日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

おじいちゃんの里帰り(字幕版)

 (7)
7.11時間41分2011G
ドイツに移り住み、がむしゃらに働き続けて家族を養って来たイルマズ家の主フセイン。一見平凡に見える家族だが、それぞれが悩みを抱えていた。まだ大学生の孫娘チャナンは内緒で付き合っているイギリス人の恋人との間に子供ができてしまい、誰にも話せず混乱の真っただ中。孫息子で6歳のチェンクは、父がトルコ人で母はドイツ人。トルコVSドイツのサッカーの試合で、友達と大げんか。「自分はいったいどこの国の人なの?」と、アイデンティティーの悩みに初めて直面している。また、息子のヴァリとモハメドは兄弟だが大人になった今でも相変わらず仲が悪い…。そんなある日、おじいちゃんが突然「故郷の村に家を買ったから、皆でトルコへ行ってみよう!」と言い出したのだ。いま、おじいちゃんの、そして家族全員の故郷トルコへの旅が始まった!(C)2011 - Concorde Films
このビデオは、現在、
お住まいの地域では視聴できません
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1 独占配信中

イギリスの大人気番組『ブリティッシュ・べイクオフ』の日本版がついに登場!審査員は、一流パティシエの鎧塚俊彦さんと日仏ベーカリーグループオーナー/パン職人の石川芳美さん。全国から選ばれた10人のアマチュアベイカーたちがお菓子やパン作りなどベイキングの腕を競う!
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

プロデューサー
アニー・ブルンナーアンドレア・リヒタ―ウルズラ・ヴェルナー
提供
マイシアターD.D.株式会社
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.1

7件のグローバルレーティング

  1. 41%のレビュー結果:星5つ
  2. 26%のレビュー結果:星4つ
  3. 33%のレビュー結果:星3つ
  4. 0%のレビュー結果:星2つ
  5. 0%のレビュー結果:星1つ
並べ替え:

トップレビュー日本から

アルキメデス2018/01/07に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
最高の一言です!
確認済みの購入
 一言でストーリーを言えば、1960年代にトルコからドイツに外国人労働者として移り住んだ人の過去と現在の話です。
主人公は、かつて外国人労働者であったトルコ人のおじいちゃんです。
背景としては、ドイツが戦後の労働不足解消のために、トルコやイタリアから外国人労働者を受け入れたのですが、これに乗る形で若き日の主人公もドイツに来ることになりました。
その後、子供の教育上の観点から(というより”しつけ”の観点から)、ドイツに家族ごと移住します。
ドイツでは主人公と家族も、言葉の壁や宗教の違いといった点で苦労しますが、たくましく生きていきます。
時は移り変わり、主人公もすっかりおじいちゃんになっていました。
彼の子供もおじさん、おばさんになり、孫も学校でのケンカや恋人との関係といった現代的な悩みを抱えています。
そんな、移住して間もない頃の苦労話から、彼の子供や孫の現代っ子らしい悩みまでが明るいタッチで描かれています。
戦後日本でも、地方から主要都市に労働者として多くの人が移住した背景があり、日本人でも共感できる映画だと思います。
おススメです!
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2020/06/29に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
ドイツのGastarbeiter の生活にはいりこめた。
確認済みの購入
ドイツ語の勉強にはいい、とNHKドイツ語講座のドイツ人講師が言ってた。
ZOOMで読書会もどきをやってるんですが、同志がこの映画を選んでくれた。
労働力ではなく、人間が来たという最後のナレーションはこの映画の製作者が一番言いたかったことなんでしょうね。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2019/06/30に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
感動で大泣きした
たまたま借りて見たやつですが、本当に感動して泣きました。
家族がほしいなって思える映画です。
人に勧めたい映画です。
玄人2014/12/16に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
なかなか良い映画でした
時代背景も反映していて良くわかり、最初は不協和音を感じましたがラストの方で思わず涙してしまいました。
良い映画だと思います。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示