この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 238 (27%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 648
Kindle版
¥ 886
ペーパーバック新書の価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 238 (27%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
うつの8割に薬は無意味 (朝日新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: おおむね良好、書き込みなし。■富山県より「ゆうメール」もしくは「クリックポスト」にて発送します■到着まで最大1週間かかる場合があります。ご了承ください■梱包はビニール袋とクラフト封筒、厚紙封筒の簡易包装となります■商品は目視で検査していますが、不備があった場合ご連絡ください。対処します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

うつの8割に薬は無意味 (朝日新書) 新書 – 2015/5/13

5つ星のうち 3.7 28件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 886
¥ 886 ¥ 119
この商品の特別キャンペーン SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大480円OFF 1 件


booksPMP

本・コミック・雑誌ストアではじめてお買いものの方へ 3 0 0 ポイントプレゼント!

※キャンペーンページを閲覧のうえ、対象サービスをご確認頂くことが参加の条件になります。キャンペーンページは>>こちら

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 期間中、Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本(ジャンル:暮らし・健康・子育て)をまとめてご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大480円OFFに。2019/3/13 9:00-2019/4/12 23:59(日本時間)まで。詳しくはキャンペーンページ 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • うつの8割に薬は無意味 (朝日新書)
  • +
  • うつの常識、じつは非常識 (ディスカヴァー携書)
  • +
  • 精神科医と考える 薬に頼らないこころの健康法
総額: ¥3,370
ポイントの合計: 19pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

抗うつ薬が本当に有効なのは、うつ病患者の2割にすぎない。しかし医療機関で実際に行われている治療のほとんどは、薬剤を処方するだけ。なぜ、8割の患者は「無意味な」薬を与えられ続けるのか?この現状をもたらせた医学界、製薬業界にどんな問題があるのか?薬物療法偏重のうつ病治療の実態を徹底批判し、正しい治し方を説く。

よく知られているように、日本では今、心に病をもつ人が急増している。厚生労働省の患者調査によれば、うつ病(躁うつ病を含む)患者数は2008年に100万人を超えた。「うつは、こころの風邪」キャンペーンと、国際的な「うつ病診断基準」の変更が、うつ病を「身近なもの」にしたからだ。それにともなって、メンタルクリニックも激増した。現代人に不安や焦燥感はつきものだが、そんな「悩める健康人」も病人と診断され、長期にわたって無意味な薬を投与されかねない。著者は、獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授。臨床にも携わる。「うつは生活習慣病」が持論で、本当に患者のためになる治療を教える。

【目次】
序章 「8割」の方のために
・精神医学における公然の秘密
・20年前から知られていた
・最新の研究でも同じ結果/ほか
第1章 あれもうつ病、これもうつ病
・ひどく曖昧になったうつ病の輪郭
・わかりやすいうつ病
・うつ病概念とDSM/ほか
第2章 「心の風邪」キャンペーンは、誰のためか
・「心の風邪」キャンペーン
・疾患喧伝とは何か
・製薬会社は患者さんに「死んでほしくない」と願っている/ほか
第3章 「脳の病気」は本当か?
・うつ病は「脳の病気」と言えば精神療法をしなくてすむ
・「脳の病気」の主張はほとんど宗教
・仮説としての「脳の病気」は否定されたさけではない/ほか
第4章 双極性障害――作られたⅡ型
・突然降って湧いた双極性障害
・精神医学者は発見者か発明家か?
・躁うつ病の本来の周期は数週間
・お祭り騒ぎ4日でビョーキ?/ほか
第5章 薬の前に、まずは睡眠と断酒を!
・双極性障害(Ⅱ型)の治し方を語る前に
・Ⅱ型は睡眠・覚醒リズムの失調
・Ⅱ型には睡眠時間の長短がある/ほか
第6章 大事なのは治療の優先順位
・精神科医の仕事はアート
・医者は科学者になりさがるべきではない
・一流の人間にしか学ぶべきものはない/ほか
第7章 うつ病と診断されたら――本人、家族、会社は?
・急増したメンタルクリニック
・精神科医にかかるのはいまやギャンブル
・薬物療法に疑問があるなら医療機関を変える/ほか
終章 医師と患者、大いなる誤解を超えて
・「気軽にお医者さんに相談しましょう」の功罪
・医師-患者間の「えせ契約」
・精神科医-患者間の「えせ契約」/ほか

内容(「BOOK」データベースより)

抗うつ薬が本当に効くのは、うつ全体のわずか2割!それなのに、治療のほとんどは、薬の処方するだけ―。大学病院精神科教授が、その構造を解明する!「うつは心の風邪」キャンペーンで受診のハードルが下がり、今や、「うつ病患者100万人超」時代になった。「薬漬け」から脱するには、本人、家族、会社は、どう対処したらよいのか!?うつを治す正しい「生活習慣」とは―!?臨床の最前線からの報告と、提言の書!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 280ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2015/5/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022736151
  • ISBN-13: 978-4022736154
  • 発売日: 2015/5/13
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.7 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 87,089位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

28件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.7

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

2018年9月15日
形式: 新書Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年1月16日
形式: 新書Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年3月7日
形式: 新書Amazonで購入
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年7月10日
形式: 新書Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年10月25日
形式: 新書Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年1月10日
形式: Kindle版Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年9月21日
形式: 新書Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年1月1日
形式: 新書
48人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告