通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感(ヨレ、スレ、傷等)あり。中身は書き込み等ない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話 単行本 – 2014/4/18

5つ星のうち 3.4 36件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,466 ¥ 198

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話
  • +
  • ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 92pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「どんな仕事を選んでもええ。
ただ、○○のない仕事だけはしたらあかん。
それだけは、金じゃ絶対に買えん」

社会人2年目でうつ病になり、2度の自殺未遂の後遺症で寝たきりになった僕――。
スキルも人脈も意欲もない若者が、ニート生活、離島バイト、あいりん地区での出会いを経て
「本当の自由」を勝ち取るまでを描いた、感動の実話。

ストーリー投稿サイトSTORYS.JPで一夜にして話題騒然となり、
8日間で64万人に「本当の自由」を得るためのヒントと
一歩前に踏み出す勇気を与えた物語の全貌を書籍化!

「どんなに弱くても、人は自由に働ける。」

【CONTENTS】
STORY1 千葉の実家で寝たきりの日々
STORY2 「働く」という感覚を取り戻す日々
STORY3 あいりん地区で元ヤクザに人生を教わる日々
EPILOGUE 世界を自由に飛び回りながら仕事をする日々

【著者について】
1987年生まれ、千葉県出身。
大学時代に東南アジアを周遊するバックパッカーを経験。
「ただ旅をしていても、お金の不安も将来の心配も消えない。 本当に自由になるには経済的自立が必要」 と気づき、
旅をしながら資金を稼ぐ"パワートラベラー"というライフスタイルを構想する。
2011年5月、うつ病になり退職。
半年間寝たきりの状態になるが、 「世界に出たい」という想いだけを胸に起業を決意。
旅をしながらでもできる仕事として、アフィリエイトをはじめとする 「ウェブサイトで収 益を上げる」ビジネスに取り組む。
福岡の旅館で、住み込みで働き、起業資金を貯めた後、大阪・あいりん地区を拠点としながら、
8ヶ月間かけてウェブマーケティングやサイト作成の技術を学ぶ。
2012年7月、出国。
その後、バンコク、チェンマイ、ハノイ、ヴィエンチャン、
パリ、フィレンツェ、バルセロナ、リスボンなど、東南アジア・ヨーロッパを問わず、
現地にアパートを借りて生活しながら仕事をする滞在型の旅を実践。
Facebookやブログで「旅をしながら稼ぐ」ライフスタイルを配信し、世界中に仲間を増やしている。

内容(「BOOK」データベースより)

投稿サイトSTORYS.JPで8日間で64万人に「本当の自由」を得るためのヒントと一歩前に踏み出す勇気を与えた、感動の実話ストーリー!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 264ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2014/4/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4023312967
  • ISBN-13: 978-4023312968
  • 発売日: 2014/4/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 168,164位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
私はうつ病、メンタル系を患っていて少しでもヒントになれば…と本でも何でもあれこれと読める時に読んでいます。

皆さまご存知のとおり、どんな病であってもその症状・回復・リバウンド・社会復帰等は千差万別で個人差があり一概にはどんな事も言えません。 それを踏まえて私の感じた事を書きますね。

自殺が未遂に終わった著者は、その後温かい親元を離れ働き始めます。(あらすじは他を参考にしてください)住み込みで働いたりしますが、その間の鬱の症状との戦い・葛藤などを私は知りたかったのですが、著者の場合あまりなかったのか、ただ詳しく書いていないだけかは解りませんがたいして書かれていません。 人との出会いも重度の対人恐怖症等でもないらしく、書かれてはいても割りとスムーズに出来ています。

正直なところ、一読して「ふ〜ん…」と思っただけでした。 他の方のレビューにもあったような気がしますが、表紙の人がご本人ですかね? 間にある写真も当然出版にあたり撮ったわけですよね。 ちょっとドラマっぽく作りすぎな印象を私も持ちました。

結局のところ、私のように“鬱との葛藤・戦い・どのように治す(社会復帰という意味で)”をテーマにリアルなところを知りたい…という方には、この本には期待し過ぎになると思います。

この本の最
...続きを読む ›
コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ブログを見て、これは面白そうと思い手に取った1冊でした。
正直、ブログの内容だけで十分かなという感想です。

数々の障壁を乗り越えつつも、トントン拍子に進んでいく話は、
事実を大幅に圧縮したため、いたしかたないものだと考えるべきなのでしょうが。
大筋は単調で、最後まで読み切るのには体力が必要と感じました。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私はうつ病で2年ほど寝たきりの状態で、この本の題名に釣られて手に取りました。

私以外にもうつ病で寝たきりの人もいるんだと。この本なら何か勇気づけられる内容が書いているのかな、と。

期待はずれだった。

そもそもうつ病なら釣りやアルバイト、アフィリエイトなんて出来ません。
具合悪くて家から一歩も出られないはずなんですよ、本当にうつ病なら。元気が無くて。

うつ病という名を冠して、うつ病というものをダシにこの作者は金儲けをしたいだけなのでは、と思った。
本を読みこんなに腹立だしい気持ちになったのは初めてかもしれない。
コメント 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
同じような病気(大きな括りでのうつ病)を患い、長年苦しんでいる者です。 筆者の坂口氏よりもずっと年を食っておりますが、何か得るものがあるのではないかと思い、購入させて頂きました。

まず264ページという分量ですが、文字が大きく、ふんだんに“余白”をとっておられるので、新書の感覚では<100ページ>程度、頑張れば半日ほどで全て読み切ることが可能です。 筆者にあまり文章を書くちからがないのか、それとも意図的にそうしたのかは不明ですが、箇条書きにした文章を膨らませたというように思われました。

ただ、この本に全く価値がないかと言えば決してそうではありません。 “264ページ”を費やして筆者が読者を啓蒙したかったのは:

(1)人生に<明確な目標(展望)>を持ち、それを実現していくこと。 (2)それは空想に基づくものではなく、経済的に自立した状態(=自らのちからで1カ月に10万円以上稼いでいる)状況をつくった上で実行されるべきである。
[言い換えますと:]
(2)まず経済的に自立した状態(=自らのちからで1カ月に10万円以上稼いでいる)状況をつくる。 そのうえで(あるいはそれと並行して)、(1)人生に<明確な目標(展望)>を持ち、それを実現していくこと。

このことに尽きるのではないかと思
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
確かに感動的なストーリーです。うつ病発症、引きこもり、大企業重役との出会い、ホテルでのバイト、大阪西成区のあいりん地区での生活、やくざとの出会い・・・。でもなんだか出来すぎな感じがします。写真もリアルというより、作られた感じがします。
少なくともこの本は、筆者が原稿用紙を(パソコンででも)自分で埋めたというより、口述したものをライターがまとめた気がします。
まったくのフィクションではないでしょうが・・・。
1 コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー