この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おてだまのたね―秋田・向陽幼稚園の実践記録より (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん) 大型本 – 1998/9/10

5つ星のうち5.0 3個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
大型本
¥733

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

米寿を迎えたおばあさんが、その内祝いにと近所の幼稚園にお手玉を88個届けました。子どもたちは最初、「お誕生日って、プレゼントをもらう日だよ。もらう人がくれるなんて、変だよ」といぶかっていましたが、それでも初めてみるお手玉をすぐ大好きになって、冬のあいだじゅう夢中になって遊びました。ところが春になって、ほころびから出てきた“お手玉の種”にびっくり。「お手玉のなかに、種がはいっている!」「これを植えたら、お手玉がなるの?」。先生たちの、「ほんとねえ、植えてみましょうか!」の声に、子どもたちは近くの畑をかりてお手玉の種をうえ、育てはじめました。さて、どんな花が咲いたでしょう。どんな実がなったでしょう。 秋になって、お手玉は収穫されず、子どもたちはがっかりしますが、先生方にいいことを教わります。とれた小豆で・たべられるお手玉・(おはぎ)を作るのです。こうしてできたおはぎは、子どもたちの口に入り、そして、おばあさんのところへも届けられて……幼稚園の実践記録からうまれた、心あたたまる絵本です。

読んであげるなら:4才から
自分で読むなら:小学低学年から

内容(「MARC」データベースより)

近所のおばあさんからプレゼントされたたくさんのお手玉。保育園の子どもたちは、冬中夢中でいろいろな遊びをしました。春になってほどけてきたお手玉の種を蒔いてみると…。あたたかくて元気一杯の展開が楽しい絵本。再刊。


登録情報

  • 大型本: 28ページ
  • 出版社: 福音館書店 (1998/9/10)
  • ISBN-10: 4834015599
  • ISBN-13: 978-4834015591
  • 発売日: 1998/9/10
  • 梱包サイズ: 24.8 x 23.2 x 0.8 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 992,431位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 3
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件のカスタマーレビュー

2004年3月18日
形式: 大型本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年6月8日
形式: 大型本
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年5月1日
形式: 大型本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告