通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 単行本 – 2017/1/19

5つ星のうち 4.5 122件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 775

AmazonStudent

★★『君の名は。』ほか、「K A D O K A W A」全 品 1 0 % ポイント還元中!★★

※4/1(土)以降に発売される書籍、Amazonマーケットプレイス、Kindle本は対象外となります。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち
  • +
  • 究極の男磨き道 ナンパ
総額: ¥2,808
ポイントの合計: 108pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

トンネル脱出

うつ病に悩む人は多い。ぼくのまわりにも何人かいるし、他人事ではない。

田中圭一の『うつヌケ』は、うつ病を真っ暗なトンネルにたとえ、そこから抜け出した人びとに取材したコミックエッセイである。

はじめに著者自身の体験が紹介される。サラリーマンとマンガ家という二つの仕事で忙しく働いていた著者は、転職をきっかけにうつ病になる。「あなたのうつ病は一生もの」ということばで医者に不信感をいだいて悪化。勝手に服薬をやめたり、医者を転々としたりとますます悪化。

トンネル脱出のきっかけは、コンビニで見つけた文庫本だった。うつ病にかかった精神科医が書いたエッセイである。著者は再発と回復を繰り返しながらも、自分の場合は気温の変化が引き金でうつ病になることに気づく。そして、「うつはそのうち完全に治る」と実感するに至る。

ここまではいわば序章。以下、著者が会って聞いた、さまざまな人の「うつヌケ」体験談が続く。

この人もうつ病に苦しんでいたのか、と驚く。ミュージシャンの大槻ケンヂ、AV監督の代々木忠、小説家の宮内悠介、熊谷達也、そして思想家の内田樹も。彼らに共通するのは、多忙さであり、責任感の強さであり、無意識に設定する目標の高さである。

「うつヌケ」のきっかけとなるのも人それぞれ。大槻ケンヂの場合は森田療法との出会いであり、内田樹は合気道を通じて「脳を休ませて身体の声を聞く」ことに気づく。

マンガという表現がテーマにぴったりだ。軽い気持ちでパラパラめくれるのがいい。なんだか効きそう。

評者:永江朗

(週刊朝日 掲載)

内容紹介

パロディマンガの巨星がマジに描いた、明日は我が身のうつ病脱出コミック!

著者自身のうつ病脱出体験をベースにうつ病からの脱出に成功した人たちをレポート。うつ病について実体験から知識を学べ、かつ悩みを分かち合い勇気付けられる、画期的なドキュメンタリーコミック!

目次
第1話 田中圭一の場合1
第2話 田中圭一の場合2
第3話 田中圭一の場合3
第4話 照美八角の場合
あの時ボクはうつだった その1
あの時ボクはうつだった その2
第5話 折晴子の場合
第6話 大槻ケンヂの場合
第7話 深海昇の場合
第8話 戸地湖森奈の場合
第9話 岩波力也・姉原涼子の場合
第10話 代々木忠の場合
第11話 宮内悠介の場合
第12話 鴨川良太の場合
第13話 精神科医・ゆうきゆうの話
第14話 ずんずんの場合
第15話 まついなつきの場合
第16話 牛島えっさいの場合
第17話 熊谷達也の場合
第18話 内田樹の場合
第19話 一色伸幸の場合
第20話 総まとめ
エピローグ
うつヌケこぼれ話 その1
うつヌケこぼれ話 その2
あとがき

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 176ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2017/1/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041037085
  • ISBN-13: 978-4041037089
  • 発売日: 2017/1/19
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15.1 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 122件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 80位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
きれいな絵、具体的なエピソード、分かりやすい説明・・・素晴らしい本です。
うつ状態で活字を追うのは難しい時にもおすすめです。
ただひとつ、気になったこと。
この本に登場するウツヌケした方たち、特別な才能、能力がある方ばかりです。ウツを抜けられたきっかけが、その能力を人に認められて復職できたパターンが多いです。その特別な力がない人間はいったいどうしたらいいのかと・・・(泣)
コメント 164人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私が精神的に不安定になった時、まだ社会は『鬱』興味を示し始めた辺りでした。
本屋さんに行っても専門で難しい本ばかり。
理解出来ないし、自分に合う本が無くて彷徨っていました。
そこから15年、沢山の本を読んで情報をチマチマ収集しながら自分をケアしてきました。

なのに、それなのに!!

この本には私が時間を掛けて収集した情報が分かりやすく、取っつきやすく、親切に描かれているのです。
こんなに便利な本がもっと前からあったら、私ももっと生きやすかったのかな?・・・と思いました。
悩み始めた頃の自分にタイムマシンで届けてあげたい位です。

体験者とは立場や環境は違っても、治すための考え方や物の見方は参加になると思います。
この本で、気持ちが楽になる人が増えますように・・・。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
抜けられたらいいな。

電車のなかで泣いていました。

まだ時間はかかるだろうけれど。

いつか。きっと。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぐり 投稿日 2017/3/12
形式: 単行本
鬱歴7年目で現在も通院中です。

鬱の時はなかなか活字が読めないので漫画なのは良いですね。
ただ他の方も仰ってる通り、ここに出てくる方たちはみんな「何か」を持って活躍してる方ばかりです。仕事で一定の地位を築いていたり、自分を奮い立たせる「何か」をみんな持っています。成功した人が一度鬱という奈落に落ちて、また這い上がってくる…

仕事も家庭も、愛する人も、すがれるような「何か」を持っていない私達はどうしたらいいのでしょう。そんな人たちが大半だと思います。
読み進めながら「はいはい、またこのパターンね…」と思わずにはいられませんでした。

何者にもなれない、普通の人にもインタビューして欲しかったです。
少し孤独を再認識させられる本でもありました。
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビーナ 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2017/3/24
形式: 単行本 Amazonで購入
ここに出てくるのは
みんな
うつの底で長くもがき苦しみ、やっとの思いで
抜けるきっかけをつかんだ人たちのはずなのに、

自慢話を滔々と聞かされている感じがして
「またか。もういいよ」と言いたくなる。

登場人物が、
カンペキ主義の、とてつもない頑張り屋さん揃いで
うつに陥った理由、抜けた理由も

「自分はデキる、というプライドが高く、まわりの期待に応えようと
がんばりすぎて壊れる」→「期待に応えられる居場所が見つかってうつヌケ」の

ワンパターンだからか。

うつヌケワールドにも
エリートと「その他大勢」がいるんだなあと、
ため息が出た。

心が弱っている人は、
いわれなきコンプレックスにとらわれて
ますます苦しくなる恐れがあるから、どうぞ気をつけて。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 swagman 投稿日 2017/1/20
形式: Kindle版 Amazonで購入
今まさにうつになりそうな人が、これ以上深みにハマっていかないための、そして軽い状態ならどう向き合って明るくなる方向へ持っていけばいいかが記された、インフルエンザワクチンのような本だと思います。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
先日弟が自殺しました。
暴力を振るわず言葉で解決しようとする弟。
小、中の同級生達は聞く耳持たず暴力優先。
「屁理屈野郎」といじめられ続けた。
「勉強して報われてやる」が口癖で一生懸命頑張っていました。
大学まで進学。就職活動、これが自殺の引き金に。
就職活動の自己PRで「自分は何も誇れるものがない」と打ち拉がれていた。
彼は鬱病と診断され「症状が治まったら就職活動を再開する」と。
結果卒業してすぐに就職できました。
しかし時給換算300円のブラック企業で半年で退職。
「こんなことになるためにいじめられても学校に通い続け勉強してきたんじゃない。」
強迫障害からか筆記用具を持つと発狂するようになり、通院以外は引きこもるようになりました。
「鬱が治った」
次の日、弟は自殺しました。
「鬱が治った。でも地位も名誉もなく新卒でもなく半年で会社を辞めた元鬱病患者の人間。死ぬしか無い。」

前置きが長くなりました。

この書籍の登場人物は職に就いていたり人脈があったり、鬱が収まった後に活躍できる土台がしっかりとあります。
弟にはそれを見つけることができず(築き上げられず)、そして誰も手を差し伸べられないこと
...続きを読む ›
2 コメント 309人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー