通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
うちの母ってヘンですか? (Akita Essay... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆カバーに軽い傷み少々、小口に薄ヤケ少々あり ◆その他は目立った傷み・強いヤケ等はなく概ね良好です ◆2014年初版/帯なし ◆除菌クリーニング済/ご注文確定後2日以内に発送 ◆不備等がございましたら評価前に当店にご連絡いただければ迅速に対応させていただきます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

うちの母ってヘンですか? (Akita Essay Collection) コミック – 2014/9/16

5つ星のうち 4.2 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 918
¥ 918 ¥ 519
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • うちの母ってヘンですか? (Akita Essay Collection)
  • +
  • 母がしんどい
  • +
  • それでも親子でいなきゃいけないの? (akita essay collection)
総額: ¥2,864
ポイントの合計: 87pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

帯付き。表紙カバーに小キズあります。中ページ、使用感少なく状態は良好です。 ★中古品になりますので経年劣化・使用感のある場合がございます。お読みいただく分に支障はございませんが、ご了承の上お買い求め下さいませ。


登録情報

  • コミック: 122ページ
  • 出版社: 秋田書店 (2014/9/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4253107346
  • ISBN-13: 978-4253107341
  • 発売日: 2014/9/16
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 2 x 14.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
「母がしんどい」も重かったけれど
この本も深い内容でした。
私は毒母、毒姉で大変だったので
重なるところが多く
何度読んでも
前に見落としている点に気付きます。
私は小学生の時から
母を変だと思っていました。
狂って暴れたりして家族で部屋に閉じ込めたこともあります。
実家は地方で、私は首都圏在住です。
大学卒業後家出をし、母が執拗に追いかけてくるから
引っ越しても住民票は変えずにやっていましたが
不便なことも多く
住民票を移す時に
警察署に相談に行きました。
ドアをぶち破って入ってくるから
目の前で現れただけで通報できるようにしつこく頼みました。
最初警察は「来ないでください、と言えばいいだけでは?」でしたが
「分かりました。」となりました。
やはり私の住民票はまめにチェックしていたみたいで
すぐに上京しようとしていたらしく
親戚に根回ししていたから
「警察を呼ぶ手配をしているから行くな!」と抑えました。
ちなみその1年前に
母が周囲に聞き込んで私の情報収集をしていて、
私のよく行く場所を知り、
母が上京してそこに来ました。<
...続きを読む ›
コメント 127人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
虐待家庭で過干渉な毒母に育てられたので、参考となりそうな情報源として、買ってみました。
いやあ、読んでみて、よかったです。
遊園地のコーヒーカップの喩えは、「まさにおっしゃる通り」という感じでした。
本来、娘が自分で好きなように回すべき、娘の人生そのものの喩えであるコーヒーカップに、自分が積極的にしゃしゃり出て乗り込んで行って、「あなたのため」と言いつつ娘のかわりにブンブン回す母のイメージは、あまりにうまく当てはまっていて、笑えました。
コメント 82人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
私は子供のころからとんでもない環境で育ちました。とんでもない、と言っても私を基準にしたものであって同じような境遇の方々からしてみたらまだ軽かったり、逆に重すぎたりするかもしれませんが。

私の母は私が子供のころ、

私が一言話すと何倍にもなって母の基準に照らした意見が返ってきた。
私が母の目の前で勉強をしようとしているのに「勉強しなさい!」と繰り返し言われた。逆にやる気がなくなりましたが…。
「あなたのためを思ってやっているのよ。」と言う反面、私が傷つくような虐待的な言葉で罵った。
両親(特に母)が絶対的な存在で私の意見、行動を認めず、批判し、服従させようとした。
母が想い描く進路=価値観(受験や就職など)を私に押し付けようとした。

私にとっての昔の母は、現在になってもそのまま記憶に残っています。

きっと、この本の内容に対する感じ方は様々でしょう。その感じ方は、興味深かったり、笑えたり、怖かったり、何とも感じなかったり(普通だと感じたり)、何という内容だと憤りを覚えたり、と多種多様だと思います。また、読者の年代によって感じ方に違いが出てくるかもしれませんし、そうでないかもしれません。
私が感じたのはコミカルな部分には笑えるものの、大部分は恐怖が支配し
...続きを読む ›
コメント 139人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 m 投稿日 2014/9/28
形式: コミック Amazonで購入
漫画だけど、深く考えさせられる。
子育てしてる人は一度読んだ方がいいかも。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
毒親という言葉が段々有名になって
きた最近ですが、この本はまさに毒親もの。
同著者の「母がしんどい」よりライトで読みやすいと感じた。深刻さより毒親あるあるというか…。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
うちの母とよく似たシーンの連続で、小さい頃の回想をしながら、そばにいる主人に聞いてもらいながら(笑)読み終えました。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kenken 投稿日 2014/11/22
形式: コミック Amazonで購入
過干渉毒母の短編(実話)が揃っており、中には本当にひどい家庭も世の中にあるのだな…と改めて現実を知らされました。放任型の毒母編もあれば次回読んでみたいです。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
文章にしたら、とてつもなく重く暗くなる体験談を、ラフな絵で、辛くなり過ぎないようにしてるだけ。自分の家庭は普通で、自分が幸せだと確信できてる人が読んだら、理解不能で不愉快になるでしょう。
しかし、世の中には凄い母親が大勢いるんですねえ。私の母や叔母に当てはまる点もあったけど、うちはまだまだマシでしたね。母自身が働いてて、娘にべったりできないと言うのもあったと思います。
作中の母親達は、多分専業主婦ですよね?だから、子供への影響力も大きいのでは?
毒母達は、それぞれ極度の潔癖症や強迫神経症等の精神疾患を抱えてて、結果、我が子を傷付ける。しかも代を重ねて。かなり根深い問題です。
「どんな親でも、育ててくれたんだから感謝しろ」と言う決まり文句は、一種の呪詛です。幼児虐待事件の被害者に、その台詞が言えるでしょうか?
私の母は、「女は結婚して半人前、子供を産んで一人前」と言ってました。母自身がそう言われて育ったんでしょう。確かに一理ありますが、子供産んでも大人に成りきれていない女性なんて山ほどいるでしょ。モンスターペアレントがその最たる者。
この体験記を普通だと思う方もまた毒母に侵されてるのに、自覚がないんでしょうね。それはそれで幸せと言えるのかな?
男性の体験談、母親に対する考えの違いは、男女の違いと思われます。男性の体
...続きを読む ›
10 コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック