おくりびと [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少の使用感ありますが、全体的に状態良好です。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,911
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ELACOM
カートに入れる
¥ 1,912
19pt  (1%)
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: media panda
カートに入れる
¥ 2,873
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おくりびと [DVD]

5つ星のうち 4.1 257件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 1,912 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,192 (53%)
ポイント: 40pt  (2%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Media bankが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • おくりびと [DVD]
  • +
  • 納棺夫日記 (文春文庫)
総額: ¥2,452
ポイントの合計: 57pt (2%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 本木雅弘, 広末涼子, 余 貴美子, 吉行和子, 笹野高史
  • 監督: 滝田洋二郎
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: セディックインターナショナル
  • 発売日 2009/03/18
  • 時間: 131 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 257件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001Q2HNOW
  • JAN: 4527427643369
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 2,414位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介


日本映画初の快挙!!
第81回アカデミー賞 外国語映画賞 受賞

第32回日本アカデミー賞 最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞ほか10冠達成

モントリオール世界映画祭・グランプリ受賞


納棺師─
それは、悲しいはずのお別れを、
やさしい愛情で満たしてくれるひと。

【キャスト】
本木雅弘
広末涼子

余 貴美子
吉行和子
笹野高史

山崎努 ※崎は正式には旧字になります(「大」が「立」になります)

【スタッフ】
監督:滝田洋二郎
脚本:小山薫堂
音楽:久石 譲

【特典映像】
●メイキング「おくりびとの、おくりびと。」
●未公開映像「納棺の儀」
●予告編集

※初回限定!豪華特製アウターケース付き

各賞総なめ!!続々と受賞!

★アカデミー賞 外国語映画賞受賞

★モントリオール世界映画祭・グランプリ受賞

★日本アカデミー賞最優秀賞10冠
【最優秀作品賞】
【最優秀監督賞】滝田洋二郎
【最優秀主演男優賞】本木雅弘
【最優秀助演男優賞】山崎努 ※崎は正式には旧字になります(「大」が「立」になります)
【最優秀助演女優賞】余貴美子
【最優秀脚本賞】小山薫堂
【最優秀撮影賞】浜田毅
【照明賞】高屋齊
【録音賞】尾崎聡/小野寺修
【編集賞】川島章正

★日本アカデミー賞最多全13部門受賞
【優秀作品賞】
【優秀監督賞】滝田洋二郎
【優秀主演男優賞】本木雅弘
【優秀主演女優賞】広末涼子
【優秀助演男優賞】山崎努 ※崎は正式には旧字になります(「大」が「立」になります)
【優秀助演女優賞】余貴美子
【優秀脚本賞】小山薫堂
【優秀音楽賞】久石譲
【優秀撮影賞】浜田毅
【照明賞】高屋齋
【優秀美術賞】小川富美夫
【優秀録音賞】尾崎聡/小野寺修
【優秀編集賞】川島章正

★キネマ旬報ベストテン第1位
監督賞(滝田洋二郎)
脚本賞(小山薫堂)
主演男優賞(本木雅弘)受賞

★ブルーリボン賞主演男優賞

★毎日映画コンクール
監督賞
録音賞受賞

★報知映画賞・作品賞受賞

★日刊スポーツ映画賞・作品賞&監督賞受賞

★日本映画ペンクラブ会員選出ベスト5第1位獲得
★ゴールデンクロス賞・話題賞受賞

★中国金鶏百花映画祭(国際映画部門)
最優秀作品賞
最優秀監督賞
最優秀主演男優賞 受賞

★釜山国際映画祭・公式上映

★ルイ・ヴィトン・ハワイ国際映画祭・観客賞受賞

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『壬生義士伝』の滝田洋二郎監督が、本木雅弘主演で描いたヒューマンドラマ。遺体を清め棺に納める納棺師として働くことになった主人公の成長と周囲の人々の人間模様を綴る。広末涼子、山崎●努が共演。モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
以前、映画評論家の、小森のおばちゃまという方がいらっしゃいましたよね。彼女が、『トップガン』(とても表層的なアメリカの戦闘機アクションもの)を評して、こういう映画を映画として楽しめたらいいと、とても素直に言っておられた。この映画、視聴者によっては、宗教や葬儀業界の実情などなど、いろいろ深い事情をお感じになられるのだと思いますが、私にはとても素直に素敵なストーリーとして受け入れられました。こうした日本の映画が国際賞を取ったことも意義のあることであると、関係者にお祝い申し上げます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
尊い仕事だとおもった。あと愛するの人の理解。これ泣くわ・・・。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/2/7
形式: DVD Amazonで購入
まず、納棺師という職業を扱った作劇のアイデアが独創的ですよね。
「死」まるわる仕事は、ついつい世の中ら影の存在として扱われますが、それに光を当て、日本文化のもつ「因習」の美学へと高める佇まいが、素晴らしいです。

伊丹十三監督が「お葬式」で葬儀屋のシステムを紹介したが、冒頭のコメディ色のある掴みのエピソードを見て、本作はちょっと「お葬式」に近い部分がるし、「たんぽぽ」なあったような、「ふぐの白子」「フライドチキン」とかの食べ物へのこだわり描写などもあって、伊丹十三監督映画へのオマージュが感じられました。
それは、少々ネタバレにもなりますが「生き物は生き物を食って生きている。どうせ食うなら美味いものがいい。」そして、食も一つの儀式である。儀式なしに「食らう」ことは可能だが、どういう調理で、どういう皿で、どういう盛り付けで食べるかは、儀式であり、その儀式を通じて、生き物の「死」に始末をつけるのだという思い...。

配役もパーフェクトに近い。社長役の山崎努はもう磐石。わけありで彼の事務所で働く女性を余貴美子、その田舎の町で銭湯を一人で経営している老女を吉行和子、彼女に惚れ、いつも銭湯に来ている老人の笹野高史もいい味。そして、主人公の本木雅弘と妻役の広末涼子が抑制のきいた演技で演じています。

「死」に対して
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
細かい突っ込みどころはたくさんありますけど、「業務内容」に関しては概ねこんな感じかと。ただ、納棺師にしても湯灌師にしても賤業的な色の濃い「葬儀ビジネス」から派生した一職業にしか過ぎないのですから、ちょっとこの仕事を美化しすぎちゃってる嫌いはありますねぇ。ご遺体って皆が思うほど丈夫ではないんで、映画のように人前で綺麗に着付けできるのは状態の良いご遺体に限られますし。(ま、映画だからOKですけどね・笑) 

さて現実問題、誇りを持って仕事している納棺師はほんの一握りです。遺族の見えないところではそりゃもうここじゃ書けないようなことを平気でやってますし、ご遺体を丁寧に納棺することよりも「いかに効率よくコストをかけずに納棺するか」しか考えてません。例えば面倒な部分の綿花詰め一つをとっても、コストが安いうえ効率良く仕事できるからという理由からペット用オムツを使ってたりします。

ということなので、この映画を見て「納棺」を素晴らしい葬儀式や仕事として美化するのではなく、あくまで「娯楽映画」として捉えることを強くお勧めします。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
本木雅弘扮するオーケストラのチェロ奏者・小林大悟が、ひょんなことから納棺師としての道を歩むことになる。

納棺師という仕事は、一般的に見てもあまり知られているものではないし、はたから見ても好意的に見られることはないと思う。

しかし、実を言うと、この世で一番尊厳性のある仕事なのではないだろうか。

人の死を客観的に見つめ、死者を送り出す人たちのために、冷静かつ慎重に、そして厳かに納棺を執り行っていく。その様は、まさに神聖な儀式だ。

そしてそれは、ただ事務的なものとしてではなく、生前の姿を思い起こさせてくれるような化粧や着衣を施すことで、生前の綺麗な姿に戻して送り出すのだ。

彼らがいることで、遺族はどんなにか喜ぶことだろう。もし一部の人がこの仕事を否定するのであれば、この光景に出会っていないからかもしれない。
そしてこの仕事を続けている人は、遺族からの喜びの声を聞くだけでもやっててよかったと思えるのだろう。

納棺師として生きる覚悟をした大悟は、いくつかのつらい死と出会う。大悟がその死にしっかりと向き合いながら毅然と納棺の儀を務め上げる様は、切なくて美しくて涙が止まらない。

この作品では、“人の死”“お葬式”など、通常重々しく取り
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す