通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
いのちを纏う―色・織・きものの思想 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【安心で迅速なAmazon倉庫より直送】カバー、中身共に状態の良い本です。通読に問題は全くございません。 ●Amazon配送センターにて商品保管の為、ご注文後の欠品はありません。●各種お支払いOK。帯・特典・付属品などは、記載があるもの以外御座いません。●アルコールクリーニング済み。カバーに経年から来るヨゴレ、ヤケがある場合が希にございます。 線引き、マーカー引きはAmazonの本のコンディションガイドライン 【良い】に沿って出品しております。検品を実施しておりますが、まれにチェック漏れによる書き込みやシミ、ヤケ、オレ等がございますがAmazonが全面サポート致しますのでご安心ください。その際はアマゾンカスタマーサービスまでご連絡ください。【管理ID YM040518】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

いのちを纏う―色・織・きものの思想 単行本 – 2006/4/1

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 300

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • いのちを纏う―色・織・きものの思想
  • +
  • 色を奏でる (ちくま文庫)
  • +
  • 白のままでは生きられない―志村ふくみの言葉 (生きる言葉シリーズ)
総額: ¥5,400
ポイントの合計: 63pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

出版社からのコメント

【藤原書店PR誌『機』2006年4月号より】

「植物からいただく」

志村ふくみ・鶴見和子

植物から色をいただく
志村 植物染料は、全く相手任せです。そのことがだんだんとわかってきて、植
物に深入りしてくると、じゃあ、色は一体何だろうかと。何を植物が蓄えている
のか。何を人間に訴えているのか。染色というのは、単なる色を染めて、機を織
るとか、この色がいいとか、化学より植物染料の方がいいとか、そういう分け方
ではないんじゃないかと。この色の奥にある世界が少しわかりかけてきたように
も思いますが、まだわからないんです。その一番のキーポイントが緑だったんで
す。藍と黄色をかけなければ出ない。
鶴見 藍と黄色をかけた時に、初めて出てくる。だけど自然にはこんなに緑は
満ち満ちているのにね。ましてや緑って一口にいうけど、違うのよ
ね。一つ一つ違うのよ。
志村 こんなにあって、無限に変化があるのにと思いますが。さら
に、一日一日違うしね。命のきらめきのようなね。陽がさしている時と、少し
曇っている時と全然ちがいますね。形も一つ一つちがいます。同じものは
自然に一つとしてありませんね。
鶴見 それはもう色名では言えないわね、表現出来ない。ピッタリくる色名がな
いもの。いうなれば色名以上の色の違いがあるということね。
志村 色というものをもっと、単なる色彩として考えてはいけないなと思い始め
てから、いろんな色が全体に少し水準があがってきた。ただ色を出しているん
じゃないということがわかった時に、初めて植物の方がほんとの色を見せてくれ
だしたというんですか、こちらの色の見方に変化が出てきました。
 ゲーテは「植物は秘密を打ち明けてくれる」と書いているんです。人間が勝手
に木を伐って、色を出して、ああ、植物染料の色が出た、では秘密は打ち明けて
くれないんです。そうじゃなくて、植物からいただくんだ、どんな色が出るかわ
からないけども、いただくんだと思った時に初めて、植物が秘密を打ち明けてく
れ始める。植物は自分を投げ出して色をみせてくれるのです。植物に対する畏敬
の念が大切ですね。

人間と植物の魂の触れあい
鶴見 こっちに語りかけてくれる。自然と相対で沈黙の対話をいつでもしてい
らっしゃるということね。
 いつもは人間が偉そうにして、植物はこんなところにいて、バサッバサッ
と伐って、だから植物は知らん顔してますよね。だから染色というのは宗教に
近いですね。いや、そうしていただいた色を自分が着るのよ。だから今度は、こ
の皮膚と触れあって......。命と命の触れあいになるのね。化学染料ではそれが
むずかしいわけね。
志村 命と触れあってはじめて色が出てくれる。化学染料では植物繊維は染まら
ないんです。正直なものですね。今の化学繊維は、化学染料で染まるのです。
鶴見 絹とか、麻、木綿とか、それから羊毛は染まるのね。そういうものでなけ
れば、色を出してくれない、魂の触れあいがないから。
 きものというのは植物繊維で出来ているから、いつでも触れあっているのよ
ね、人間の魂と植物の魂が触れあっている。それを染めて、織った人の魂もここ
にこもっているから、いろんな魂が触れあって、毎日を生かしていただいてい
る。
志村 植物の方からおしえられるんです。それを現代は全く抹殺して魂の触れあ
いなんてありません。
鶴見 化学繊維だったら、魂はどこにもないわね。(構成・編集部)

(しむら・ふくみ/染織家・人間国宝)
(つるみ・かずこ/社会学者)
※全文は『色の思想/きものの思想』に掲載

内容(「BOOK」データベースより)

長年“きもの”三昧を尽してきた社会学者と、植物染料のみを使って“色”の真髄を追究してきた人間国宝の染織家。植物のいのちの顕現としての“色”の思想と、魂の依代としての“きもの”の思想とが火花を散らし、失われつつある日本のきもの文化を、最高の水準で未来へと拓く道を照らす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: 藤原書店 (2006/4/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4894345099
  • ISBN-13: 978-4894345096
  • 発売日: 2006/4/1
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 417,495位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2006年5月17日
形式: 単行本
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2008年1月31日
形式: 単行本
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告