この本は現在お取り扱いできません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


おじいちゃんのどうぶつえん (日本語) 単行本 – 2002/9/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2002/9/1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

この話のモデルは著者浅野庸子さんのおとうさん.会社を早めに
やめて田舎に引っ込み,好きなことをして晩年を過ごしたそうです.動物園を作
るのは一番の夢だったそうですが,れんがで竈を作ってパンを焼いたり,竹
細工で等身大の馬を作ったり,プ-ルを作ったりと,とにかく器用でなんでもで
きる方だったそうです.

内容(「BOOK」データベースより)

ぼくのおじいちゃんは、かいしゃをやめて、いなかにひっこし、ひとりでくらしていました。まいにち、はたけをたがやし、すきなどうぶつのせわをしています。たくさんのどうぶつにかこまれてくらすのが、おじいちゃんのわかいころからのゆめでした。そのおじいちゃんと、ぼくたちも、いっしょにすむことになりました。

登録情報

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません