おくりびと [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,332
通常配送無料 詳細
発売元: ジェネレイト
カートに入れる
¥ 2,332
通常配送無料 詳細
発売元: ELECTION
カートに入れる
¥ 2,896
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おくりびと [DVD]

5つ星のうち 4.1 264件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,332 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,772 (43%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、メガショップMEDIA〔即日発送期日厳守〕が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • おくりびと [DVD]
  • +
  • 納棺夫日記 (文春文庫)
総額: ¥2,872
ポイントの合計: 17pt (1%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 本木雅弘, 広末涼子, 余 貴美子, 吉行和子, 笹野高史
  • 監督: 滝田洋二郎
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: セディックインターナショナル
  • 発売日 2009/03/18
  • 時間: 131 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 264件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001Q2HNOW
  • JAN: 4527427643369
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 2,952位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介


日本映画初の快挙!!
第81回アカデミー賞 外国語映画賞 受賞

第32回日本アカデミー賞 最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞ほか10冠達成

モントリオール世界映画祭・グランプリ受賞


納棺師─
それは、悲しいはずのお別れを、
やさしい愛情で満たしてくれるひと。

【キャスト】
本木雅弘
広末涼子

余 貴美子
吉行和子
笹野高史

山崎努 ※崎は正式には旧字になります(「大」が「立」になります)

【スタッフ】
監督:滝田洋二郎
脚本:小山薫堂
音楽:久石 譲

【特典映像】
●メイキング「おくりびとの、おくりびと。」
●未公開映像「納棺の儀」
●予告編集

※初回限定!豪華特製アウターケース付き

各賞総なめ!!続々と受賞!

★アカデミー賞 外国語映画賞受賞

★モントリオール世界映画祭・グランプリ受賞

★日本アカデミー賞最優秀賞10冠
【最優秀作品賞】
【最優秀監督賞】滝田洋二郎
【最優秀主演男優賞】本木雅弘
【最優秀助演男優賞】山崎努 ※崎は正式には旧字になります(「大」が「立」になります)
【最優秀助演女優賞】余貴美子
【最優秀脚本賞】小山薫堂
【最優秀撮影賞】浜田毅
【照明賞】高屋齊
【録音賞】尾崎聡/小野寺修
【編集賞】川島章正

★日本アカデミー賞最多全13部門受賞
【優秀作品賞】
【優秀監督賞】滝田洋二郎
【優秀主演男優賞】本木雅弘
【優秀主演女優賞】広末涼子
【優秀助演男優賞】山崎努 ※崎は正式には旧字になります(「大」が「立」になります)
【優秀助演女優賞】余貴美子
【優秀脚本賞】小山薫堂
【優秀音楽賞】久石譲
【優秀撮影賞】浜田毅
【照明賞】高屋齋
【優秀美術賞】小川富美夫
【優秀録音賞】尾崎聡/小野寺修
【優秀編集賞】川島章正

★キネマ旬報ベストテン第1位
監督賞(滝田洋二郎)
脚本賞(小山薫堂)
主演男優賞(本木雅弘)受賞

★ブルーリボン賞主演男優賞

★毎日映画コンクール
監督賞
録音賞受賞

★報知映画賞・作品賞受賞

★日刊スポーツ映画賞・作品賞&監督賞受賞

★日本映画ペンクラブ会員選出ベスト5第1位獲得
★ゴールデンクロス賞・話題賞受賞

★中国金鶏百花映画祭(国際映画部門)
最優秀作品賞
最優秀監督賞
最優秀主演男優賞 受賞

★釜山国際映画祭・公式上映

★ルイ・ヴィトン・ハワイ国際映画祭・観客賞受賞

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『壬生義士伝』の滝田洋二郎監督が、本木雅弘主演で描いたヒューマンドラマ。遺体を清め棺に納める納棺師として働くことになった主人公の成長と周囲の人々の人間模様を綴る。広末涼子、山崎●努が共演。モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
評判は聞いていたが、これほど面白いとは思わなかった。
たった2時間で、こんなにも感動することになるなんて。

死ぬことを通して、生を描く。
自分らしく生きる、というテーマの映画はいくつも観てきた。
それらの作品から勇気をもらい、前向きに生きることの素晴らしさを教わった。

しかしこの作品は、死を真正面から描くことで、
きちんと生きるための覚悟を与えられたように感じる。

とか、そんな理屈はどうでもよい。とても面白い映画だった。

特に気に入ったのは、
喪主が遅刻にぶち切れてた家での件
チェロをBGMに仕事風景が流れるシーン
親しい人との別れ
最後の納棺

とっても良い映画でした。
プライムから外れてしまうのが残念。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
テーマからして観ると気分が重くなるのかな?なんて観ないでいたのですが
知人から、「気分が重くなる内容じゃない、観た方が良い、とにかく面白い!」と言われ
思い切って観てみたら、観てよかった!!
死に対する気持ちが楽になったし、生きている間を積極的に生きることが大事だ
特に親子関係や大事な人間関係において「わだかまりを持ちながら生きるのはもったいない」と気づかせてくれた。
積極的に働きかけた結果傷つくことがあるだろうとしても、
恐れに負けて関わること、喧嘩になって面倒だからと相互理解を得る努力を惜しむこと、
傷つきたくない、傷つけられた、と自分を守ることだけに死守するのはもったいない、
怖くてもダメだとしても挑むことに大きな価値がある。
恐れていてはいけない、意固地になっていてはいけない、挑むべきだ!と教えてくれる。
後の祭りなんて・・・・・もったいない!挑んだ先に得られるものはとてつもなく大きい。
勇気を出すべきだ!と教えてくれる。 私にとっては生き方を変えてくれる映画だった。
内容も本木さんの演技も最高!だった!!!!!
二本買って、まさにこの話どおりの「父と息子」に
何かを感じ取ってくれて一歩踏み出す勇気になってくれたらと一本ずつ贈ってあげました(笑)
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
期待した以上の出来だった。
この映画を見るために 伊丹十三監督の「葬式」を見た。
エネルギッシュなチカラが その中にはあふれていたが、
おくりびとは 山形の自然 そして チェロ という環境にやさしい 
という基調の上に 人を思う気持ちが優しい。
今の すさんだ人情が 取り戻されるように 描き出されている。

日本よりも 海外で評価されたことが よくわかるような気がする。
偶然によって 迷い込んだ場所で、
なにゆえ 「納棺師」 になったのか を問いかけながら、
納棺師であることを 納得していく 本木雅弘 の切なげな表情は、
なんともいえず 好感が持てる。チェロもなんなく弾きとおしたねぇ。

広末涼子の 泣きそうでもけなげに微笑む表情は、 
演技の熟度が増したと思わせるに 十分だった。
山崎努は 葬式と 今回では 風雪にたたかれていい老人になっているよ。
フライドチキンを食べるシーンや炭火であぶった白子を食べるシーンは
「生のあかし」なんだよね。
死んだものをいただいてもしくは、殺していただくことによって生命は 存続できる。
山崎努の 「困ったことに・・・」という表現がいいなぁ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 クマ #1殿堂トップ10レビュアー 投稿日 2017/6/6
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
かつてこの作品の舞台となった山形県を旅したことを思い出しました(尾花沢に
知人が住んでいた)。山形市内や、上山市の上山城の天守から望む温泉街は
とても風情があっていい景色だったことを今でも覚えています。

この作品の主人公(本木雅弘)はオーケストラのチェリストだったが、解散の憂き目
にあい、職を失ってしまった。失意のうちに故郷の山形へ帰り、新たな仕事を見つ
けたが・・・。

この作品開始早々掴みは良好で、チェリストから納棺師へと大変身を遂げる物語
です。

死者に死化粧を施し、生前と同じ姿に生き返らせるのが納棺師の仕事ではあるが
相手が生前親しかった人間や肉親ともなると本人はとても冷静ではいられない
だろう。

人の死という重いテーマを扱った作品ですが、山崎努、余貴美子、笹野高史、
吉行和子らのベテラン俳優が、うまくその内容を和らげる演技が効果的でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。時計 レディース カシオ腕時計 カシオ

関連商品を探す