通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
うたかたの日々 (ハヤカワepi文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 もんぺ商店
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 迅速かつ丁寧な対応を心がけます。<!状態の基準!> 【非常に良い】=表紙カバーに細かい目立たない傷がある場合があります。ページには、折れ書き込みが無い状態です。【良い】=表紙カバーに小さい1cm以内の破れ、折れがある場合があります。ページには目立たない日焼けがある場合があります。全体的に使用感を感じます。【可】=表紙カバーがない場合もあります。ページには、書き込み、シミなどの汚れがありますが、判読には支障がないと判断した商品です。<梱包> 消毒・クリーニング後、OPP(プラスチック素材の梱包材)に密閉し、配送します。※詳しくは、出品者にお問い合わせください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

うたかたの日々 (ハヤカワepi文庫) 文庫 – 2002/1

5つ星のうち 3.3 15件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • うたかたの日々 (ハヤカワepi文庫)
  • +
  • 日々の泡 (新潮文庫)
  • +
  • 心臓抜き (ハヤカワepi文庫)
総額: ¥2,084
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

小さなバラ色の雲が空から降りて来て、シナモン・シュガーの香りで二人を包みこむ…ボーイ・ミーツ・ガールのときめき。夢多き青年コランと、美しくも繊細な少女クロエに与えられた幸福。だがそれも束の間だった。結婚したばかりのクロエは、肺の中で睡蓮が生長する奇病に取り憑かれていたのだ―パリの片隅ではかない青春の日々を送る若者たちの姿を優しさと諧謔に満ちた笑いで描く、「現代でもっとも悲痛な恋愛小説」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ヴィアン,ボリス
パリ郊外生まれ。39歳の若さで死ぬまで、作家、詩人、画家、劇作家、俳優、歌手、ジャズ・トランペッターなど20以上もの分野で旺盛な活躍をみせたマルチ・アーティスト。アメリカのハードボイルド小説、SF、ジャズを愛し、母国への紹介につとめ、同時に多大な影響も受けた。だが、文学者として名声を得るのは死後数年してからのことであった。ヴィアンが“サン=ジェルマン=デ=プレのプリンス”として君臨した時代から見守ってくれたサルトルやボーヴォワール、コクトーといった作家たちの支持によって、60年代後半のフランスは爆発的なヴィアン・ブームに沸いたのである。すべてのルールと理論を拒否し、自由自在な言語表現に徹した彼の文学は、若い世代を中心に現在も広く読まれている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 292ページ
  • 出版社: 早川書房 (2002/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4151200142
  • ISBN-13: 978-4151200144
  • 発売日: 2002/01
  • 商品パッケージの寸法: 15.6 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 252,437位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
読む人を選ぶ作品だと思う。

「ライターに太陽の光を数適たらしこむ」。
こんな表現にピンと来れば読むのをおすすめするし、意味不明と思うなら読まない方がいいかもしれない。

世界はことごとくいかれていて、残酷な童話のようだ。
すぐ人は死ぬし、死に方もいちいち異常。
むしろ主人公6人だけが普通というか、世界にそぐわない純粋さを持っている。
それが「若者」であり、「青春」ということだろうか。

掛詞や造語などの言葉遊びがこの作品の魅力のひとつでもあるのだが、原書で読めない日本人にとっては、どうしても分からないニュアンスがある。
「我輩は猫である」が「I am a cat」になると、妙に脱力してしまうのと一緒で。
本当はもっとおもしろいんだろうなあと思うと、残念でならない。

それでも、奇想天外な世界観は十分に楽しめる。
特に、主人公コランの作った「カクテル・ピアノ」は秀逸。
本気でほしいと思ってしまった。

恋愛と表現と世界観を楽しめる人は、ぜひご一読を。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
独特の文体とユーモア、皮肉でつづられた、ある若いカップルの美しく悲しい物語。ボリスヴィアンのユニークでつきぬけた表現とロマンチックなストーリーが読み手を、どんどん引き込んでいく。パリの街角でうまれたコランのクロエへの恋が愛へとかわっていき、その愛がかなしい結末を迎える様子をこんなにも美しい文章で綴ったボリスヴィアンがうらやましくてたまりません。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
不思議な世界で不思議な恋愛を繰り広げるコランの悲しい、それでいてユーモアたっぷりの小説。ヴィアンは多方面で活躍したマルチアーティスト。残念なのは翻訳がとてもひどいこと。矛盾をはらんでいても気付かずに訳し飛ばしてしまっている箇所があってそれが原文のシュールレアリズム感覚なのか、誤訳なのかを伺い知れない場合もあるのだと思います。だから別の翻訳者で別の出版社から出ているのでしょう。優れた作品を駄目にする翻訳は文学的大罪です。作品は良い作品です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
恋とジャズを信奉したフランス人ボリス・ヴィアンが、パリを舞台に描いた恋愛小説です。
1947年に出版された本ですが、今読んでもそのポップで透明な文体と独創的な想像力の描く世界観は、
読み手を引きこんで止みません。

主人公コランとクロエが出会い恋に落ちる物語の前半は、少年少女の奇想天外で可愛らしい空想や、
カクテルピアノのような遊び心のあるアイテムが次々とジャズの調べのようにテンポ良く繰り出され、
世界の全てが無条件に二人を祝福している幸福なファンタジーのように展開していきます。

ですがクロエがこの小説の代名詞ともいえる心臓に睡蓮が生える病によって物語が一転すると、
そこから恋愛小説史上で最もせつなく、そしてあまりにフランス的とも言える残酷な結末につながっていきます。

若い日の恋愛の光と影のコントラストを、これほど透明に、やさしく、それでいて突き刺さるように描き切った作品を
私は他に知りません。若い人に是非薦めたい一冊です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
作品全体に流れる透明感は一体どこから来るのだろう。
青春の日々の苦悩、挫折、不信、別れを描いた作品であるにもかかわらず、
読後感が清涼なのは誠に不思議である。ポップなカフェ文学とでも言うのだろうか。
翻訳における文体や単語が多少読みにくいが、台詞は、フランス映画のそれ。
いずれにしろ、時代を問わず青春の日々に共通する短絡的、自虐的な精神構造と恋愛の美しさという相反する要素が見事に絡み合って、独特の世界を描き出している。20世紀最強の恋愛小説である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/7/16
形式: 文庫
読んでほしいのは高校生。
高い本でもないので、買って、いちど読んでみてほしい。
文章は案外読みにくくもないし、文体に填る人も(必ず)いると思う。
途中で飽き飽きしてきて、ベッドのすみに投げておいてもかまわない。
いつか、まるで本のことなど忘れて辛い恋愛をするときがある。
そんな恋愛も忘れて、楽しく暮らす日々がある。
あるときふと思い出して、本腰を入れて読みはじめる。
なんだか思っていたよりずいぶんとすらすらと読めるものだ。
切なさが甘く、思い出される瞬間があると思う。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー