通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
+ ¥270 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品として概ね良好な状態です。新品ではございませんので、多少の擦れや焼けなどがあることがございますが、通読に問題のない状態です。帯は基本的に付属いたしません。値札が付いている場合もございますが、ご購入の金額とは差異がある場合がございますがご了承ください。ゆうメールにての配送になりますので、ポスト投函となります。追跡番号はございませんのでご了承ください。昨今の郵便事情もあり、発送までに3日程度の期間を設けさせていただいております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

うそつき―うそと自己欺まんの心理学 単行本 – 2002/4/1

5つ星のうち4.4 6個の評価

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,980
¥1,980 ¥199

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • うそつき―うそと自己欺まんの心理学
  • +
  • 文庫 他人を支配したがる人たち (草思社文庫)
  • +
  • 文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)
総額: ¥3,905
ポイントの合計: 39pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

商品説明

   人は誰しもうそをつく。わかりきったことのはずだが、あらためて突きつけられると、戸惑いやひるみを覚えてしまう。それほど、「うそ」は人間にとって扱いのむずかしいテーマなのだろう。

   その問題に正面から取り組んだのが本書。精神科医・大学教授である著者は数多くの研究を参照し、あらゆる角度から「うそ」の実体を探りだそうとする。科学的な興味を満たしてくれるのはもちろんだが、著者の成熟した人間観が随所にうかがえ、哲学的にも含蓄に富んだ書物となっている。

   まず目を引かれるのは、本書がうそというものに対して道徳上の判断を持ち込んでいないことだ。うそは「人生の主要部分、おそらくは中心部分をすらなすもの」で、それが善か悪かはあくまで他者との関係において決定されるという。うそを覚えるのは、人間の成長上重要なプロセスであり、いうまでもなく、対人関係を円滑に運ぶためにもうそが不可欠だ。また、自負心や精神の平衡を保つには自己欺瞞(ぎまん)が必要で、多くのうつ病患者は、自分自身にうそをつくことが苦手だとされる。

   といって、当然ながらうそを称揚しているわけではない。その危険性についてもじっくり検証し、慢性的にうそをつく子どもは将来犯罪に結びつきやすいとか、うそつきには遺伝的傾向が見られるといったいささか深刻な研究結果も披露している。また、「氏名・身分詐称(インポスチャー)」、大げさに病気をよそおい、空想虚言をろうする「ミュンヒハウゼン症候群」など、病的な症状についても取り上げ、医学・心理学の両面から考察する。読み進むほどに、人間の心がどれほど果てしない謎に満ちているかを思い知らされる。

   実際、われわれの生活は数えきれないほどのうそに囲まれている。だからこそ、そのひとつひとつが人間を知る手がかりなのだ。友人や家族のうそを責める前に、もう一度相手のことを見つめなおしてみるとよいかもしれない。ただし、こんなことを言ってられるのも、それが悪質なうそでなければ、の話だろうが。(大滝浩太郎)

内容紹介

だまされているのは、あなた自身だ――。儀礼的なうそから病的なうそまで、あらゆるうそを検証し、うその見破り方、うそつきの治療、自己欺まんの功罪など、すべてがわかる決定版!

うそのすべてがわかる決定版!

●本書から
 ・人は自負心を保つために自分にうそをつく。
 ・自分にうそをつくのが下手な人は、うつ病になりやすい。
 ・人はうそをつく能力は高いが、うそを見破る能力は低い。
 ・警官、税関検査官などのうそを見破る能力は、一般人となんら変わらない。
 ・権力を求める政治家には自己愛的な人が多く、その人格特性がうそを助長する。
 ・病的なうそつきは、脳の機能不全と関連のあることが多い。
 ・うそが非道徳的とされているのは、権力構造の維持に役立つからである。
 ・集団内で相互に強化される自己欺まんが、最も恐ろしい問題をひきおこす。
 ・うそは人間関係の調整、不安や苦痛への対処、種としての存続、そして個人として栄えるために不可欠の要素である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 366ページ
  • 出版社: 草思社 (2002/4/1)
  • ISBN-10: 4794211341
  • ISBN-13: 978-4794211347
  • 発売日: 2002/4/1
  • 梱包サイズ: 19.3 x 14 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 42,324位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
評価の数 6
星5つ
72%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
28%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

6件のカスタマーレビュー

2016年2月2日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2016年5月11日
形式: 単行本Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年10月30日
形式: 単行本Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年1月14日
形式: 単行本Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年8月16日
形式: 単行本Amazonで購入
2004年7月31日
形式: 単行本
31人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告

この商品のレビューをもっとご覧になりますか?