%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%8B%E3%81%BF%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%AE%E9%9B%A8%E3%81%A8%E9%9B%AA%28%E6%9C%AC%E7%B7%A81%E6%9E%9A+%E7%89%B9%E5%85%B8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AFDV... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,885
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: TOY STORE
カートに入れる
¥ 1,885
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: F.P network
カートに入れる
¥ 1,885
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: エルレハウス【365日毎日発送☆24時間注文受付】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)

5つ星のうち 3.9 358件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 1,885 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,299 (64%)
ポイント: 25pt  (1%)  詳細はこちら
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、(最速配達)Shop Cepure オンライン支店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)
  • +
  • バケモノの子(スタンダード・エディション) [DVD]
  • +
  • 時をかける少女 通常版 [DVD]
総額: ¥10,470
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 宮崎あおい, 大沢たかお, 菅原文太, 黒木華
  • 監督: 細田守
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2013/02/20
  • 時間: 115 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 358件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00AHRI4H2
  • JAN: 4988021137362
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 2,492位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

2013年2月20日発売
■映画 おおかみこどもの雨と雪 DVD(2枚組)
品番:VPBT-13736 POS:2
収録時間:約117分+特典映像153分
仕様:片面二層2枚組(本編DISC 1枚+特典DISC 1枚)、カラー、16:9、ビスタサイズ、ドルビーデジタル2.0ch/5.1ch、日本語字幕,
DVD本編ディスク(オーディオコメンタリー収録、
出演:宮崎あおい、大沢たかお、黒木華、西井幸人、大野百花、加部亜門、細田守)
DVD特典ディスク(イベント映像集、劇場公開時コラボ番組、、各種プロモーション映像)
2面デジパック、三方背BOX仕様、ブックレット封入(劇場パンフレット縮刷版)
●初回生産分限定特典(フィルムブックマーカー)

監督・脚本・原作:細田守
スタジオ地図作品
(C)2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会
声の出演 宮﨑あおい 大沢たかお / 菅原文太 /他

◆イントロダクション
2006年『時をかける少女』で、人生のある瞬間にだけ訪れる煌めくような青春の断片を活写。2009年『サマーウォーズ』で、人と人との絆が生み出す力が世界の危機を救う奇跡の物語を描き、
国内外の映画賞を席巻。今や世界で最も注目を集めるアニメーション映画監督となった細田守だが、なぜ細田作品は幅広い世代を魅了するのか?
細田作品は、大袈裟な物語ではなく、格好良いヒーローが描かれるわけでもない。実際にありそうな町で、実際にいそうな人々に囲まれ、主人公が少しだけ特別な状況に悩み、あがき、努力する。
そんな等身大の物語が、じっくりと練られたシナリオを基に、躍動感ある映像で描かれている。だから私たちは主人公を身近な存在として捉えて強く共感し、彼らの活躍に手に汗握るのだ。
ファンタジックなのにリアル。それこそが細田作品の魅力。その持ち味は、最新作『おおかみこどもの雨と雪』でも存分に発揮されている。
◆ストーリー
大学生の花(宮崎あおい)は、彼(大沢たかお)と出会ってすぐに恋に落ちた。やがて彼が人間の姿で暮らす"おおかみおとこ"だと知ることになったが、花の気持ちが変わることはなかった。
そして一緒に暮らし始めた2人の間に、新たな命が生まれる。雪の日に生まれた姉は≪雪≫、雨の日に生まれた弟は≪雨≫と名づけられた。雪は活発で好奇心旺盛。雨はひ弱で臆病。
一見ごく普通の家族だが、生まれてきた子供たちは、「人間とおおかみ」のふたつの顔を持つ、≪おおかみこども≫だった。そのことを隠しながら、家族4人は都会の片隅でひっそりと暮らし始める。
つつましくも幸せな毎日。しかし永遠に続くと思われた日々は、父である"おおかみおとこ"の死によって突然奪われてしまった―――
取り残された花は、打ちひしがれながらも「2人をちゃんと育てる」と心に誓う。そして子供たちが将来「人間か、おおかみか」どちらでも選べるように、都会の人の目を離れて、
厳しくも豊かな自然に囲まれた田舎町に移り住むことを決意した。そこで花が選んだのは、山奥にある築100年のおんぼろ古民家。おてんばな雪はすぐに気に入ったが、内気な雨は馴染めない。
そんな子供たちを見守りながら、花は廃屋のような家の修繕に取りかかった。その横では雪と雨が、人間とおおかみの姿を自在に変化させながら駆け回る。
花の奮闘によって古民家は少しずつ輝きを取り戻し、3人の新しい生活の場となっていった。

一方で、"おおかみおとこ"が残したわずかな貯金に頼る生活には不安もあった。節約のため、花は自給自足の生活を試みる。移動図書館で自家菜園の本を借りて独学で畑を耕すが、
種苗は実を結ばず枯れていくばかり。失敗を繰り返す花のもとに、里に住む韮崎(菅原文太)という老爺がやって来て、「上手くいかないなら、なぜ聞こうという気持ちがない」と言い放つ。
その訪問を機に、花の家には里の人たちが折々にたずねてくるようになった。畑の野菜も、韮崎の指導のおかげで順調に育ち始める。
人目を避けて引っ越してきたはずが、いつの間にか里の人たちにお世話になっている。花は人の繋がりの不思議さと感謝の気持ちを感じていた。
それぞれの道を歩き出した雪と雨に、選択のときが迫っていた。 「人間として生きるのか」それとも「おおかみとして生きるのか」 そして花にも、決断のときが迫っていた。
2人の≪おおかみこども≫の選択をどのように見守るのか。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

国内外から注目を集める細田守監督が手掛けた劇場長編アニメ。「人間とおおかみ」のふたつの顔を持つ“おおかみこども”の母となった女性と子供たちの成長と絆を描く。宮●崎あおい、大沢たかお、麻生久美子、菅原文太ら豪華俳優陣が声優を担当。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
狼男との間に生まれた半獣半人の子供が成長して自立するまでの13年を描いた「家族」がテーマのアニメ。
父親の狼男は早々に死別。母親の「花」は都会の真ん中で、ときどき狼(まるで子犬)に変身してしまう子供たちを周囲に隠しながら必死に育て、やがて田舎で自給自足の生活をしながら子供の自立を見守る・・というあらすじ。

前半は母子家庭の育児奮闘記で、
後半は田舎に移住して、子供が学校に通うようになってから自立するまでのエピソード。

重めなテーマのわりに細田監督ならではのガハハ笑いや、コロコロと元気で可愛い子犬時代、とにかく美しい背景、滑らかに動くCG・・、暗さは全然ないので観やすい作品だと思います。

感想はわりとボロクソです。
子育ては子供が育つだけでなく親も一緒に成長していくものだと思うのですが、このアニメの母親は最初から最後まで全然成長していないと感じました。
普通より難しい子育てをしなきゃいけないのにその準備も知識も覚悟もなく。
親ならそこでそんな事しない、もっとこうした方がいいのにと感じる場面が多くて、始終収まりが悪かったです。
辛くても笑顔でいると遺影に誓ってる場合じゃない、むしろこの状態でヘラヘラ笑うなと。

最初に違和感を感じたのは、
...続きを読む ›
1 コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
(ネタバレも含みます)

 シナリオ、特にBDでの映像美、音楽。どれをとっても素晴らしいしと思ったけども、感動しなかった。不思議でした。

しばらく考えました。思ったことをここに書きます。

 自分は特にマニア向けの作品が好物なわけではないし、どちらかと言えばメジャーな作品に素直に感動して涙する方です。細田監督のほかの作品は好きものもあります。
ただ、この作品は全く感動しませんでした。

 自分は男で、子供はいません。

 母子家庭の"母親"を経験することがないのに、花に感情を移入するのが無理だったのかもしれませんが、
人間を描く上で大切な、人間らしさが全くといって伝わってきませんでした。

 狼男の旦那さんと死別して、その旦那さんの遺影に「こどもを立派に育てる」と約束をし、
その後再婚することなどは微塵も考えず、一人で育てていく決意をし、片田舎に引越しまでして子供を育てる人生を選ぶ。

 教育方針は奔放そのもの。人間として生きるか、狼として生きるかはそれぞれに選ばせるスタンス。どちらかと言えば"普通"の人間の子として接しているし、それを望んでいる節もあります。
それぞれの生き方を見つけ始めた二人がいて、
...続きを読む ›
コメント 131人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
宮崎駿のとなりのトトロだと、トトロという非現実的な生き物が存在するという事に作中で説得力を持たせるために様々な工夫が見られる。例えば草のトンネルを描く事で「向こう側の世界」を、大きなクスノキを精緻な作画で描く事でそこに宿る霊的な存在を示唆し、おばあちゃんの語る古くからの言い伝え、サツキがお祈りをするシーンなど、幾つものモチーフを積み重ねる事で「トトロが現実に居る」という「嘘」を「事実」として観客に納得させられるようになっている。「大人には見えない」の描写ひとつで整合性も取っている。対して本作はこういう積み重ねが無く、これはおとぎ話ですのひとことで片づける。なので、おおかみが作中の世界に於いてどういう存在なのかさっぱりわからない。
おおかみとはある種マイノリティーのメタファーのようにも思える(でなければ正体を隠す必要が無い)が、本作では正体をカミングアウトされた者が皆それをすんなり受け入れてしまうので、この位置づけがぼんやりしたままだ。「相手に自分の正体を明かす事」の重さが描けてないので、終盤の雪と男の子の秘密の交換が等価なのかさえ分からない。雨の将来に大きく影響を与える、「おおかみとして生きる事」の象徴たる山の主も一体何なんだか。
この「おおかみとは一体何なのか」という重要な部分があいまいなので、雪と雨の「おおかみとして生きるか、人として生きるか」という問題が、
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 椿 投稿日 2014/9/20
形式: DVD
◆じいさんへの対応として言った「私が悪いんです」
◆雨をおくりだすところで言った「わたしまだ何もしてあげて(以下略)」
◆夫が言った「ずっと見てた」に「んだとぉ!!!」と思ったのは私だけか^^;
ヲイヲイ。
「母」って言うのは下僕と与える役をあとどんだけすればお受入れいただけるんでしょうか。

ところで「貯金」て言うのはサマージャンボ3億円のことなんでしょうか?
車も絆創膏もランドセルも学費も通学費もなんのその!3人で食って食って家具買って畳変えてまだまだまだ!!!
どういうやんごとない霞食い人間の物語なんでしたっけ…?
その後しつこく「まともな収入にはならない」と説明された職につき、ランクルですいすい御出勤。
あれですか?「妻」にまともに働かれるのはいやなんですか監督は^^;。
「誰に食わせてもらってんだ」路線を維持させて、雀の涙ほどの金を俺の金で買ったランクルで受け取りに行かせたいと?
何の演出でしょーこれは^^;。笑えます^皿^。

まあ私はこの監督の作品全部嫌いなのですが、家族が録画してためていたなかにあったので経験値として見ました!
トトロを超えたいぜ!という意気込みだけは十分に受け取りましたが残念ながら作画の美しさというのは脚本の後についてくるものだと思いました!
コメント 92人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す