この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おせん(1) (イブニングKC) コミックス – 2000/8/21

5つ星のうち 4.3 28件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容説明

日本の美を想起させる数々の事象・事柄をまんがにしたら、こうなりました。ああ、あともちろん女性も……。

著者について

きくち 正太
1961年1月8日生まれ。秋田県平鹿郡大森町(現・横手市)出身。1988年4月、『獣王バイオ』にて週刊少年チャンピオン(秋田書店)よりデビュー。


登録情報

  • コミック: 238ページ
  • 出版社: 講談社 (2000/8/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063287092
  • ISBN-13: 978-4063287097
  • 発売日: 2000/8/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
Kindle版と書籍と両方を見比べると、解像度が不足していると思われます。
この作品には和なアイテム(和服など)が多く登場して、原作者もその柄にはかなりこだわっておられると思われますが、
せっかくのかすりの柄も解像度不足で塗りつぶされぎみです。
もしかすると動画でいうホワイトバランス等、別の設定がうまくいっていないのかもしれませんが、
森薫氏の「乙嫁語り」などは細かい織物の文様も表現できているので、技術的に解決できないとは思えないのですが。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
最初は江戸時代の話かと思いきや、ですが、おせんは浮世絵を思わせるようで、かと言って他の風景や人物から浮いている訳でもなく、むしろ細かい描写には圧巻されました。
ただ、おせんのキャラにちょっとなあ、と思う部分が。
飄々と粋に振舞っているのに、いきなり涙目でじっと見つめたりと幼児のようなダダをこねて無理を通そうとしているのはなあ。
おせんが神格化されている設定ですけど、それをおせんが利用するのはどうかなと。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
このマンガ、と〜っても素敵!!と初めに言っておく。

絵柄や、取り扱っているテーマに少々とっつきにくさはあるものの、
そんなのは数話も読めばもう気にならないだろう。
むしろ非常に味があって、読み進めるほどに魅力にハマるはずだ。

まず、登場人物が非常に魅力的。
笠木の宿『一升庵』の女主人「おせんさん」が主役。
町で一番の超美人で、料理の腕も超一級、生粋の大和撫子、
仕事に関しては命をかけるほど情熱的、
町の人にはとても愛され親しまれている有名人、
それでいて、普段はかなりドジでお茶目と、とても魅力的な人物(笑)

その他の登場人物も、外見も中身もとても味があり、
物語にいろとりどりの華を添えてくれている。

物語は主に、一升庵で修行を積むことになった冴えない
イマドキの青年『江崎くん』の視点で進む。
一升庵で働く様々な仲間や、町にすむ様々な人々も係わり合い、
時に笑いあり、時に学ぶことあり、ときに感動ありの、魅力的なドラマが
数多く産まれていく。

登場人物も魅力的だが、それ以上に、各話ごとの『テーマ』が奥深くておもしろい。
日本人がとうの昔に失った「和」
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
表紙やタイトルからはちょっと想像できないが、そんじょそこらのグルメ漫画とは違うぞ。 料理そのものに重点を置いているわけではないが、その思想などが非常に良い。 また紹介されている料理についても試せるものは試してみることをお勧めする。話のなかでおせんが言っていることが実感できるだろう。 ありきたりの料理漫画に飽きた方にお勧めだ。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ルノス 投稿日 2011/3/10
形式: コミック
正直絵のクセが強すぎて駄目でした。
達者なのかもしれないけど画面がゴチャゴチャして読みづらいし
いろいろ鼻につきます。
評価が高いのはファンの書き込みが多いからと判ってましたが
一般的にどうかはビミョーです。
私のようにこの作者を知らない人が同じ思いをしないようにあえて
レビューを残します。
まあファンに封殺されるとは思いますが読む人を選ぶたぐいの作品です。
要注意!
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
絵は綺麗なんですが、私はおせんというキャラクターを周りの登場人物の様に好きになる事ができませんでした。おせんの喋り方がすごくめんどくさく感じました……逆をいえばおせんさえ好きになれればこの物語は最高なのだとおもいます。それが大前提の世界なのでしょう。
私は風呂入って寝ます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
まんがを読みつけていると、「やっぱりか~」とがっかりすることがある。第1話の「しまりのなさ」である。どのまんがとは言わないが、連載を持っている人は打ち切りの不安がなくピーンとした「緊張感」がない。素人の切った刺身のようにおろしたてなのにダレていて辟易する。新人作家でもそういう作品が(特に料理まんがで)多い。

そんな中、さいしょにこの話を見たときは愕然とした。頭の中には大きく華麗な花火があがり、読んでしばらくは余韻にひたっていた。
自分の作品にこれだけ「気」を入れられる作家さんはそうはいない。涙もろい自分はその後の話のいたるところで涙がほろりである。

劇画(マンガと表現したくはない)ならではの軽妙さに話の美しさが花を添える。それらがお互いを殺しあうことなく引き立てあっている。1話ならではのジンクスもふっとび(正に花火のように勢い良く出だしを飾り)その後の話もだれることなく(軽い話はおもしろく、良い話で泣かせてくれる)続いた作品はこれ1つと言っても過言ではない
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー