通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
うる星やつら (1) (小学館文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ☆中古品につきカバーに若干のスレ・劣化がありま す☆除菌作業を行い、迅速に発送致します☆付属品 (CD・DVDなど)は別途記載ない場合は、付属して おりません。☆中古品につき、表紙が表示と異なる 場合があります。発送にはクロネコメール便、また はゆうメールを使用します☆万が一商品に不備が あった場合は、メールにてご連絡ください。対応さ せていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

うる星やつら (1) (小学館文庫) 文庫 – 1998/8

5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 627
¥ 627 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • うる星やつら (1) (小学館文庫)
  • +
  • うる星やつら (2) (小学館文庫)
  • +
  • うる星やつら (3) (小学館文庫)
総額: ¥1,881
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「まとめ買い・セット本」
マンガ・絵本・小説・文庫セットなど、新品・中古本をまとめ買いできる。最大10%ポイント還元も。 まとめ買い・セット本

商品の説明

内容紹介

▼第1話/かけめぐる青春▼第2話/やさしい悪魔▼第3話/悲しき雨音▼第4話/あなたにあげる▼第5話/絶体絶命▼第6話/愛で殺したい▼第7話/お雪▼第8話/酒と泪と男と女▼第9話/憎みきれないろくでなし▼第10話/いい日旅立ち▼第11話/大勝負▼第12話/性▼第13話/系図▼第14話/あやつり人形▼第15話/いまだ浮上せず▼第16話/幸せの黄色いリボン▼第17話/ディスコ・インフェルノ▼第18話/さよならを言う気もない▼第19話/女になって出直せよ

<ご注意>希少本ですので、「在庫あり」でご注文できる場合、装丁等汚れていることがありますことをご了承ください。在庫がかなり少ないため、交換等も難しくなります。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

出版社からのコメント

世にもまれな凶相の持ち主諸星(もろぼし)あたると宇宙人ラムちゃんのラブコンビがくりひろげる奇想天外ハチャメチャ爆笑ギャグ!!


登録情報

  • 文庫: 331ページ
  • 出版社: 小学館 (1998/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091931812
  • ISBN-13: 978-4091931818
  • 発売日: 1998/08
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 434,067位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 レイラ 投稿日 2006/11/23
形式: 文庫
これほどまで爽やかな少年漫画はこの漫画が登場するまでなかった。ラブコメにも関わらず悩まない男の子と泣かない女の子。そして下ネタ抜きのクールでシュールな笑い。登場する女の子はカワイイけど一癖アリ、男の子は男前度ゼロの情けない奴ら…脇キャラの性格設定まで完璧。一話完結で読む者を飽きさせず、四季折々のテーマで楽しませる。不良ではないけど真面目じゃない高校生。やけにスキーだ温泉だ海だ山だと遊んでます。みんなオシャレだし。正に80年代トレンディー漫画…と思いきややってるコトは小学生なみの主人公。重く熱い70年代の少年達は消え去った。楽しければいーじゃん♪の主人公達に癒される。「Dr.スランプ」と並ぶ明るさと軽さが80年代の平和さを感じさせ心が元気になる娯楽漫画だ。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
小学3年生の頃、この漫画を10巻まとめて大人買い(父がしてくれたの。)しました。
(父の入院に付き添ったごほうびに♪)
ちゅどーん! とか、 ぶぎゅる とか、擬音語、擬声語がとにかく面白いです。
女性が原作者であるにも関わらず、この少年漫画的なノリは
珍しくって楽しくって。
それはもうページが裂けて剥がれるくらい読みまくりました。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 ほとんどドタバタコメディだけど、それをまったく飽きさせずに34巻も続けるというこの業は、もはや天才の技術だと思う。安心して読めるし、この人の作品は普遍的な面白さを持っていると思う。

 今見ても全然古びていない、超名作マンガ。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ていうか、女性漫画作家ナンバーワンかも(;_;)
なんでこんなに面白いんだろう?

小学校のとき、教育委員会から見てはダメとダメ出しくらった漫画。昔から教育委員会というのは下らないこと言うんだ(;^_^A

見て学んでおけばいいじゃない。男と女のハチャメチャをさ。
でも、案外ラストは純愛に落ち着くのだよ、この漫画も。

私はオユキさんが結構好きですね。まさに氷の女王。食えない女だ(;^_^A

蘭ちゃんはある意味被害者じゃないですか。ラムちゃん、可愛いいんだけど、そういう天然は罪だから。

初期のドギツサ、若干のホラー感も、絵が丸みを帯びるとともになくなり、優しくなるのは、ご本人の考え方が変わったからですかね?

でも、基本的に根底にある冷たい目は変わらないなぁ。
蛇に睨まれたカエルのような気持ちになるのは、私だけかしら(;^_^A
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私が漫画を好きになったきっかけの漫画です。私は、この作品に出会うまで、漫画はあまり好きではありませんでしたが、この作品をきっかけに、漫画をたくさん読むようになりました。この作品の好きな理由は、なんといっても変なキャラクター達が巻き起こす、宇宙規模でおこる奇想天外なドタバタギャグに、笑わずにはいられないからです。私が一番好きなキャラクターは、ラムちゃんで、理由はダーリン(主人公の諸星あたる)が、いつも浮気ばかりしているのに、別れようとしない(電撃をくらわしますが)一途なところが、とても魅力的だからです。その他のキャラクターも、すごく魅力的なキャラクターばかりです。今、このレビューを見ているあなた、絶対におススメです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/12/16
形式: 文庫
「少年サンデー」で初めてであったときは、もうびっくりしました。
女の人が描く、男とは異なる視点の漫画の面白さにすぐに嵌ってしまいました。
ラムちゃんとしのぶちゃんという二大美女に一度に愛される幸運な男、あたる。
運が強すぎで、幸運と呼ぶのに抵抗を感じてしまいますが、この男はさらに美しい女性に目が眩んでしまいます。
何とするどい女性目線でしょう。そうなんですよね、男という生き物は。
美女に囲まれていながら新たな美女の登場に胸ときめかせてしまう愚かな生き物なんです。
久しぶりに読ませていただきましたが、相変わらずラムちゃんとしのぶちゃんは可愛いです。
女性はお母さんを非常に意識しますね。あたるのお母さんの妖しさも女性作家ならではでしょうか。
何度読んでも面白い作品です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック