通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
いのちのハードル―「1リットルの涙」母の手記 (幻... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ☆中古品につきカバーに若干のスレ・劣化がありま す☆除菌作業を行い、迅速に発送致します☆付属品 (CD・DVDなど)は別途記載ない場合は、付属して おりません。☆中古品につき、表紙が表示と異なる 場合があります。発送には、郵便局のゆうメールを 使用します☆万が一商品に不備があった場合は、 メールにてご連絡ください。対応させていただきま す。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

いのちのハードル―「1リットルの涙」母の手記 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2005/2

5つ星のうち 4.4 26件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,258 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 576
¥ 576 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • いのちのハードル―「1リットルの涙」母の手記 (幻冬舎文庫)
  • +
  • 1リットルの涙―難病と闘い続ける少女亜也の日記 (幻冬舎文庫)
  • +
  • ラストレター―「1リットルの涙」亜也の58通の手紙 (幻冬舎文庫)
総額: ¥1,646
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

全国読者の感涙を誘ったベストセラー「1リットルの涙」の少女が亡くなってから1年。難病と闘いながら生きることの尊さを訴え続けたわが子と共に歩いた10年間を万感込めてつづる。 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 270ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2005/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344406117
  • ISBN-13: 978-4344406117
  • 発売日: 2005/02
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10 x 1.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 116,285位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
母親の気持ちがこんなに辛いものだと思わなかった……
家族全員の間を取り持つ潤滑油のような役割でもあり
家族全員に安らぎを与える太陽のような役割でもある
もちろんではあるが、太陽は一切安らいでいない
1日1日が終えたことに安堵し感謝し、わずかの間布団に潜っては
また、激動の日常に立ち向かっていく
母親と言う存在はみんなそうなのであろうが、
「いのちのハードル」の著者の潮香さんはその究極であった
難病・脊髄小脳変性症を患う[娘]亜也ちゃんやその妹・弟、
そして夫に対して、いつも心を先回りして感謝して
毎日を送っていた。
保健士と言う忙しい仕事に就きながら
亜也ちゃんのわずかな変化を見逃さずに医者に告げ、対策を立て
自分の辛い顔を見せないように亜也ちゃんの前では化粧し
明るい服を来ていつもニコニコしていた。
読み終えて、はっきり言える事がある……
亜也ちゃんはとても幸せだったと思う
こんなに人を愛して人に愛されてたのですからね^^
でも、勘違いしてはいけない事
最近、自分の子供を殺めてしまったり暴力を振るう親がいるが
あれは、ニュースとして目立つから多いように感じるだけであって
...続きを読む ›
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 FtMtF 投稿日 2005/3/2
形式: 文庫
脊髄小脳変性症という難病におかされ、25歳の若さで夭折した「1リットルの涙」の作者、木藤亜也さんのお母様、潮香さんの手記です。
発病当初、亜也さんには告げられなかった病名とその予後を知って苦しむお母様(潮香さんはプロの保健婦(現在は保健師、でしょうか?)でした)の思い、非常に利発な少女であった亜也さんが養護学校への転校を強いられた時の屈辱、病状が進みペンを持つことさえ叶わなくなった後の亜也さんの気持ち、そして亜也さんが天国へ「お嫁」に逝ってしまうまでの日々を描き、「1リットルの涙」の内容を補完するだけでなく、家族の苦悩と愛情を綴った、感動的な作品です。
亜也さんのホームタウンである豊橋を中心とした東海地区では早くから話題になった作品ですが、昨年待望の映画化が実現し、全国各地で上映が予定されているとのことで、私も早く観たいと思っています。
特に胸が締め付けられるようなエピソードは、彼女の死の半年前…食べ物を飲み込む機能を失った亜也さんに、医師は胃に直接管を差し込んで栄養補給する方法を説明します。その時亜也さんは既に他人に自分の意志を伝える能力さえ奪われていたのですが、この件に関しては残された表現力の全てを以ってこれを拒否します。お母様は「これは亜也の独立独歩宣言だ」と考え、自立した大人の女性として天国へ「お嫁」に逝かせてやりたいという、最期の望みをかなえ
...続きを読む ›
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
こんなに涙が溢れてきた本は初めてです。
ドラマでやると聞いて買ってみたのですが、最初は、
「いつもみたいによく分かんないで適当に読んじゃって終わるんだろうなぁ~。」
って思ってたんです。
でも、1回読み始めたら止まらなくて・・・。
何かこみ上げてくるものがありました。
「私はこのままでいいのだろうか。」
《いのちのハードル》は亜也さんのお母さんが書いたもので、亜也さんが病気になった時から亡くなるまでの、自分の気持ちや亜也さんのこと、家政婦さんのこと、家族のことなどが書かれています。
最後の方がすごく痛々しく、涙が溢れてきました。
病気と闘っている亜也さんの姿にとても感動させられました。
「今生きている自分を一生懸命生きたい。」
と考えるようになりました。
1度は読んでほしいお勧めの本です。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 パティ 投稿日 2006/1/24
形式: 文庫
ドラマを見て、本を読んでみたいと思ったが、本を買うまでに悩んだ。とてもとても重いテーマだ。悲しくてつらい内容だと知っていて、ドラマよりももっと詳しく知るのに、心の準備が要った。

病気のため、体の運動機能が動かなくなり、筋肉も弱まり死に至る。しかし、脳は健全であり、それがあまりにも残酷である。人は、病気になると、気力も精神力も弱まり、何もかも投げ出したくなると思う。それを、亜矢は真っ向から立ち向かい、闘い続けた。強い強い人間だと思った。

そして、亜矢を支え続けた母親を始め、家族は素晴らしいと思う。母も、強い人だと感じた。多くの人をこの「1リットルの涙」で励ますことが出来たのは、亜矢、家族の心の強さだと思う。そして、病院のスタッフや、家政婦さん。彼らにも素晴らしい人と、思いやりのない人、同じ人間でも、こんなにも差があるものだと思った。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック