Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 97の割引 (15%)

(税込)
ポイント : 113pt (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[奥浩哉]のいぬやしき(4) (イブニングコミックス)
Kindle App Ad

いぬやしき(4) (イブニングコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.3 27件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] いぬやしき(イブニングコミックス)の7の第4巻
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 637 ¥ 1

紙の本の長さ: 192ページ

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ



商品の説明

内容紹介

犬屋敷壱郎(いぬやしき・いちろう)と獅子神皓(ししがみ・ひろ)。二つは同じ強大な力を持ちながらも、その存在は対極をなす。人の命を救う事を使命と感じる犬屋敷と、人を殺すことに生の実感を得る獅子神。犬屋敷は獅子神の凶行を止めることができるのか。だが、そんな獅子神にも変化の兆しが……。果たして二つの人を超えた存在は、この世界をどう変えてしまうのか。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 60931 KB
  • 出版社: 講談社 (2015/7/23)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B0118WHU9M
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
前作GANTZも
「次は?次はどうなる?早く次見たい!!」ってなる漫画でした。
でもそういう期待が高いのと、ほんとに実際遅いってのが合わさって
どんだけ待たせんだよ!!って思いも強かったです。
今回もめちゃくちゃ面白くて次がすっごい気になる漫画なので
そうならないようにして欲しいですが
やっぱり話の進行は遅いような気がします。
描写が細かいのは分かります、だから面白く感じるんだと思うし
でも・・・はよ描いてくださいね!!
99%読んで損は無い。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
前巻のヤクザ偏は呆気なく終わり、若干本筋に戻ります。
又、犬屋敷氏に理解者が加わり、逆に獅子神氏側は警察に追われる立場に変わります。
コマを異常に無駄遣いしている為、ストーリー展開はページ数の割りには進みません。

他の方も書いているのですが、絵も話の内容も悪く無いのです。
しかし、その良い点を考慮しても、コマの無駄遣いは目に余る。
「着地して歩き出す」という動作に1ページも使う漫画は、どうなのだろうか?
これは背景だけ同じ画像を使いつつ、キャラでけパラパラ漫画のように動かしているだけ。
明らかに漫画家の職人的な仕事ではなく、CG加工作業者と言ってもいいと思うほどだ。
無機質なフィルムコミックになってしまっている。
読むのが早い人なら10分もかからないと思われる。

デジタル加工での作画が普通になっている昨今、その行き過ぎで退化してしまったような印象だ。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
野獣の群れのようなヤクザを一網打尽に叩き潰してくれて、あのカップルに成りかわり溜飲が下がりました。そして次の展開へ。いぬやしきには理解者が出て来る一方で、もう一人の能力者皓は徐々に孤立。彼の慟哭が負のエネルギーとなり、さらに大きな事件を予感させる。

他の方も評価されていますが、奥浩哉氏は日常描写がとにかく上手い。何気ない日常で感じるささやかな幸せを丁寧に描くからこそ、非日常(皓や凶暴なヤクザ)に破壊される恐怖が際立ち、次の展開が気になって仕方ない。映画の様なカット割りと正確な描写力があってこその技ですね。

絵の緻密さ、ストーリー共にクオリティ高く、次も楽しみです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 You and Me 投稿日 2016/1/24
形式: Kindle版
犬屋敷さんと獅子神くん。
病を治し、助けを求める人に飛び回る犬屋敷さんと、お金を
引き出し、殺戮に飛び回る獅子神君。

この両者の求めるところが、求められるところと、追求する
者とが描かれ、その迫力。その圧力。その凄さに、圧倒されます。

単純なんですが、かつての大友さんを思い起こさせるというか、
ほとんどコピーでしょ、これ。と、童夢を読んでいるようでした。
よく考えれば、童夢の少女と、おじいちゃん。似ていると言えば、
似てるかも。

90点。
童夢では、少女がおじいちゃんを追い詰めましたが、この
作品。二人の交点を描いてくれないまま居てくれないかなあ。
コピーにはしないでね。と願いを込めて。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
個人的にこの作者さんの作品は表現に現実感を盛り込んでいるのが特徴だと思う。
現実の自然な会話調の、説明感も文字数も非常に少ないセリフと、
絵のみで物語が展開されていく。
また、登場人物の起こす行動もかなり現実志向で、それはかなり奏功していると思う。
「実際言いそう」「実際こうしそう」って感じは他のマンガにはなくて、相変わらず新鮮です。

ただ、画風はマンガ、アニメ調なのでそこだけリアルでも、臨場感に繋がってるかどうかは別なのですが…。
画風のわりに絵にコミカルな表現が控えられているのが相まってどうしても人形劇感が出てしまう。
しかし、そこまで言及させてしまうこと自体が表現としてすごいと思う。

とにかく少ない文字量、絵で状況や心情を把握させていくため
非常にテンポが良くのめり込める反面、主に文字で状況や気持ちを説明していく一般的なマンガの
ノリで読んでしまうと、サラッと話しの大筋をなぞるだけで終わってしまい
はい、あれがありました、これが起きましたと
ただ話が進んでいってるだけのように感じたり、
無駄な描写が多いと感じてしまうかもしれない。
特にキャラクターの心情などは把握できず、無機質に感じてしまうかもしれない。
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover