中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

いやでもわかる日本の経営 (日経ビジネス人文庫) 文庫 – 2004/11

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

いま日本の企業はどんな問題に直面し、何を考え、どこへいこうとしているのか。リスクマネジメント、知的財産権をめぐる紛争、新商品開発の裏話から製造現場の日本回帰、事業再生ビジネスまで、5つのトピックを、取材メモをもとにショートストーリー化。


登録情報

  • 文庫: 229ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社 (2004/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532192579
  • ISBN-13: 978-4532192570
  • 発売日: 2004/11
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,232,971位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2004/11/12
形式: 文庫
読み始めたら面白くて止められなくなり一気読み。知的財産を巡ってこのような攻防が実際に繰り広げられているとは、なんともし烈で、普段の暮らしのなかでは、想像もつかない世界を覗くことができ刺激的。主人公の決意、「ハリウッドを使いこなすプロデュサー」日本人第一号、なんて夢があるのでしょう。私も目指したくなってきたりして。視野を広げてくれる一冊。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
2004年の発行だが、現時点(2011年)でも今日的な重要テーマとして違和感なく読むことが出来る。個人的には、「中国生産で見えないコストが発生して割に合わなくなっている」とするテーマを興味深く読んだ。

具体的には、日本国内からの生産支援コストや物流インフラの不備による製品在庫の増加、売れ残りの不良在庫の処理コストなどが「見えないコスト」としてかさんでおり、中国生産のコストメリットが少なくなっているという指摘だ。

その他にも、ハイアールの「10%ルール」(作業員下位10%を毎年解雇)などの施策により、中国人労働者に協調性の精神が生まれにくくなっていることなどが説明されている。

文章は小説風で少し鬱陶しいのだが、散りばめられているトピックスは事実に基づいており、安心して読み進めることが出来る。さらっと読み流すだけでなく、じっくりと考えながら読みたい一冊、と評価しておこう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
経済についての本は多いのに、経営学についてはまだまだ未発展の部分が多く、あまり多くの書籍がありません。特に日本の風土上、危機管理に関する経営手腕が軽視されていた歴史があります。グローバル化された現在、危機管理の重要性や中国市場の発展に伴うことによる日本への生産部門の回帰等について、小説風に構成されているため、非常に分かりやすく興味を持って読み進むことが出来ました。特に中国への工場移転と日本への回帰に関しては、大変面白く、目から鱗でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
いやでも分かります。日本の経済。
主要テーマを一気に纏め上げた力作といえましょう。
大変面白い本です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告