通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
おいしいコーヒーのいれ方 Second Seaso... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。h6254a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 4 凍える月 (JUMP j BOOKS) 単行本(ソフトカバー) – 2010/5/31

5つ星のうち 3.3 22件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 411 ¥ 1
単行本(ソフトカバー), 2010/5/31
¥ 802
¥ 802 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 4 凍える月 (JUMP j BOOKS)
  • +
  • おいしいコーヒーのいれ方 Second Season V 雲の果て (JUMP j BOOKS)
  • +
  • おいしいコーヒーのいれ方 Second Season VIII 地図のない旅 (JUMP j BOOKS)
総額: ¥2,414
ポイントの合計: 46pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

勝利とかれん、人生の岐路に立つ・・・。

思いつめた様子で勝利を訪ねてきたかれん。聞けば、彼女が働く鴨川の施設が経営難に陥っていて、遠からず彼女も解雇されるだろうという。一方、勝利はこれからの自分の進路を悩んでいた・・・。

内容(「BOOK」データベースより)

勝利の目の前で泣き出すかれん。かれんへの愛おしさと、何もしてやれないふがいなさとで、勝利の心は千々に乱れる。自分のまわりの愛する人間たちがトラブルに見舞われるのを目にし、障害こそ成長の糧だ、と割り切れるほど、まだ勝利は大人になってはいなかった…。村山由佳のハートフル・ラブストーリーSecond Season、波乱の第4巻。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 228ページ
  • 出版社: 集英社 (2010/5/31)
  • ISBN-10: 4087032248
  • ISBN-13: 978-4087032246
  • 発売日: 2010/5/31
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 510,847位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
『勝利にはまだまだもっと、人として大きくなってもらわねばなりません。
ここから先、どんなことが彼の上に起こったとしても、どうか皆さん。勝利を見捨てずにいてやってください』

前巻「消せない告白」のあとがきで、作者・村山由佳はこのように書いた。
そしてその「どんなことが彼の上に起こったとしても」というのが、今回のラストに起こる事故を指しているらしい。
つまり、勝利が人として大きくなる為の『試練』として、今回の事故を作者は起こした訳である。
最悪の場合、「二人」の命を失う怖れのある事故を。

そんなことをしなければ、勝利は人として大きくなれないのか?
読者からの批判や嘆願を無視してまで、どうしても起こさなければならない展開なのか。
この疑問がどうにも自分の中で答えを見つけられなかった。
そして、単にショッキングな内容で読者を惹き付けようと言う安易な発想ではないかという疑惑も拭えなかった。

少なくとも、ようやく明らかになった「かれんの相談事」や原田の妹・若菜のトラブルなど、
今巻の大半を占める内容がわずかラスト1・2ページの為に全て吹っ飛び、
恐らく次巻は事故の後のことでほとんど埋め尽くされるのは間違いないだろう。
人によっては
...続きを読む ›
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 CHIRICO 投稿日 2010/7/4
形式: 単行本(ソフトカバー)
年に一度のお楽しみ、「おいコー」の最新刊です。
前巻「消せない告白」は、あまりにも物語の進展が無くて正直不満でした。
今作ではかれんの悩みの内容が明らかになり、それに伴って物語が新たな展開を見せ始めます。
星野さんや若菜ちゃんについても変化があったり、マスターと由里子さんの赤ちゃんもいつ生まれるのかなど、「これからどうなるのかなー?」ってのんきに思いながら読み進めました。
しかし、ラストの1,2ページでそれまでのふわふわした気分は吹っ飛び、読み終えて本を閉じた後何とも言えない落ち着かない気分になってしまいました。
人生何があるから分かりませんから、勝利とかれんに様々な試練がふりかかり、それをどう乗り越えていくかも読者としては楽しみです。
ただ、物語をドラマチックに盛り上げるためだけに読むに耐えないような過酷な試練を課す展開はあまり読みたくないし、「おいコー」という作品にそぐわない気がしています。
次巻が出ていない現時点でいろいろ言っても仕方がないですが。
今作を読み終えた時点では不安な気持ちをかき立てられ、何か後味が悪いです。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
高校の頃からかれこれ15年、毎年初夏のおいコーを心待ちにして来ました。この作品だけでなく、村山由佳さんの書籍は全部読んでいます。大好きな作家さんなのですが…
凍える月のラストは不吉過ぎでショックを受けました。 こういう命を扱うストーリーは他の作品でやってきたし、またやりたいなら全くの新作で出して欲しかった。
まさかおいコーでこんな展開が来るとは… 正直、こんなの望んでない読者、けっこういると思います。
初めは、恋愛や友情や家族っていいなぁって軽く読める爽やかなストーリーで、それが夏にピッタリで大好きだったのになぁ…
ここまで来たら、ラストまでお付き合いしますが、初期のテイストをなくさないで欲しいです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 風音 VINE メンバー 投稿日 2010/6/16
形式: 単行本(ソフトカバー)
実は未だ1周目を終えてから、2周目に入れていませんがレビューさせていただきます。

作者が前々から主人公勝利・ヒロインかれんに対して試練を課して成長してもらいたいということを書いておられましたし、概ね順調な二人ですから、幸せになってもらいたいと願いながらも世間の荒波にもまれることも必要だとは思っていたので、前作での後書きからある程度の覚悟はしておりました。
が、―――。
こういう形での“他人”の巻き込み方は、あまりにも不自然で作者の作為的な意図が見え隠れするようで、消化不良を起こした気分です。

以前、作者は自分は物語を作っているのではなく、勝利の目を通して見える世界を綴っているだけ―と仰ってましたが、少なくとも今回の件は偶発的な事故なんだろうか???疑問符でいっぱいで、素直に受け取れずにいます。

登場人物の中で最も幸せになってほしいあの方から大切なものを奪わないでほしい。

ただ、文章は…惚れ直しました。

秋の連載開始を一日千秋の想いで待ちます。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック