この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おいしいコーヒーの真実 [DVD]

5つ星のうち 4.0 29件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:5¥ 3,833より 中古品の出品:9¥ 1,851より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: タデッセ・メスケラ、他
  • 監督: マーク・フランシス, ニック・フランシス
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通) (DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アップリンク
  • 発売日 2008/12/05
  • 時間: 78 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 29件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001GUO33S
  • JAN: 4932487024216
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 14,013位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

トールサイズのコーヒー1杯330円。 コーヒー農家が手にする金額、約3円。 あなたが飲む1杯のコーヒーから世界のしくみが見えてくる。 コーヒーは世界で最も日常的な飲物。全世界での1日あたりの消費量は約20億杯にもなる。世界市場において、石油に次ぐ巨大な国際的貿易商品でありながら、コーヒー生産者は困窮し破産せざるを得ない現実。 一体なぜ?? コーヒー産業の実態を暴きながら、貧困に苦しむコーヒー農家の人々を救おうとする一人の男の戦いを追う。 生産者、企業、消費者。コーヒーが飲まれるまでの道のりに、深いドラマがある。1杯のコーヒーを通して、地球の裏側の人々の生活と世界の現実を、あなたは深く知ることになるだろう。 【特典映像】 ●予告編集 ●フェアトレードを知るために ・北澤肯(フェアトレード リソース センター) ・アンドレス・フェリペ・オスピナ(FALCOM(ファルコム)) ・鈴木隆二(ぐらするーつ)

内容(「Oricon」データベースより)

世界で最も日常的な飲み物とされ、全世界での1日あたりの消費量は20億杯にもなるコーヒー。しかし、世界市場において石油に次ぐ巨大な国際的貿易商品でありながらも、コーヒー生産者は破産せざるを得ない現状となっている。それは一体なぜか?コーヒー産業の実態を暴くドキュメンタリー作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

エチオピアのコーヒー農家の苦悩が描かれている。

エチオピア農協の代表者がフェアトレード実現の為流通業者等を省いて直接欧米の焙煎業者にコーヒー豆を売り込んで利幅を広げ少しでも農業従事者の生活を改善しようと頑張っている。

彼が欧米の食料品店で商品棚に並んでいる商品を見て愕然とする。何十ものコーヒー豆が競合するように並んでいて店員にエチオピア産の豆がどこにあるのか聞いてもわからない。やっと棚の後ろの方に押し込められているのを見つける。

このシーンは資本主義を象徴している。農協代表者の彼も問題の根本はフェアトレードで解決するようなものではないと恐らく気がついたと思う。

農民の一部はコーヒー豆より高く売れるという理由で麻薬の一種であるチャットの木を栽培し始める。食料を買うのも、学校に行くのも、医者にかかるのも、お金が必要だから。みんな金の話ばかり。そしてその金を得る手段が貿易しかない。要するに外国に依存することが前提のシステムにはまりこんでしまっている。

コーヒーやチャット以外の作物を育てるには適さない環境。貧弱な農業設備と知識。今あるものにすがりつくしかない人々。

もし本当にエチオピアの自立に手を差し伸べるとしたら、農業知識と設備を提供し自国内で最低限の食料自
...続きを読む ›
コメント 88人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
実際に貧困にあえぐ人々の姿をマスコミを通して観ることは多々あることであり、
それが日本に住んでいる私たちにとっても比較的日常的で、またよく知られている周知の
事実でもある。しかし貧困という問題を解決しようとすると、先進国側の意見に立っている
日本人としてすぐに思いつくのが「援助」ということになる。
それはODAに日本がどのぐらい出資しているかを見ればすぐにわかることである。

しかしそういった問題は一筋縄ではいかないということを、製作者は知っていながらも、答えを
提示せず、「コーヒー」という一つの題材を用いて表現し、逆にインパクトを与えることに
成功した作品であると言えるであろう。

WTOやIMFの問題は非常に難しい。先進国の枠組みに発展途上国が入り込む隙がないこと、
そしてやはり「大国の論理」が一番優先されることが容易に理解出来るし、それを表現した
作品は、他にも実はたくさんあることもお知らせしたい。

フェアトレードの制度もまだまだ発展途上である。今まで日本でもたくさん同様の問題はあった。
強制的な農協買い上げシステムからの脱却を目指した自主流通米の登場、JTの塩独占問題・・・
問題は身近なところにも実はある。それは単
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
Amazonで購入
アメリカのサンダンスフィルムフェスで有名になったこの作品、日本ではアップリンクなどの努力でやっと公開されました。こういうものがもっと日本でも公開されて、日本で映画をつくる人たちもこういうものをもっとつくるようになれば、と願います。ちなみに原題はBlack Goldです。

注:「イギリスのサンダンスフェス」と間違えて書いていたので、訂正しました。
2 コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
珈琲豆といったら日本で缶コーヒーでお世話になってる人多いですな。
日本でもブラジルやコロンビアだけではなく、エチオピア産も多いので見るべきですな一度。
そもそも、ブラジルやコロンビアのコーヒー自身が元をたどれば、エチオピアからの輸入ですな。
一応、シアトル暴動の引き金にもなったWTOの話もあります。

物語はある一人の人物を追って話を進むこととなる、アフリカ系アフリカ人でありながら、大学を卒業したアフリカでは珍しいスーパーエリート。
フェアトレードを開始した人の物語といっていいでしょう。
そんな、彼が「これはハラー豆、世界最高の品質を持つコーヒー豆、しかし驚くほどに安い」で本編開始。

まず、エチオピアの話、エチオピアといったらアフリカで数少ない独立国家でありながら、歴史上ただ一つ白人を返り討ちにした過去を持つ。
エチオピア王室の歴史は優所正しき3000年の歴史をもって、日本よりも古い世界最古の皇室がありましたな。
しかし1974年、革命によって皇帝は殺害、彼のご子息二人はアメリカに亡命しました、その後に孫はエチオピアの首都に帰ってきたそうですね。
革命が起きた理由が、国が貧乏なのに王様が自分のペットのライオンに肉塊を食べさせてることが国民の怒りに触れたそうです。
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ピーナッツ スヌーピー