良質なヒューマンドラマ、
という方がふさわしいかも知れません。

仕事も恋愛も、ただがむしゃらにやってきた20代。
それなりに力は付き、生活も安定はしているけれど、
ふと気づくと、自分が本当にやりたかったことを見失っている。
漠然とした未来への不安と孤独。。

そうした普遍的なテーマを、男女それぞれの側から、決して
綺麗ごとだけではなく、熊澤監督らしく丁寧に描いています。
役者の演技も秀逸で、悩む姿、喜ぶ姿もリアリティがあります。

現実ではあれほどの偶然は起きないでしょうが、30代の男女が
お互いを支え合える関係とは、20代のような情熱的な恋愛ではなく、
あんな風に自然に寄り添う姿なのかも知れません。
お互いに隣にいることが当たり前の「基調音」のように。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/9/5
形式: DVD Amazonで購入
鑑賞前になんとなく思い描いていたのは、甘酸っぱいラブストーリーでした。でも、肝心のふたりは、隣に住みながらも顔をあわせません。その二人の日常生活での悩みや迷いが、二つの物語として描かれていく。それらはなかなか交わることがありません。
この二人の主人公それぞれの前に、各々自身とは何の脈絡もない登場人物が出現する面白さ。それが、茜であり氷室。特に茜を演じる谷村美月がいい。その傍若無人ぶりは、ホント、殴りたくなります。(笑)そして、氷室を演じる岡田義徳。まじめなコンビに店員なんだけど実は...。茜と氷室は、聡と七緒の、それぞれの心の奥底を映し出す鏡になっているという脚本の上手さ。

隣に住むお互いの生活音に着眼した発想も実に面白かった。音で惹かれあうなんて、何とも映画的だしロマンチックで心地いい。
特に印象的なのが、壁越しに聞こえてくる聡の鼻歌。いつか歌ったことのある懐かしい歌。涙を拭いて七緒が合わせ、二人の線が壁越しにようやく交差するシーン。
相手の外見だとか、印象だとかに惑わされず、心が通い合うこの瞬間。文章にすると大袈裟だけれど、「純愛」だなあと...。本作は、やっぱりラブストーリーなのだと、ここで実感します。
終盤、ふたりの距離が一気になくなっていく展開も上手かったですね。でも、ラストは賛否両論かも知れません。私は、この
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
隣に住んでいながら、一度も顔を合わせない。
あまりにも不自然と思いつつ、
接点はいつ来るのかな、と楽しみにしていました。
定番と言うか、決まり事と言うか、
やはりニアミスはありました。
分かっていながらもどかしさを感じました。
聡(岡田准一)がコーヒー豆を挽く音、カギの音。
七緒(麻生久美子)がフランス語の練習する声、
加湿器の音。
壁一枚を隔ててお互いの生活音が聞こえてくるため、
気を使いながら生活しています。
そして、茜(谷村美月)の存在がインパクトを
与えてくれています。
コンビニの店員(岡田義徳)の
『基調音』の解説もいい。(後が悪かった)
後半になるとお互いが会う環境が整ってきますが
それでもなかなか会えない。
このままお互いが会うのか聡はカナダへ、
七緒はフランスへ旅立ってしまうのかなと思いつつ、
きっと会えるはずだと信じて。
中学時代に合唱で歌った「風を集めて」
双方に接点があったとは後になって気がつきました。
『おと な り』は『お隣』と思っていましたが
『音鳴り』でもあったんですね。
あえてタイトルをひらがなにして、字間をあけていたんですね。
とても後味のいい映画です。
もう一度観たくなる作品でした。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Kyle トップ1000レビュアー 投稿日 2010/4/3
形式: DVD
岡田准一、麻生久美子主演。
邦画独特の物静かで穏やかな流れで展開する。そこがまたいい。

普段は顔もあわせたことのない隣人同士。
隣から聞こえてくる何気ない普段の生活音が一人暮らしの孤独感から救われたりする。
帰ってきたときのキーホルダーと扉の音、コーヒー豆を挽く時の音、
ベランダから洗濯の時に聞こえてくる細い鼻歌。
騒がしいと思うときもあるけれど、知らぬ間に生活の一部となり、聞こえてこないと
寂しいときもある、そんな映画。

主演両者がやがて互いに交錯し、惹かれあっていく流れが自然に描かれていて切なさをあおる。
脇役陣もいい味で固められ、シーンを小気味良く引き締めている。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー