Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 605

¥ 237の割引 (28%)

ポイント : 7pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[池上 彰]のおとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか? (NHK出版新書)
Kindle App Ad

おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか? (NHK出版新書) Kindle版

5つ星のうち 4.4 118件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 605
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842 ¥ 78

商品の説明

内容紹介

現代の教養とは「自分を知ること」です。
あなたがいま、身につけるべき教養とは何か? 「宗教」「宇宙」「人類の旅路」「人間と病気」「経済学」「歴史」「日本と日本人」。この7科を貫くのは、「自分がどういう存在なのか」を考えようとする問題意識。7科目のエッセンスを講義形式で明快に説く。将来かならず生きてくる「教養の本質」が一気に身につく!

■目次
序 章 私たちはどこから来て、どこへ行くのか?――現代の教養七科目
第一章 宗教――唯一絶対の神はどこから生まれたのか?
第二章 宇宙――ヒッグス粒子が解き明かす私たちの起源
第三章 人類の旅路――私たちは突然変異から生まれた
第四章 人間と病気――世界を震撼させたウイルスの正体
第五章 経済学――歴史を変えた四つの理論とは?
第六章 歴史――過去はたえず書き換えられる
第七章 日本と日本人――いつ、どのようにして生まれたのか?

出版社からのコメント

ビジネスパーソンからリタイア世代まで、教養習得をもくろんでいる人は多いでしょう。しかし「最先端」といわれる学問もやがて時代遅れとなり、陳腐化してしまいます。すぐに役立つものは、すぐに役立たなくなる。では、いま学ぶべき教養とは何なのでしょうか。具体的に何を習得するべきでしょうか。
かつてヨーロッパでは、教養人が身につけておくべき「自由七科(リベラルアーツ)」という科目がありました。池上彰さんが選んだ現代日本人が学ぶべき「自由七科」とは、(1)「宗教」(2)「宇宙」(3)「人類の旅路」(4)「人間と病気」(5)「経済学」(6)「歴史」(7)「日本と日本人」。この七科を貫くのは、「自分がどういう存在なのか」を考えようとする問題意識です。自分はどこから来て、どこに行こうとしているのか。この場合の「自分」とは、文字通りの自分のことでもあるし、日本人あるいは人類のことでもあります。
たとえば「宇宙」。科学者たちは、この宇宙がいつどうやって生まれたのかを研究し、その結果、138億年前にこの宇宙が生まれ、46億年前に地球が生まれたことがわかりました。いま話題のヒッグス粒子も、宇宙誕生の瞬間を知りたい、ひいては私たちがどこから来たのかを知りたいという欲求から発見されたのです。そのプロセスを解説します。あるいは「日本と日本人」。「日本や日本人とは何か」という問いを深めていくと、それらが非常に曖昧なものであることがわかってきます。そんな思索を通じて、「自分とは何か」を考えるヒントを説きます。池上さんならではのユニークなセレクト。
七科それぞれについて、講義形式でわかりやすく解説していきます。「目からウロコ」の体験が待っているでしょう。教養本はたくさんありますが、本書は現代人の「生きる力」=教養の本質が一気に身につく決定版です。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2938 KB
  • 紙の本の長さ: 68 ページ
  • 出版社: NHK出版 (2014/4/11)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00L5L2QZK
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 118件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,960位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
「すぐ役立つことは、すぐに役立たなくなる」
 池上さんが紹介してくれた慶応の塾長だった小泉信三さん一言が、この本の真髄だと感じました。
 今の世の中、即戦力やすぐに役立つ知識が重宝がられますが、この本で紹介されているリベラルアーツがベースにあることが重要なんだと教えてくれます。
 池上さんは、基礎となるいろんな知識を、「宗教」「宇宙」「人類の旅路(進化論的な内容)」「人間と病気」「経済学」「歴史」「日本と日本人」という分類で紹介してくれます。
 特に、歴史は勝者のみが残すことができ、作ることもできる、の本髄は、目から鱗でした。勝者が捻じ曲げて歴史を作るとはよく聞きますが、敗者は記録がそもそも残っていかないために結果的に勝者の歴史がすべてになってしまう、という観点は納得の説明でした。

 その他、人類の長い歴史を7つの観点から深くそしてわかりやすく説明してくれる、大変読みやすくためになる本でした。

 お勧めです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
ある意味池上さんのネタばらし(エッセンス)のような本です。理系とか文系とか超えて、幅広い教養の土台を身につけるには、格好の本です。読みやすいので、中高生にもおすすめします。

このようなジャーナリスト魂あふれる方に出会えること自体が、自分の幸福としか言えません。池上さんからできるだけ多くを学び、自分なりに人生を考え、なんらかで世界に貢献したいものです。このチャンスに感謝です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
池上さんが、宗教、宇宙、人類の旅路、人間と病気、経済学、歴史、日本と日本人という切り口で、過去から現代に至る迄の人々の歴史や営みをまとめている本。

過去の出来事や歴史的、科学的発見を俯瞰的に見ていく事で、読者が、人類の歩みをおおざっぱでも理解し、教養を身につけられたらいいと思って書かれたんだろうと想像する。

内容は簡潔で読みやすいが、生半端な知識と調査で書かれたわけでは無いので、頭の整理になる。筆者も、常識と思われる事も書いたが、そういう事もきちんと整理して理解する事が大事だと説いている。良い本。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
 この年になって初めて知ったことがたくさんありました。 
でもなぜ学校で教えてくれなかったのか、授業時間の問題、自分が授業を聞いていなかった等々今となっては判りませんが・・。
 また本の中でいろいろな人(国々)が歴史解釈をしている中で事実とそれに基づく各国の思いが違った歴史解釈をしているのだという事を今回知りました。 
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
大学に進学すると、大講堂でリベラルアートの授業を受けますが、アルバイトに勤しむ学生もいて、折角の授業を無にしているようで残念です。
まだ18から19歳で世の中を広く知るわけでもないので大半のまじめな学生さんは、どんなテーマであっても意外と面白いのではないかと思います。自分の専門分野しか勉強しないと、世の中の常識を知ることが次のステージにつながる道を作ってくれるのだと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
教養とはなんだろうかと考えている高校生や、社会人になって勉強不足を感じている方にはお勧めです。
基本的に、知識部分は非常に浅いです。
ですが教養なんていうものは範囲が広すぎますので、入門書にはぴったりです。

一方で大学等の高等教育で学ばれている方には少し物足りないかもしれません。
私は経済系専攻でしたので、このレベルで教養なのかなと少し拍子抜けしましたが、科学系はやはりもっと勉強の余地があるなと感じました。
理系の方の社会科学への第一歩や、文系の方の自然科学への第一歩としては非常にいいバランスなのではないか。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
「教養はなぜ必要か?」をわかりやすく教えてくれる。知識を蓄えるだけではなく、あらゆる事柄を判断する材料として「教養」があると思う。実学も大事だが、それを学ぶ前に、ちゃんと教養を学ぶ機会が欲しい。教養は大事です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
私は今まで何となく勉強してきて、何となく生きてきました。
社会人になってやっと勉学以外で、社会情勢やニュースの話題に関心を持つようになったものの、よく分からない。勉強はある程度してきたのに、です。

なぜ勉強したのにこんなに社会のことが分からないんだろう、教養ある人間になれなかったんだろう…。
そんな疑問があったからこそ、この本にある「すぐに役に立つ知識は、すぐに役に立たなくなる」という言葉に非常に納得しました。
今までしてきたのはテストや受験の為の勉強。すぐに役立たつものの、社会人になって数年で役に立たなくなるうわべだけの知識だったように感じます。

この目まぐるく変化する時代で、自分の軸となるような、ブレない為の教養を身につけたい。何となくニュースを見て不安になるような日々から脱却したい、と感じて読書をしている方に心からお勧めしたいと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す