中古品
¥ 1,289
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯付】◆保証付。アマゾンから迅速発送◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。【検品担当者より】ページ側面にヨゴレ・シミがあります。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。アマゾン配送センターより毎日迅速発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

うっかり人生がすぎてしまいそうなあなたへ―ひとりの女としての性・人・恋 単行本 – 2003/6

5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,033
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者からのコメント

「その瞬間の、切実な想い」
「いまここでゆっくり考えておかないと、うっかり人生がすぎてしまうようでこわくなったのよ」
須賀敦子の作品のなかの、この一文に強く胸をつかれたのは、自分のなかに巣くう、もやもやとしたおそれが、みごとに表現されていたからでした。

女として老化するに身をまかせるのも、緊張のない男女関係も、習慣を言い訳にして一日一日をひたすら消化してゆく生活も、嫌だから、二十代の半ばから三十代半ばの十年間、私は立ち止まってみたり、あがいてみたりしているのかもしれません。

女という性について、ひとりの「ひと」としての人生について、そして恋愛について、そのときどきに出会った言葉をテーマに、三十六歳の現在地点から想いを綴りました。

靴音を響かせて仕事に励む毎日、育児に追われる! 毎日、あるいは目標を見失った毎日のなかで、私と同じように「このままうっかり人生がすぎてしまうのではないか」という危機感がふと胸をよぎるあなたへ、届くことを願っています。

内容(「BOOK」データベースより)

女なら誰しも一度は悩むところ、通り抜けるところと向かい合ったエッセイ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 223ページ
  • 出版社: すばる舎 (2003/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883992829
  • ISBN-13: 978-4883992829
  • 発売日: 2003/06
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 201,299位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
オンナの人生はこうあるべき!と説教されそうなタイトル‥‥
私の好みとは全くかけ離れた装丁‥‥
書店では絶対に手に取らないであろうこの本を、友人からすすめられて読みました。
本を開いてすぐ、第一印象はどこかへ。
著者の繊細な心のつぶやき、
大切な出逢いを一つ一つ丁寧にクローゼットから取り出しては、見つめ直すような
緩やかな時間の流れる文章。
共感するところばかりではなくて、
それは違うんじゃないの?と本に議論を挑んでみたいページもある。
それなのに、そこに不快感はなく、
著者がそう感じて生きてきたことが、素直に心に染み込んできます。
へぇ~ふぅ~んといいながら、
何かしら、ココロの奥底にたまっていくような、
何とも不思議な気持ちを感じさせられる本でした。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
タイトルを読んだとき、自分のために書籍をチェックする女性に
人生をうっかり過ごす人が、いったいどれほど居るのだろうと
疑問に思いました。そう思いながら内容を読み進めていくと、
女性としての人生に素直に向き合う著者の考えや、心に響いた
フレーズが本当に必要なのは、「人生をうっかり過ごす」人ではなく、
女性としての人生を自分なりに精一杯生きて、
更にいろいろな疑問や不安に悩み、時に孤独を感じている女性達
ではないかと思いました。
「女と家庭とひとりの時間」を読み、今のわたしが感じる生活
そのものだと思いました。やり場のない不安、日常の不自由さなど、
もしかしてわたしだけ?と思う不安が解消されました。
ほかの章も、日にちを空けて何度か読みました。
どの章も読み終えると自分なりの意見や考えが生まれました。
それよりも、生まれた自分の考えを伝える人が身近に居ないことに
驚きました。30代はそういう年代なのかもしれませんね。
読み終えたとき、わたしの中で一つの言葉が浮かびました、
「自分を見失わない人生」
自分の価値観をいつも見失わないで過ごす人生は難しいと思う、
でも、これこそ自分の人生だと納得して終えることが出来る人生を
一人の女性としてこれからも送って行きたい。
この著書と出会い、改めて強く思いました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/3/23
形式: 単行本
 何なんでしょう・・・。
 読みながら涙が止まらなくなっちゃって。
 一度入ったお風呂に駆け込んで、湯船の中でず~っと泣いてました。
 泣いて泣いて、すごく生まれ変わった気分になりました。
 「実はあなた、心のどこかにこんな不安抱えて生きてないかしら?」
 そう問いかけられている感じで、自覚してなかった
 心の角質みたいなものがぽろぽろ剥がれる言葉に
 次々に出会いますわよ。
 自信を見失っている方はもちろんのことだけれど、
 「私は、うっかり人生がすぎてしまうような生き方してないもん。」
 そう思ってる人にこそ読んでほしい本。
 「あぁっ!」と声をあげたくなることが何回も出てくるはず。
 心のピーリング剤になる一冊ですわ♪
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/11/29
形式: 単行本
夫婦、子供、家庭、仕事、いい女でいること。
毎日毎日の繰り返し、日常にどんどん鈍っていく自分。
たぶん私は著者のように厳しく自分を見つめられないかもしれないけれど、でも、もうちょっと頑張ろう!と思いました。
すんなり入りにくい文章だけど、いい女でいたい人にはヒントがいっぱいっていう感じです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
タイトルを読んだとき、自分のために書籍をチェックする女性に
人生をうっかり過ごす人が、いったいどれほど居るのだろうと
疑問に思いました。そう思いながら内容を読み進めていくと、
女性としての人生に素直に向き合う著者の考えや、心に響いた
フレーズが本当に必要なのは、「人生をうっかり過ごす」人ではなく、
女性としての人生を自分なりに精一杯生きて、
更にいろいろな疑問や不安に悩み、時に孤独を感じている女性達
ではないかと思いました。
「女と家庭とひとりの時間」を読み、今のわたしが感じる生活
そのものだと思いました。やり場のない不安、日常の不自由さなど、
もしかしてわたしだけ?と思う不安が解消されました。
ほかの章も、日にちを空けて何度か読みました。
どの章も読み終えると自分なりの意見や考えが生まれました。
それよりも、生まれた自分の考えを伝える人が身近に居ないことに
驚きました。30代はそういう年代なのかもしれませんね。
読み終えて、私の中で一つの言葉が浮かびました。
「自分を見失わない人生」
自分の価値観をいつも見失わないで過ごす人生は難しいと思う、
でも、これこそ自分の人生だと納得して終えることが出来る人生を
これからも一人の女性として送って行きたい。
この著書と出会い、改めて強く思いました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー