Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 200

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[香中 信二]のうぇるかむ! 冒険者ギルドへようこそ (impress QuickBooks)

うぇるかむ! 冒険者ギルドへようこそ (impress QuickBooks) Kindle版

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 200

【無料配信】
東京の多様な地域特性、都市構造、都民のライフスタイルなどを考慮してつくられた、完全東京仕様の防災ブック。知識をつけるだけではなく、今すぐできる具体的な“防災アクション”を多く掲載。Kindle版でいつでもどこでもチェック可能! 今すぐチェック
【マイクロコンテンツ】: 長さも価格もお手ごろなマイクロコンテンツで、気になるトピックをチェック 。 マイクロコンテンツのタイトル一覧 へ

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。


商品の説明

内容紹介

「ライトなラノベコンテスト(※)」二次審査通過作品!
※livedoor Blog&impress QuickBooks主催・2014年3月結果発表。
応募時よりもさらにパワーアップした作品をお楽しみください☆
本文にも表紙イラストを収録。挿絵は未収録です。

●うぇるかむ! 冒険者ギルドへようこそ

<あらすじ>
マジックアイテムコレクターのアレス=ミライが運営する「冒険者ギルドMAS」は、人々の困りごとを解決するため、様々な依頼案件を請け負っている。
ある日、ネコミミ少女のイーリスが雇って欲しいとやってきた。
悪魔退治の経験がある彼女は、高い戦闘能力でテストに合格し、ギルド――いや、家族の一員となったが……

<審査時の講評より>
アットホームで幸せな気持ちになれるお話。アイコン的萌えキャラが多数登場して華やかで良い。キャラ同士のやりとりもクスリとさせられる所が多く、主人公のアレスの苦労性で常識人な所と、周囲のメンバーのハチャメチャ振りな点との対比が面白い。

<著者>
香中 信二(こうなか しんじ)
大阪生まれの大阪育ち。関西在住、三児のパパ。家族とテニスと猫が好き。ライトなラノベコンテストの開催を知り、小説書いたことないけど、三万字なら書けるかも! と、勢いで執筆開始。そして完成した処女作「冒険者ギルドへようこそ」(コンテスト応募時のタイトル)が最終選考まで残り、電子書籍化されることになって、実は本人が一番驚いている。
ツイッター @parsley_n

<表紙イラスト>
shinoura

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2196 KB
  • 紙の本の長さ: 84 ページ
  • 出版社: インプレス (2014/5/15)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00K1E1YLY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 130,026位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
冒険者ギルド。いかにもファンタジーRPG的タイトルを見た方の中には
「これから始まる魔物との戦い」を想起する人もいるでしょう。
剣と魔法がぶつかり合う、激しいバトル小説かな、と。

だがこの作者の描く世界は、激しい戦いを否定していきます。
もちろん冒険者である以上きちんとクエストをこなしていくのですが
仲間同士の楽しい掛け合いで過ぎていく日々は、決して血生臭さを感じさせません。

ライバルとの戦い、そしてもちろん魔物との戦いも待ち受けていますが
主人公の機転と与えられた小道具を駆使して、危機をマイルドに乗り越えていくのです。

物語のラストで、自らの存在ゆえに追い詰められていく仲間を救うために
主人公が考え出した一手は見事の一言。

「優しい世界に生きる、優しい人間の物語」
心温まる爽やかな読後感をお約束します。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover