通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
おとめ妖怪ざくろ (7) (バーズコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

おとめ妖怪ざくろ (7) (バーズコミックス) コミックス – 2012/4/24

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • おとめ妖怪ざくろ (7) (バーズコミックス)
  • +
  • おとめ妖怪ざくろ (8) (バーズコミックス)
  • +
  • おとめ妖怪ざくろ 9 (バーズコミックス)
総額: ¥1,943
ポイントの合計: 62pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

潜入捜査のため、女学校へ転入したざくろ。先に潜入していた薄蛍・雪洞・鬼灯は、すでに女学生の憧れのお姉様となっていたが!?


登録情報

  • コミック: 124ページ
  • 出版社: 幻冬舎コミックス (2012/4/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 434482458X
  • ISBN-13: 978-4344824584
  • 発売日: 2012/4/24
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 kei 投稿日 2012/5/5
形式: コミック Amazonで購入
長かった『神がかりの里』編からようやく新章へ。
私は雑誌は未読なので、コミックを長らく待ってました!

今回は失踪事件が起きる女学校にバラバラの時期に潜入するざくろたち。
それに伴い、妖人省から離れそれぞれのパートナーである軍人さんの実家なり
知り合いの家に住むことになるのですが・・・

ざくろよりも先に潜入していた薄蛍・雪洞・鬼灯が女学校で素性を隠し、憧れのお嬢様になっていて
思わず笑えるシーンもあるのですが、いつもは元気いっぱいでみんなを引っ張っていくざくろが
同級生にいじめられたりと後手に回っている姿が仕方ないんだけどもどかしい。
また事件はどうやら根深いようで、この巻では解決しないのもその1つですが。

そして前巻ではいい雰囲気だった総角とざくろなんですが、新章に入ったからかざくろがツンツンなせいか(笑)
お互いに想っていても先が長そうな雰囲気。総角にも恋敵(?)が現れて2人の恋も一筋縄では行かないようです。

後半は事件から少し離れて利劔の家に預けられ、妹という立場で潜入する薄蛍の話。
三組の中では唯一進展しているのではないかと思われる2人が利劔の家人と薄蛍の確執や立場から
以前のように会えない状況が浮き
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
とっても面白かったです。
星野リリィ先生の絵はとても綺麗で、ついつい見とれてしまいます。
お話も、ついついにやにやしたりクスクス笑いたくなって大変でした。笑
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
も、そうなんですけど(笑)、個人的にはざくろが名乗った名字が花楯という所がツボでした。
兄妹仲いいじゃないという感じで。
利劍の家庭が登場したり、作者がネットで公開した漫画が載っていたりしてお得だと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
入手困難なので助かりました!なかなか書店にはないのでやっと見つけたので嬉しいです(*'∀`)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告