¥ 626
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
([え]2-24)二十面相の呪い 江戸川乱歩・少年... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

([え]2-24)二十面相の呪い 江戸川乱歩・少年探偵24 (ポプラ文庫クラシック) 文庫 – 2009/11/5

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 350

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ([え]2-24)二十面相の呪い 江戸川乱歩・少年探偵24 (ポプラ文庫クラシック)
  • +
  • ([え]2-25)空飛ぶ二十面相 江戸川乱歩・少年探偵25 (ポプラ文庫クラシック)
  • +
  • ([え]2-26)黄金の怪獣 江戸川乱歩・少年探偵26 (ポプラ文庫クラシック)
総額: ¥1,835
ポイントの合計: 43pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【第156回芥川賞・直木賞】受賞作発表!
芥川賞は『しんせかい』 、直木賞は『蜜蜂と遠雷』に決定 受賞&候補作品一覧 へ

商品の説明

内容紹介

古代研究所の博士が、世界にたった一つしかないといわれるエジプトの巻き物を手に入れた。しかし、その直後に、閉めきった研究所の一室から、ひとりの大学生が消える。密室の謎解きに乗りだす明智探偵。そして、部屋では異変が起こり始める! 「黄金の虎」を同時収録。
【巻末エッセイ/近藤史恵】

内容(「BOOK」データベースより)

古代研究所の博士が、世界にたった一つしかないといわれるエジプトの巻き物を手に入れた。しかし、その直後に、閉めきった研究所の一室から、ひとりの大学生が消える。密室の謎解きに乗りだす明智探偵。そして、部屋では異変が起こり始める!「黄金の虎」を同時収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 289ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2009/11/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 459111242X
  • ISBN-13: 978-4591112427
  • 発売日: 2009/11/5
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 509,440位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
3
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 投稿日 2010/7/21
形式: 文庫
本作は,表題作と『黄金の虎』の二本立てとなっています。

表題作の『二十面相の呪い』は,大まかにいって三部構成からなっています。

第一部は,「古代エジプトの巻物」の争奪戦。
密室トリックに対する「読者への挑戦」とその「種明かし」いう形になっており,ジュブナイルの王道といったところです。

第二部は,「真珠のゾウ」の争奪戦。
第一部と同じパターンながら,小林少年を明智小五郎がフォローするといった場面がでてきます。

第三部は,「二十面相の隠れ家」での戦い。
ここでは,シリーズでお馴染みの「ポケット小僧」が活躍します。
もちろん最後は,明智側の勝利で幕を閉じます。

『黄金の虎』では二十面相は出て来ず,少年探偵団と自称「魔法博士」との知恵比べ(ゲーム)というストーリーになっています。
もっとも,ゲームという割には,小林少年はけっこう危険な目に遭っていますが…。
そして,やはり最後は小林少年を初めとする少年探偵団の勝利で終わります。

『二十面相の呪い』も『黄金の虎』も,おとなの目で見ればマンネリ化が目立つのですが,少年の目で見れば,純粋な謎解きとしてかなり読み応えがあると思います。
特に,前者は謎
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hikagemono VINE メンバー 投稿日 2009/11/15
形式: 文庫
小学生時代、表題作よりも、併録の『黄金の虎』の方が、非常に印象に残った。
怪盗として活躍するよりも、良家の美少年をいじめて楽しむ方に情熱を傾けているかのような二十面相の姿には、もう飽きたと感じていた時に、全く違う展開の短編に接したので、それだけ印象に残ったのである。
そして、少年探偵モノを全て読んでしまい、他の同年代の推理小説ファンと同様に、江戸川乱歩編『世界短編傑作集』へと進んだ時、私は再び驚く事になった。
『黄金の虎』は、ジャック・フットレルの『十三号独房の問題』を、小林少年の活躍譚として翻案したものだったのだ!
もっとも、だからと言って『黄金の虎』への評価は、変わらなかった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
このシリーズもあと三冊。今回は、「二十面相の呪い」と「黄金の虎」の二本立て。

「二十面相の呪い」は、いつもの二十面相 vs. 明智小五郎+少年探偵団、というパターン。当時、流行っていたのだろう、エジプトのミイラの呪いを織り交ぜてる。
内容はいつものとおりだけど、この話では、二十面相と明智の知恵比べが前面に押し出されているのが面白い。

「黄金の虎」は、さらに進んで、相手は二十面相ではなく、どこかの物好きな金持ちの犯罪趣味に少年探偵団が挑むという話。これは、これで面白かったけど、やっぱり二十面相が出てこないと、このシリーズは物足りない。

このくらいになるとネタ切れなのか、舞台設定等も苦し紛れな感じが否めないが、子どもの頃はそんなことを全く意識せず、単純に楽しめた。それはそれで幸せだったなぁ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック