この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

いのちの初夜 (人間愛叢書) 単行本(ソフトカバー) – 2010/2/1

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,420
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者について

北條民雄(ほうじょう・たみお) 1914年―1937年。朝鮮の首都京城生まれ。徳島県に育つ。 20歳の時にハンセン病を発病。入院後、本格的に創作を開始した。 1936年『いのちの初夜』で第二回文學界賞を受賞。結核のため夭折した。 他に『癩家族』『癩院受胎』など


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 144ページ
  • 出版社: 勉誠出版 (2010/2/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4585012435
  • ISBN-13: 978-4585012436
  • 発売日: 2010/2/1
  • 梱包サイズ: 19.7 x 13.1 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 572,679位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
19歳でハンセン病を発病し、昭和9年に21歳で療養所に入院、昭和12年に亡くなるまで療養所で作品を書き続けた北条民雄の3作が収録されています。

「いのちの初夜」(昭和11年)、「望郷歌」(昭和12年)、「吹雪の産声」(昭和13年)

「いのちの初夜」はずしっと重いです。
社会的な生きる希望を失い、おのれの肉体も失われていく、それでも生きざるをえない。「生きる」意味を問いつづける。
ハンセン病患者でなければ書けない作品ですが、作品が問う生命観はハンセン病を超えたもので、現代でもその真価は古びていません。文章も平明だけにストレートに心に響きます。

心を閉ざした少年患者を描いた「望郷歌」は生前最後の作品、著者の死後に発表された「吹雪の産声」は、死を迎える親友と、療養所内での出産で「生命の連続」を描いた作品です。

いずれも角川文庫にも収録されていますが、本書は文庫本に比べると字も大きく行間も広くて読みやすいです。
旧仮名遣い、新漢字表記ですがルビは少ないです。

なお「いのちの初夜」は「日本近代短編小説選〜昭和篇1〜」(岩波文庫)にも収録されており、こちらも字が大きく注釈なども充実しているので良いかもしれません。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す