通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
おじいちゃん戦争のことを教えて―孫娘からの質問状 ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おじいちゃん戦争のことを教えて―孫娘からの質問状 (小学館文庫) 文庫 – 2002/8

5つ星のうち 4.5 59件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 3

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • おじいちゃん戦争のことを教えて―孫娘からの質問状 (小学館文庫)
  • +
  • おじいちゃん日本のことを教えて
  • +
  • 子々孫々に語りつぎたい日本の歴史
総額: ¥3,749
ポイントの合計: 69pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   ある日著者は、息子である父の転勤でニューヨークの高校へ通う孫娘から、アメリカ史の授業の課題で家族や知人で戦争の体験をした人の話を聞くことになったので、戦争のことを教えてほしい、という手紙を受け取る。これがこの書のスタートである。

   著者は昭和2年生まれ。陸軍士官学校に入学したものの、戦地に赴く前に終戦を迎えた。

   日本の歴史教育(特に日本史)においては、第2次世界大戦とその周辺の事情について触れることが少ない。そのために多くの人が第2次世界大戦に対する十分な知識を得ることができずにいるのが現状だ。

   その意味で、本書は極めてすぐれた近代史教育の素材といえる。日本が戦争に突入した国際情勢が確実にあったこと、アメリカのハワイ併合は実は対日戦争をにらんでのことだったことなど、いまではほとんど述べられないことがきちんと書かれている。大切なのは、正しかったか悪かったかを考えることではなく、いいはいい、悪いは悪いときちんと整理をつけて把握することだ、という主張は、戦争という悲劇を繰り返さないためにも重要である。「戦争」ということを知るために、多くの人にぜひ読んでほしい1冊である。(杉本治人)

内容紹介

かつて軍人を志した“おじいちゃん"が、ニューヨークの高校に通う孫娘からの質問に対し、戦争と自らの人生について真摯に答えた1冊。
なぜ日本人は戦ったのでしょうか?
戦争を知らないすべての日本人に、歴史の真実と日本人の心を伝えます。
世代を超えて感動を呼び続け、発売以来、版を重ねるロングセラーです! ! --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 289ページ
  • 出版社: 小学館 (2002/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094030069
  • ISBN-13: 978-4094030068
  • 発売日: 2002/08
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 59件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 73,223位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
本書はアメリカ留学中の孫娘から戦争のことについての疑問に答える形で構成されています。
質問は16個あるのですが、そのひとつひとつに筆者が真摯に丁寧に答える姿勢には驚きました。自分がいかに戦争の歴史について知らないか、思い知らされると同時に日本人でよかった、もっと誇りを持って生きていこう、もっと歴史を勉強したいという気持ちになりました。
戦争経験者である筆者の話は経験であるがゆえに部分ではあるが生々しいものが伝わってきます。当時の日本人がどう考えてどうしたくて、どう動いたか納得できる形で理解できます。
学校で歴史の年号覚えるくらいなら学校で読んでもいいと思います。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
戦争は、教科書だけではなく体験のことを学び伝えていくことが、
大事だと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 taizou 投稿日 2016/4/22
形式: 文庫 Amazonで購入
数回読みました。解りやすく、子供も大人も全ての日本人に読んでほしい。 プレゼントにまた買おうと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
読み終わって考えた。太平洋戦争への見方はそれぞれ違いがあるだろう。

当たり前のことだが、その当時を経験した人でも、いた場所、やっていた事によって違いがある。

それよりも、もし自分が著者の立場で自らの経験をここまで赤裸々に孫娘に語られるだろうか、と。

自信は無い。誰しも自分の良い面だけを見せたいものだ。まして目の中に入れても痛くないと言われる孫には。

しかし、著者はあえて隠す事なく自分の心情、経験を孫娘に語っている。

ある見方では決して本当の事を語っていないはずという人もいるだろう。

しかし、私にはそうは思えない。孫娘の真剣な質問に、全精神力を込めて祖父が語っている。

それは決して道徳的な立場でもなく、自己を正当化するでもなく。

将来もし自分の孫が私に、私の生き方について尋ねてきたら、私はどう答えるだろうか?

軍国少年、青年だった著者にではなく、真摯に次世代に答える一人の老人としての著者に星5つを。
コメント 99人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この本はきっとあなたの役に立つでしょう。
読み進めると、日頃悩んでいるような事が、いかにちっぽけだったかという事を思い知らされます。

題材は太平洋戦争です。
歴史を振り返り、現代でその事象に対しどんな視点があり、それらをどう捉えるか。さらに著者はどういう意見なのか?という事を分かりやすく説明してくれています。

別の観点でこの本を読むと、私も含め「現代人は物事を画一的に捉えすぎなのではないのか?」という問い掛けをされているようにも思えます。

いつも流れているニュースで「Aが原因でBになりました」と言われていると、そうだと思い込んでしまう。
あなたは他の原因について考えてみた事はあるでしょうか?

繰り返しになりますが、この本で一番素晴らしいところは著者が多面的な視点を持ち、それを分析して自分の意見として昇華できている点です。

著者のような考え方ができるようになれば、人間関係やビジネス上でのヒントを得ることができるでしょう。
大げさに言えば「自分が生きる意味」をもっと深く考えれるようになると思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 織田多宇人 トップ1000レビュアー 投稿日 2012/4/3
形式: 単行本 Amazonで購入
この本は今から14年前の平成10年に既に出版されているが、今まで全く知らなかった。たまたま著者の講演会を聴いたときに購入した。私は戦後教育を受けて、きちんとした日本の歴史を教えられてこなかった。たまたま高校の日本史の先生が、教科書に無い事実を語ってくれたが、当時の生徒の多くはこの先生に「右翼」のレッテルを貼って、余り信じようとしなかった。

その後、社会に出ていろいろな文献に接したり、講演会を聴いたりして、事実は学校で習ったこととは必ずしも一致していないことに氣がついた。英訳されて海外でも賞賛されている教育勅語の素晴らしさ、共産主義の脅威や経済封鎖から大東亜戦争(太平洋戦争はアメリカの命名)に引き込まれていった経過、東京裁判のまやかし、進駐軍による巧妙な焚書坑儒も用いた日本人の精神的な抹殺計画と朝鮮動乱後の180度の計画変更等など。

占領政策を推進したマッカーサーが朝鮮戦争で身を持って共産主義の脅威を感じ、日本が資源やエネルギーを海外に求めざるを得ないことも実感し、解任された後、アメリカの上院議会で「日本が中国大陸に進出したのは侵略戦争ではなく、自衛のための戦争だった」と証言した。「平和に対する罪」という事後法で日本を断罪した東京裁判が誤りだったことを認めたのである。

大東亜戦争をなんとか回避する方法はなかったかと、い
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー