通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
うずら大名 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーによれ、折れ、擦れあり。底部にキズあり。包装後、都内より発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

うずら大名 単行本(ソフトカバー) – 2015/9/25

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 228

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • うずら大名
  • +
  • 明治・金色キタン
  • +
  • 明治・妖モダン
総額: ¥4,428
ポイントの合計: 135pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

正体不明の“大名"と泣き虫の村名主が江戸を揺るがす難事件に挑む!

若き日に同じ道場に通った貧乏武家の部屋住み・有月と百姓の三男・吉也。
金もなく、家にも町にも居場所がなく、この先どうやって生きていけばいいのかと
悩む日々を共に過ごしてきた。
時は流れ、吉也は東豊島村の村名主となり吉之助と改名。
ある日、大名家へ向かう途中に辻斬りに襲われるが、
「御吉兆ーっ」という鳴き声とともに飛び込んできた白い鶉とその飼い主であるお武家によって命を救われる。
お武家の正体は、十数年ぶりに再会した有月だった。
涼やかな面で切れ者、剣の腕も確かな有月は大名を自称するが、どう見ても怪しく謎めいている。
そんな有月と勇猛果敢な鶉の佐久夜に振り回されながら、吉之助は江戸近隣で相次ぐ豪農不審死事件に巻きこまれていく。
一つ一つの事件を解決するうちに、その背景に蠢く、江戸城を揺るがす恐ろしい陰謀が明らかになり――。
新しい畠中ワールドの幕開けとなる、痛快時代小説の誕生です!

内容(「BOOK」データベースより)

金なし、剣の才なし、家にも村にも居場所なし。百姓の三男だった吉之助が持っていたのは見えない明日への不安だけ。「この世を、ひっくり返せますかね」道場の同門、貧乏武家の有月にそう問いかけてから十数年。見えない明日は守るべき今日となり、運命はふたたび二人を結びつける。この出会いは吉と出るか?凶と出るか?正体不明の自称“大名”有月と泣き虫の村名主・吉之助。そして、勇猛果敢な鶉の佐久夜。二人と一羽が幕府を揺るがす陰謀に挑む。太平の世か、戦国か。今、江戸は天下分け目の合戦の時!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 328ページ
  • 出版社: 集英社 (2015/9/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087716287
  • ISBN-13: 978-4087716283
  • 発売日: 2015/9/25
  • 商品パッケージの寸法: 19.3 x 13.6 x 2.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 121,663位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0

トップカスタマーレビュー

投稿者 Amazon カスタマー 投稿日 2015/10/22
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
何と言うか、鶉の活躍は可愛いです。しゃばけを初めて見た時のようなグイグイ引き込まれるような内容とは違いました。安心して読める、ホンワカ事件物。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
豪農の吉之助が襲われ、危ないところを救ったのは何とも偶然、
武家や百姓の次男坊や三男坊が暇にまかせて通っていた、かつての
剣術道場の仲間、有月だった。
士農工商の上にたつ侍も、大名から御家人まで格式ばかり高くて
ふところは、さびしい。
あっちこっちから金を借りて、内実は火の車というところも多い
そうだ。
ところで、有月がふところに入れているのは、金ではなく白いウズラだ。
巾着に入れて持ち歩き、ときどき外に出ては「ぽぽぽ」と歩き、
良いことがあると「ご吉兆!」と鳴く。
その名も「巾着ウズラ」!
頭が良いのか、なかなかの活躍だ。
鳩だってふところに入るのだから、ウズラでも大丈夫だろう。
なかなか、かわいい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
おかしいな。こんなにキャラクターが魅力的だし、設定も面白いのに、なぜか読みづらい。こんなにつっかえ、つっかえ読んだ時代小説は初めてかも。この作者のほかの作品はサラサラ読めたのだが。きっと作者もつっかえつっかえ苦しみながら書いたのでは、と思わせます。作者の一人よがりの文章を治すためにもう少し編集者が頑張ってもよかったかも。
装丁の絵が素敵なので、手に取ってしまいました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す