通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
いもーとらいふ (上) (電撃文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

いもーとらいふ (上) (電撃文庫) 文庫 – 2016/7/9

5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 70

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • いもーとらいふ (上) (電撃文庫)
  • +
  • いもーとらいふ (下) (電撃文庫)
総額: ¥1,231
ポイントの合計: 122pt (10%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「わたしのじんせーは、にーさんでほとんどだもん」
シスコン&ブラコンの"一生"を描く兄妹ラブコメ

夏休みの終わり。妹が俺に泣きついてきたのは、あちらが六歳で、こちらが十歳のとき。
珍しく側に寄ってきた妹の手には日記帳の表紙があった。目が合うとおずおずそれを差し出してきて、「てつだって」と、か細い声でお願いしてくる。
俺と妹の関係が始まったのは、その瞬間だと思った。
泣き虫で、根性がなくて、ぼーっとしてて、友達もいない、心配で放っておけない存在。
――それが妹だった。
「わたしのじんせーは、にーさんでほとんどだもん」
幼少時代からの成長、そして大人になるなかで選択した人生――。離れられない二人の"一生"を描く、ちょっぴり苦い兄妹ラブコメ。

内容(「BOOK」データベースより)

夏休みの終わり。妹が俺に泣きついてきたのは、あちらが六歳で、こちらが十歳のとき。珍しく側に寄ってきた妹の手には日記帳の表紙があった。目が合うとおずおずそれを差し出してきて、「てつだって」と、か細い声でお願いしてくる。俺と妹の関係が始まったのは、その瞬間だと思った。泣き虫で、根性がなくて、ぼーっとしてて、友達もいない、心配で放っておけない存在。―それが妹だった。「わたしのじんせーは、にーさんでほとんどだもん」幼少時代からの成長、そして大人になるなかで選択した人生―。離れられない二人の“一生”を描く、ちょっぴり苦い兄妹ラブコメ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 296ページ
  • 出版社: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016/7/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048922068
  • ISBN-13: 978-4048922067
  • 発売日: 2016/7/9
  • 商品パッケージの寸法: 15.1 x 10.4 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 179,216位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
相互に依存し合う兄妹の関係を、時系列で描いています。兄の視点から「世界」を見ているのですが、どこか危うさを感じさせ、読みながら不安になってしまいます。

相手の絶対的信頼を心の拠り所としてきたのに、いつの日にか自分を必要としなくなるのではないか、と一人悩み苦しむ。よくあるストーリーではありますが、作者は安易な解決をもたらすことを避け、ひたすらに試練を与えています。もちろん、愛というのは双方向的なものであって、施しや自己犠牲ではないことを主人公は見失っているだけなのだと思います。それなのに、悪い想像がさらに心を疲弊させていく悪循環に陥り、暗い未来しか見えてこない。読後は憂慮と悲観で心が満たされてしまいました。(本当にラブコメなのか?)これにより星4つにしましたが、内容は気に入っています。

もう一度お互いの心を通じ合わせて、あくまで二人で幸せになって欲しい。そう願ってはいるものの、一抹の不安もあるわけで…下は秋刊行とのことです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
『いもーとらいふ』のタイトルとは裏腹に兄である「俺」の心情が綴られる物語です。
読み終わった後は少しビターな気分になりましたが下巻が楽しみです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 他の方のレビューにあるように、小4の時に妹の絵日記を手伝って以来、友達のいない妹を放っておけなくなり、愛おしさと庇護欲の入り混じった感情のまま妹を最優先する人生を選んでしまった兄の話です。
 彼は28歳になって、25歳になった妹は『小説家になる』という夢をかなえてしまったことで自分の手から妹が離れていく苦しさから自身の空虚さに気づき、愕然とするのですがそれは一面に過ぎないと思います。
 物語では彼の苦しみに焦点を当てているのでそうなりますが、それを選んだのは彼自身であり、これまでの妹との暮らしには現在の喪失感や空虚さを補って余りある満ち足りた幸せがあったはずです。
 上巻は来年29歳を迎える兄の28歳の冬で終わっていますが、9月10日発売の下巻では更に時系列を進めるのではなく、さかのぼって妹の視点で描かれるのではないでしょうか。そうして相互の視点でこの物語を俯瞰して、お互いにわかりあって最終的にハッピーエンドで幕が閉じればいいと思っています。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
まずはじめに「これはラブコメ作品ではない」と断言しておく。
作品紹介には兄妹ラブコメとあるが決してラブコメ作品を期待して買ってはいけない。
かいつまんで書くと友達が1人もいない極度の兄依存症の妹と、結果的にそのてのかかる妹の面倒を自分が見なくてはという強迫観念に縛られ結果自身も妹依存になって人生を無為に過ごしていくという病的でおかしな兄妹の物語である。少なくとも上巻にはラブの要素は皆無である。またすべての登場人物に名前がなく「にーさん」「妹」「恋人」といった人称が用いられるためこのような文章はかなり人を選ぶ。ちなみにストーリー展開はわずか一冊のなかで小2から大学4年までのダイジェストのように早急な展開がひたすら続くためキャラクターへの想い入れなどはまったくおきない。総評として個人的にはこれは「怪作」と表現したい。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告