通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
おとなの進路教室。 (河出文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、多少のスレやヨレなどの使用感もございますが、概ね良い状態でございます。☆★返品規定はAmazon規定に準じておりますので安心してご購入下さいませ。☆★★☆ご注文の翌営業日に埼玉県から丁寧に梱包し、発送いたします。配送時のトラブル等の不都合がございましたら誠意を持って、ご対応致しますのでご連絡をくださいませ。★
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おとなの進路教室。 (河出文庫) 文庫 – 2012/4/5

5つ星のうち 4.4 20件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 111

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • おとなの進路教室。 (河出文庫)
  • +
  • 考えるシート (講談社+α文庫)
  • +
  • あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)
総額: ¥1,902
ポイントの合計: 62pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

特効薬ではありません。でも、自分の考えを引き出すのによく効きます! 自分らしい進路を切り拓くにはどうしたらいいか? 「ほぼ日」人気コラム「おとなの小論文教室。」から生まれたリアルなコラム集。

出版社からのコメント

お待たせしました!
「ほぼ日刊イトイ新聞」大人気コラム「おとなの小論文教室。」から、「おとな
の進路。」を考える最新コラム集。
特効薬ではありません。
でも、自分の考えを引き出すのによく利きます。
本書はさまざまな角度から仕事をテーマに、働くこと、進路、アイデンテイテ
イ、生き方etc.を考えていきます。 正しい選択って何ですか? 働くってどう
いうことですか? 目標がないとだめですか?
月10万の国内、在外の読者から、現場の切実な問題意識、経験、重いが寄せら
れ、著者と読者が鍛えあい、導きあうようにして出来上がった渾身の一冊! --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 259ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2012/4/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309411436
  • ISBN-13: 978-4309411439
  • 発売日: 2012/4/5
  • 商品パッケージの寸法: 15.3 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 53,053位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
久しぶりに刺激的な本を読んだ。一気に読み終えた。

連休中,あれこれたまっていた本を読んでいたのですが,

この本は一気に読めましたね。

このところ,仕事関係で文章の書き方や伝え方についての本を

あれこれ読んでいました。その関連で買っていた本。

たしかに,大人が一度立ち止まって自分の進む道について

考えてみたくなる本なのです。

もちろん高校生や大学生にも役立つとは思いますが,

それ以上にある程度働いた経験を持った人にちょうどいい本だと思います。

自分自身のことについても考えさせられました。

本を読んで,その言葉が自分の心にズシンと響いたのは久しぶりかな。

皆さん,ぜひ読んでみてください。

私も最初は「ズーニー」なんてふざけた名前だと思っていたのに目からうろこ。

いいですよ,ほんとに。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
自己実現・本当の自分探し・・・・・

こういった自己探求の旅に行き詰まり、

出口を見失い、現実社会から足場を失ってしまいそうになった時

読んでみると良いかもしれません。

あなたの「夢」に「他者」は繰り入れられているか?

著者からの、重くそして暖かいメッセージにあふれた本です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 前書きに書かれていた「さらさら読める文章ではありません。ひっかかり、ひっかかり、読むところもあります。しかし本書は、自分の考えを引き出すのによく効きます。」という言葉。内容が高尚すぎるわけでも、文章が硬すぎて読みづらいわけでもありません。むしろその逆。ひっかかる理由は、いちいち「自分はどうだろう?」と考えてしまうから。社会人になって、年数が経つうちになんだかわかってきた気になっていた自分は、何度も不意打ちをくらって目が覚めたような感じがしました。それと同時に、おとなになっても悩んでいいんだ、むしろもっと悩むべきと感じました。本文中に読者からのメールがいくつか紹介されています。それに対する著者の回答が欲しいところだけど、はっきりとした答えは用意されていません。問いかけで終わっているところもあります。答えは自分で考えなければいけない。読むため、ではなく考えるための本です。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
年を重ねても、大切にしたい本のひとつ

就職活動の時期に、先輩から教えてもらった本であり、自己分析が苦手で就職活動への抵抗がなくなるきっかけとなった

「おとなの進路教室」には、“社会や人と想いを伝え共有し、ともに関わっていくことの大切さや難しさ、喜び”が丁寧にのっている。

著者の考えだけではなく、「あなたは、社会とどのように繋がっていくのか?」が読者へ問いかける形で書かれている。

私の解釈だが、大抵の就活本・就職活動の認識は、自己分析した自分を企業にあてはめて押しつけていく、内定をもらえば終わり、というようなどこか自己中心的なものが多い用に感じている。そこにどうしても違和感や抵抗感を持たずにはいられない。

しかしこの本は違う。自分と社会と人との関わりが大事なのだと、そして就職活動はその先に繋がる進路選択の第1歩なのだと、前向きにとらえられるようになった。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本は今進む道が決まって驀進中の人ではなく、立ち止まってしまった人にいいと思います。

それは山田ズーニーさんが、踏み出す足を出せなくなった人に対し、その人が実は足を止めた理由を探そうとする内容に思うからです。

自分の居場所に迷いがある人にも、その人の居場所を一緒に探そうとしてきます。

こういう姿勢は、自分の行き先に迷いが無い時には煩わしいだけだと思うので、今自分がそういう状況で無ければこういう本があるという記憶に留めておくのでいいと思います。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
山田ズーニー氏の他の著作、コミュニケーション関連の本は理路整然としていて、とても読みやすいが、本著は決して読みやすくはない。そして読後感は重い。読むほどに自分のこれまでの働き方、生き方を掘り下げて考えさせられるので。
本著のタイトルや目次を見ると、一見若い人たちを対象としているように見えるが、社会に出てある程度働いたものでないと実感・共感できない内容も多い。ずっと走って生きてきたけど、進路変更に直面してしまった「おとな」向け。本当は若い人にこそ読んで、考えてもらいたいんだけど。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー