通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
おしんの遺言 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。uu6566_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おしんの遺言 単行本 – 2010/8/26

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 40

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • おしんの遺言
  • +
  • おしんの心 (小学館文庫)
  • +
  • おしん (ポプラ文庫 日本文学)
総額: ¥2,734
ポイントの合計: 53pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

橋田壽賀子がおしんに託した最後のメッセージ

27年前に放送されテレビ史上最高の平均視聴率52.6%を記録した『おしん』は、現在も世界63か国で放送され続けている日本を代表するドラマです。
激動の時代を、辛苦に耐えながら明日を夢見て不器用に力強く生き抜いた「おしん」の挫けない生きざまは、現在も色あせることなく、国境を越えて光彩を放っています。
ここでは「おしん」の名前に込められた「芯」「心」「身」「辛」等の12の言葉から、生きるうえで欠かせない智恵と勇気を紐解いていきます。「女は逆境で磨かれる」、「不器用だから愛される」、「幸せはいつも目の前にある」……時に厳しく時に優しく。
橋田さんが悟った人生訓すべてを、おしんに託しわかりやすく凝縮したのが本書です。ほんとうの豊かさとは何か? そして幸せとは? 「生き方」と「老い方」を見失ったすべての日本人に捧げる著者渾身のラストメッセージです!

編集担当者からのおすすめ情報
橋田さんがこれまで手がけてきたドラマ作品数は200本超。なかでも『おしん』は、橋田さんが伝えたかったメッセージの代弁者でもあったため、ことのほか思い入れが強い作品だといいます。全297話を改めて見てみると、愚直なおしんの生き方、老い方には学ぶべき点、見倣うべき点が驚くほど多く、その生きざますべてに、混迷する現代を生き抜くヒントがあることに気づかされます。そしてそれは老若男女を問わず、いまを生きるすべての日本人に希望の灯りをともしてくれます。「この国の未来とそれを支えるひとりひとりのために」……本書は、橋田さんが全霊をかたむけて綴った、まぎれもない「遺言」なのです。

内容(「BOOK」データベースより)

「おしん」が悩める日本人にいっておきたかったこと。ほんとうの豊かさ、幸せとは―「生き方」と「老い方」を見失ったすべての日本人に捧げる85歳・著者渾身のラストメッセージ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 254ページ
  • 出版社: 小学館 (2010/8/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093881375
  • ISBN-13: 978-4093881371
  • 発売日: 2010/8/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 596,597位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
子どもの頃に、朝の連続ドラマ「おしん」の内容がよいということで、なかば「説教的に」おしんの子ども時代の部分だけ、見た、魅せられた経験を持つ人へ。
私もそんな一人でした。「辛抱は美徳」的な価値観が強要されているように移り、またあまりにも現実離れした過去の世界と自分の世界に共通点が無く、感動する大人を冷ややかな目線で眺めていました。
橋田壽賀子さん曰く、「私がドラマに込めたはずのメッセージがまるで理解されていない」という言葉を、新聞の書評欄で見かけたとき、興味が湧きました。
橋田さんは、「じつは『おしん』で私が書きたかったのは、『日本人はもうこれ以上、経済的に豊にならなくてもいいのでは?!』『そろそろ身の丈にあった幸せを考えてみてはどうですか』ということでした」だから、「おしん」は「修生ドラマ」ではない、と言い切っています。

見せかけの豊かさに踊らされないで、生きるための知恵を持ち、ひとりひとりが「身の丈にあった物差し」を持って、今の時代と向き合うことの大切さを強く訴える、85歳の橋田さん。もう祖母はいませんが、祖母の世代の人の話を聞くことが少なくなった今、謙虚に、自分自身を振り返りながら、橋田さんの語る言葉に耳を傾けました。耳の痛い話も多いですが、お年寄り特有の自慢話や、説教話ではなく、自らの失敗談を交えながら、優しい言葉で愛を持っ
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
昨年、79歳でこの世を去った母が『おしん』の大ファンだったことを思い出し、
引き寄せられるようにしてこの本を購入しました。
当時はなぜ日本中が『おしん』に熱狂しているのか、わからずにいましたが、
本書を通して、「生きていくことは生易しいことではない。しかし、だからこそ価値がある」
という橋田さんの普遍的なメッセージに胸を打たれました。
仕事がツライとか、家庭不和だとか、何を甘っちょろい泣きごと言ってんだと、
亡き母から強烈な平手打ちを食らったような気分です。
「前を向いて懸命に歩いてさえいれば道はできる」
母がいつも言っていたことが、いま懐かしく思い出されます。

先日のニュースで『渡る世間は鬼ばかり』が終わってしまうと報じられていましたが、
この本のタイトルも何か意味深。
「これが最後」だなんて言わないで、
まだまだニッポンの母として、橋田さんには書き続けてほしい。

朝早くから母が涙を流しながら観ていた『おしん』、
あの頃は冷ややかに眺めてたけど、
DVDを借りて最初から観てみようと思います。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 non トップ1000レビュアー 投稿日 2015/5/30
形式: 単行本
「おしん」は有名な朝ドラですが、ストーリーはよく知りませんでした。印象に残っているのは奉公に行くおしんが川を舟に乗って移動しているシーンだけ。当時大ヒットだったのは覚えていますが、辛苦に耐えて必死で生き抜いたということをぼんやりと覚えているだけなのです。しかも幼いころの「おしん」の姿しか思い浮かびません。「おしんの遺言」というタイトルに興味を覚えました。表紙をめくると、「おしん」の名前に込められた「芯」「心」「身」「辛」等の12の「しん」という言葉が出てきます。生きるうえで欠かせないことばかりなのでしょう。大先輩である筆者の言葉はとても重厚です。女性としても課題をいただいたような気がします。確かに世代が違うことによる価値観や体験の違いはあるのでしょうが、今も昔も、老若男女変わらないもの、変わってはいけないものがあることを教えていただいた気がします。幸せとは何か。 橋田流にいえば「生き方」と「老い方」を見失ったといわれる日本人に捧げるラストメッセージです。心に響くものがあります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック