¥ 1,512
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
おじいちゃん日本のことを教えて がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おじいちゃん日本のことを教えて 単行本 – 2001/6/29

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 120

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • おじいちゃん日本のことを教えて
  • +
  • おじいちゃん戦争のことを教えて―孫娘からの質問状 (小学館文庫)
  • +
  • 子々孫々に語りつぎたい日本の歴史
総額: ¥3,749
ポイントの合計: 155pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ニーア オートマタ 美術記録集 ≪廃墟都市調査報告書≫
ヨルハ部隊員達が旅する世界をアートとともにめぐるワールドガイド 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ロングセラー『おじいちゃん戦争のことを教えて』の第2弾
著者とアメリカに住む孫娘との手紙のやり取りからは、あらためて日本のことに思いを巡らす機会を与えてくれます。
あたかも自分史を刻むかのように真摯に孫娘に向かってしたためた手紙の数々には、私たちにも、直接語りかけられているかのようで、ぐっと引き込まれていきます。
民族、教育そして歴史の問答を通じて、日本を思う著者の熱い思いを肌身で感じてください。

内容(「MARC」データベースより)

1人米国で生活する孫娘。米国の圧倒的な影響を受け日本人の心を見失ってしまうのではないか、という懸念から始った手紙のやりとり。日本の民族、教育、歴史を考える。98年刊「おじいちゃん戦争のことを教えて」第2弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 277ページ
  • 出版社: 致知出版社 (2001/6/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4884746058
  • ISBN-13: 978-4884746056
  • 発売日: 2001/6/29
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 229,130位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
留学中の孫娘からの質問に、わからない事はわからないと答えて、調べた上で返答する様子が、真摯に感じる。
その手紙のやりとりを通じて、筆者自身も改めて日本の問題点を意識しているところが、読んでいる方も非常にわかりやすく納得できる。小説家でもない筆者の本が、これだけ多くの人に受け入れられているのも当然だろう。
世代的に対象が同じ位の子供に変な押し付け教育をするよりも、ポンとこの本を渡したほうがずっといいかもしれないと思う。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今まで教科書で教えられてきたこととこの本に書かれていることは随分違うので、カルチャーショックを受けました。今まで日本の歴史や文化に対してあまりに無関心、無気力だったんだなあというのが実感です。大好きな和食だって毎日使っている日本語だって、全部これらの恩恵を受けているんだもの、これらを引き継いで、いつか次世代に伝えていくときに、このままじゃ日本について自信がないままだと思いました。とても素晴らしい、何度も読み返したいと思わせてくれる本です。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 最近国家を憂ういろいろな著作がでていますが、陸軍士官学校卒のエリートの方が丁寧に書かれた戦争総括です。小学生の子供も面白いと読後感想をいってましたように読み易く内容もスマートです。(息子には大きくなって興味があればいろいろな立場で多くの方がこのテーマで書いているから多くの本読むようすすめました)。日高六郎氏の著作に力強さを感じれないのは著者との当時の思いの強さの違いでしょうか
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
誇りと感謝。
先祖に対して何十年この言葉を忘れた教育が続けられてきたのだろう。
幸いにも、このようなお爺ちゃんの元に生まれた孫は歪んだ教育の中で
愛に包まれながら育ち、外国の生活の中では再度、自国を見つめ直す
機会を得る。またお爺ちゃんも真摯に受け止め、誇りと矜持を示し、
自分の考えを綴る。

ステレオタイプの大人が言う、中身の無い左翼的な平和主義とは、比較にならない
中身の濃さと、日本という国に生まれたことに感謝できる、感動的なお手紙です。

老若男女問わず、日本人として、是非読んでほしい書籍です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告