¥ 1,188
通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
おさるとぼうしうり (世界傑作絵本シリーズ) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おさるとぼうしうり (世界傑作絵本シリーズ) 単行本 – 2000/11/15

5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2000/11/15
"もう一度試してください。"
¥ 1,188
¥ 1,188 ¥ 205

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • おさるとぼうしうり (世界傑作絵本シリーズ)
  • +
  • しずくのぼうけん (世界傑作絵本シリーズ)
総額: ¥2,160
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

昼寝中にサルの群に帽子を盗られてしまった帽子売り。取り戻そうにも、サルは高い木の上で帽子売りの真似をするばかり。さて、どうやって帽子を取り戻したでしょうか。

出版社からのコメント

チャップリンを思わせるちょびひげの帽子売り。頭の上に帽子を乗せ、ちょっと気取って颯爽と営業に出かけます。ところが、この後、とんだハプニングに巻き込まれます。それまでダンディだった帽子売りが、うろたえ、怒り、思わぬことで元に戻る様をユーモラスに描きます。丁寧に描き込まれた絵の美しさ、物語の痛快な面白さ…絵本というものの豊かさを存分に味わえる一冊です。


登録情報

  • 単行本: 44ページ
  • 出版社: 福音館書店 (2000/11/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4834009793
  • ISBN-13: 978-4834009798
  • 発売日: 2000/11/15
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 16.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 67,687位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 クラバート トップ1000レビュアー 投稿日 2014/4/12
昔、ぼうしを頭に高々とのせて、町から町へと売り歩く行商人がいました。
ある日、一本の大きな木の下で一休みしていると、木の上のサルたちが
売り物のぼうしをかぶっています。

とてもシンプルなお話なので、おそらくは入学前の子どもたちに受けると思われます。
訳文が少し古いので自分で読むと立ち止まってしまうかも?
耳から聞いたほうが入ってき易い、繰り返しの楽しいお話です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
シュールな絵【内容も?】の地味な装丁の絵本ですが、五歳の娘の大のお気に入りです。
話自体は、帽子売りが一休みしている内に、おさるに売り物の帽子をとられてしまい、それをとりかえそうとしてちょっとトンチを働かすというお話で、それはそれで楽しいのですが、この本の最大の魅力は、聞いているとその場面がありありと目に浮かぶ、いきいきとした文章だと思います。
「こうしじまのぼうし、ねずみいろのぼうし、ちゃいろのぼうし、そらいろのぼうし、あかいぼうし」を順々にあたまの上の載せて歩いているぼうし売りの姿、一休みするとき、大事な帽子を落とさないように、「そうっと じめんに こしをおろし、すこしずつ からだをずらして きにもたれ」る様子・・・、読み聞かせの間、目を空に泳がせて、自分の想像にひたる子は、必ず「はまる」に違いない絵本です。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mony 投稿日 2012/9/1
Amazonで購入
明快なストーリー展開で3〜4歳の子供達に読み聞かせをしたところほぼ全員が理解して面白い!と言ってくれました。帽子売りが売り物の帽子を全部頭に乗せているところでは「なんで乗っけてるの!?変なの!」と面白がる子、どうやって乗っけたのかなぁ、と呟く子。昼寝から目が覚めたところの挿絵で売り物の帽子がないのを見ると「あれ!帽子ないよ!川に落ちちゃったのかな?」などとざわつき、次のページで見開き一面に樹上のお猿たちがみんな帽子を持ってるのを見ると、わ〜っと声があがりました。帽子売りのおじさんが猿にキレてるのも面白かったようで最後まで盛り上がってくれました♪
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 三男 投稿日 2008/10/18
ここで、この物語のオチを公開するわけにはいかないが、大人が読後には、上質の落語に心打たれた時のような、さわやかな笑いを得られるだろう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nao 投稿日 2008/3/4
おさると、帽子売りのやりとりが、おもしろい。
オチでは、こうきたか!と、感心してしまった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す