¥ 1,404
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
いやいやえん (福音館創作童話シリーズ) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

いやいやえん (福音館創作童話シリーズ) 単行本 – 1962/12/25

5つ星のうち 4.7 71件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 291

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • いやいやえん (福音館創作童話シリーズ)
  • +
  • 子どもはみんな問題児。
総額: ¥2,484
ポイントの合計: 76pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

受賞歴

第1回(1963年) 野間児童文芸新人賞 受賞

商品説明

   主人公しげるが通う保育園のお話が5話収められている。短いお話も長いお話もあり、好きなものから読める。また、絵も多いため、簡単に読み進めることができる。

 「ちゅーりっぷほいくえん」は、しげるの保育園のことを簡単に紹介している、短いお話。「くじらとり」は、しげると保育園のお友だちが、くじらとりにでかけたお話。どこに行ったのかはないしょ。「ちこちゃん」は、しげるとちこちゃんが、保育園で机の上にのるお話。新しい子が保育園に来る「やまのこぐちゃん」は、ちょっどびっくり! 新しく来たやまのこぐちゃんは、ほんもののこぐま! しげるはなかよくなれるかな? 「おおかみ」は、おおかみがお昼寝しているところにしげるが来て…おおかみが、子どもを食べるのが大好きだって、知ってるよね? 「山のぼり」は、保育園のみんなで山のぼりにいって、まいごになったしげるが、とんでもないものにあっちゃうお話。『いやいやえん』は、しげるが「いやいやえん」っていうヘンな保育園につれてかれちゃうお話。

   ひらがなが多くて、漢字にはすべて「ふりがな」がふってあり、小学校低学年くらいから1人で読める、子どもたちに人気の童話。(つちだみき)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 180ページ
  • 出版社: 福音館書店 (1962/12/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4834000109
  • ISBN-13: 978-4834000108
  • 発売日: 1962/12/25
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 71件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,270位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
妊娠したと友人に報告したとき、
「産まれた子には『いやいやえん』を買って上げてね!」といわれたほど、
なにか、子ども心に強烈な印象を残す本のようで、我が娘もすぐはまりました。
読んでみると、内容は結構ブラックで、ドライな感じが、確かにおもしろい。
タイトルの『いやいやえん』はなんでもイヤイヤ言う主人公のしげるが
いつも通ってる保育園ではなくて、好きなことをしてもいいけど全然楽しくない
保育園『いやいやえん』に連れて行かれて、ひどい目にあう話。
『ちこちゃん』は、しげるが友だちの女の子・ちこちゃんの真似をして乱暴を
したら、なんでもちこちゃん真似になってしまう話。
ケンカやちょっとした遠足、原っぱに現れる狼、保育園にやってくる熊。
7本のお話になっているのですが、どれもちょっぴり怖くて冒険があります。
3~5歳の子にとっては、現実はまだまだ未知なることばかり。
この本は、保育園という日常に隠れてる、怖さをうまくすくって、
ファンタジーを加えているので、娘も自分に重ねて、ドキドキできるのかな。
などと思っているのですが……。
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
宮崎駿さんがトトロの本のあとがきで、「いやいやえん」を読んで驚き、児童作家になるのは諦めたと書かれていたので、どんな本だろうと興味を持ち購入しました。実際に手に取ってみると、字が中心で、挿絵は白黒だったため、4歳の息子には、まだ早いかなと思ったのですが、保育園の話だったので読み聞かせて見ました。絵本でないと興味を示さないのではというのは、親の勝手な思い込みでした。「いやいやえん」は子供の心を掴んだらしく、今一番のお気に入りになって、毎晩読まされています。特に「くじらとり」がお気に入りのようです。
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
3歳になって間もないの息子と一緒に読んでいます.今までは絵本ばかりをよんでいたので、字が多い児童書を息子が聞いていられるだろうか、まだ早いだろうな、と思いながら読んでみました.しかし、母親の心配は無用でした。最初の短編「ちゅーりっぷほいくえん」から食いついてきて、ケラケラ笑って聞いているのです。いたずらっ子で決して大人のいう「いい子」ではないしげるくんに一瞬にして感情移入してしまったようです!特にしげるくんが守れなかった約束リスト17は一つ一つ読み上げる度に大受けで、特に私が「え〜!」っていう反応をしてあげると大喜びでした。実際、息子は鼻くそをほじってなめてみたり、顔を洗うのがいやだったり、しげるくんといっしょだと思う所が多かったんでしょうね!

「やまのこぐちゃん」のお話にでてくるこぐちゃんは、表紙にものっていますが、イラストがとってもかわいらしく、息子も大好きになりました。特にこぐちゃんがパンツを頭にはき、シャツを足ではくというシーンが大受けで「やあ、くまのちゅうがえりー」という台詞のところにいくと、息子と合唱になります。そして、最後におかあさんぐまが迎えにきてくれて、こぐちゃんをおんぶして、やまゆりまちに帰っていくシーンも嬉しいらしく、私がおんぶして保育園から帰ってくると、「こぐちゃんとおんなじだね」と言って喜んでいます。

どの短編も
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
児童書が好きでたまに買います、宮崎駿氏が学生時代にアニメ化したかった作品ということを知り読んでみたいと思いました。

遠い記憶ですが、幼稚園くらいの頃にタイトルに惹かれて手に取ったが、字ばかりの本だったので読まなかった思い出があります。それも購入した理由。

正直、読んでみてもさっぱりで。まったくピンと来ない。苦痛なので途中でやめました。

ジャンル違いだが楳図かずおの「ねがい」を読んだときに同じ感覚になった。

恐らく自分はすっかり大人になってしまい、子供の感性があまり残っていないのではないかと思う。

それはある意味「健全」だと思うが、一方で寂しいとも思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
息子の子供、生まれて数ヶ月の孫娘に購入しました。
息子が小さい頃、家内が読み聞かせていた本です。
この本を見たときの息子の懐かしく嬉しそうな顔、その思い出話を嫁さんに話し、その話に嬉しそうに頷く彼女の表情に萌えました。
親子二代の絵本になりました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック