中古品
¥ 369
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■ご覧いただきありがとうございます■ご注文後できるかぎり24時間以内の発送をしております■全体的にキレイな状態です 汚れ 書き込み等はありません日焼けも少ないですが中古品なので若干の使用感あります■万一説明と違う場合や不良があった場合は返金にて対応いたします■ご注文後は丁寧に梱包し郵便局のゆうメールで確実に迅速発送を心掛けてます■納品書 領収書ご一緒に同封しております
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おと☆こい~とめきちオトコの娘作品集 (ミリオンコミックス OTONYAN SERIES 19) コミック – 2013/6/24

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 368
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

初恋、純愛、NTR・・・
淡くて切ない男の娘の恋。

出版社からのコメント

※オトコの娘コミックスとなります。


登録情報

  • コミック: 162ページ
  • 出版社: 大洋図書 (2013/6/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4813053947
  • ISBN-13: 978-4813053941
  • 発売日: 2013/6/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
ミリオン出版さんの「オトコの娘コミックアンソロジー集(テーマ別)」に掲載された、とめきちさんの短編集です。 元々ページ数やテーマ(純情天使編、初恋編など)が限定されている中で毎回良い作品を描き続けるとめきちさんさすがです、個人的には純情天使編、小悪魔編、奈落編、天真爛漫編、絶対服従編、初恋編がお気に入りですね、中でも純情天使編の常磐千歳ちゃん可愛い過ぎます(笑)、それと一番最初のレビューア―さん多分BL読まれる方だと思うのですが(攻め受けの表現されているので)BL系と男の娘系作品を同列に考えて評価されるのはどうかと思います(私もBLは良く読みますけど)、あと男の娘の基本的定義間違ってますね「男の娘‖性別(男の子)。‖心(女の子、最初からの子もいれば途中で気付く子も)女装しているいないは別です基本的には。‖恋愛対象(男の子、例外もあります)。‖「女装少年とごっちゃになってますね最近は」」(すみません生意気な事書いて(>_<))、ミリオン出版さんには是非とも、とめきちさんに続けて、つむらちたさん、九重りここさん等の短編集も出して欲しいと思います、最後に「おと☆娘Ω」の復活を楽しみに待っています。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
本書は「オトコの娘コミックアンソロジー」にこれまで掲載されたとめきち氏の作品をまとめたもので、新作はない。コミックアンソロジーを全巻購入している人はその点に注意して欲しい。

とめきち氏の描く男の娘マンガにはある種のお約束というか、共通したテーマのようなものがある。

それは、「男と男の娘の恋愛を描く」ということだ。

とめきち氏のマンガに登場する男と男の娘はお互いを恋愛対象として見ている。

男は男の娘を可愛いと思っているし、デートしたり抱きしめたりキスしたりしたいと思っているのだ。

男の娘が女装に対して肯定的で、男に可愛いと言われて喜ぶという点もポイント。

上記のような一貫したキャラクター設定からは、とめきち氏のポリシーのようなものを感じる。このあたりは読者の好みでわかれるところだろうが、私のように「男と男の娘の恋愛が見たい」という人間には、とめきち氏のマンガはストライクなのである。

本書はあとがきにも書いてあるように加筆修正なしでの再録となっているのだが、初期(と思われる)の作品と後期の作品とでは、画力にかなりの差が見られる。特に「友達だったのに!」の背景は、次の「悪女」と比べると手抜きにしか見えないほどだ(笑)。後期は絵もうまくな
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
すっごく真面目に誠実に男の娘に向き合った漫画集です。でも真面目過ぎでフェチや男の娘ならではのシークを楽しみにしていると物足りないかなあ。
男の娘好きより男の娘自身が愛しく思う漫画だと思います。
表紙の印象より絵は落ちる印象があり、構図とかもあまり良くないのか、記憶に残るカットが無いのが残念です。
もう少し劇的な展開や語りがあれば...
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック