Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,210
ポイント : 7pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[アケミン]のうちの娘はAV女優です (幻冬舎単行本)
Kindle App Ad

うちの娘はAV女優です (幻冬舎単行本) Kindle版

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,210
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 930

商品の説明

内容紹介

AV女優は、親も応援する普通の職業になったのだ。「裸を売る仕事」をめぐる親子関係、価値観の変容を浮き彫りにする衝撃作!

「お母さん、ごめんね。
……でもどうして、謝らなくちゃいけないんだろう。」
―――紗倉まな(AV女優)

「AV女優は別世界の存在ではない。
彼女たちの言葉には、常に現代社会が映し出されている。」
―――中村淳彦(ルポライター)
 性業界には、現在の変化がもっとも速く、顕著にあらわれる。では、親が応援するAV女優が増えていることは、何を意味するのだろうか。
本書は、「カラダを売る仕事」をめぐる社会の価値観、親子関係の変化を10人のAV女優のインタビューから浮き彫りにした。
同時に、彼女たちの言葉をよりわかりやすく理解するために、「AVアイドルの存在」「ギャラの実情」「女性たちの好奇心」など、「AV女優の仕事環境」がわかるコラムを収録。
女性たちの生き様、性に対する価値観はさまざまで、一筋縄ではいかない。それは本書のAV女優たちの言葉にもあらわれている。ある人にとっては、たくましい女性たちに思えるだろうし、ある人にとっては、彼女たちの性に引きずられることにいたましさを感じるかもしれない。
ただ、彼女たちの徹底したプロ意識には誰もが驚かされるのではないだろうか。
ここに「親公認」が生まれる理由があるのかもしれない。
現代の性意識の最先端を読み取れる衝撃の一冊。
・「親公認」は売れるAV女優の必須条件。
・事務所へのお中元、お歳暮を欠かさない母親
・父の暴力とお金のない家。母を守りたい一心だった娘
・ファン向け動画についてアドバイスする父親
・不特定多数を相手にする風俗よりAVのほうが安心だという親
・52歳の人気AV女優が父親に打ち明けた理由……

内容(「BOOK」データベースより)

「親公認」は売れるAV女優の必須条件だ。事務所へのお中元、お歳暮を欠かさない母親。父の暴力とお金のない家。母を守りたい一心だった娘。ファン向け動画についてアドバイスする父親。不特定多数を相手にする風俗よりAVのほうが安心だという親。52歳の人気AV女優が父親に打ち明けた理由…「裸を売る仕事」をめぐる親子関係、価値観の変容を浮き彫りにする衝撃作!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 3513 KB
  • 紙の本の長さ: 149 ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2016/1/11)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N6GC5YZ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 29,271位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
AV女優の味方、家族とのあり方等色々かいま見れる面白い本です。
見方も変わると思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
タイトルから親の目線でのルポかと思ったが、著者はメーカー側。いくつかの女優から語られるものであった。親世代の私からすれば、理解することができたとしても感情が拒否する。女優の彼女らは必死に自己を肯定しながらもがいていることや、過去と価値観も一変し誰でも職業として選んでしまうかもしれないボーダーレスな社会にいるが、やはり生育途中に大変な心の傷を負ったことが現在に繋がっている。小学生の娘に中出しする学校教師の父親と娘の股間から垂れる白い液体にさっき出されたばっかりね、と呟く母親。世も末だ。どうか彼女たちに幸あれ、と祈らずにおれない。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「この仕事に関して親はなんて言ってんの?」
普通だったら聞くことすら無いような質問だけど、この世界においてはなんとなく”親の話”はデリケートなものを孕んでいそうでなかなか聞きにくい。

かつて私も友人がAV女優だったと知った時は、どれだけ親交を深めても周りの反応(特に親)について、聞く勇気が無かった。

でも本当は、ものすごく知りたい。

なので、この本がズバリ「親バレ」について、中には顔出しまでして話しているのを読んで、素直に「ここまで話してくれるものなのか」とビックリした。
そして「よくぞ聞いてくれた!」とも思ってしまった。

ここに出て来る女の子たちにはこの世界に入るまでにもそれぞれ事情があって、中には複雑な家庭環境や金銭問題を抱えていたり、闇の部分が無いとは言いきれないけど、それを乗り越えている彼女たちのある種の強さと、殺伐としすぎていない文面に救われる。

娘の幸せを願いつつも納得できない親の葛藤、自分の選んだ道を後悔したくないと言いつつも親の望むものでは無かったことに「悲しませてしまったな…」と思う娘の心。

親ならば何が何でも止めるべきなんじゃないのか、だけど止めるほどにヒドい職業なんだろうか、現に彼女たちは親にバレてもこの仕事を
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
娘の仕事がAV女優であることを正直に話したら最初は両親とも驚かれますが次第に応援を受けるようになります。娘のストリップ劇場への出演にも両親揃って応援に駆け付けます。ファンミーティングも行きます。意外と真面目なAV女優の娘さんです。その辺の娘よりもまじめでしっかりとした人生設計を立てています。感心しました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover